« 今週のとらぶる 10 | トップページ | 声優の枠を超えた歌唱力 »

2007年6月 4日 (月)

でっかいビックリでした

今日、仕事帰りにコミックブレイド7月号を立ち読み。

もちろんお目当てはARIAです。

※以下、ネタバレ

今回はアリスちゃんの卒業式からスタート。

これまでは学生であるという制約から
なかなか練習を本気で打ち込めなかったという
アリスちゃんは、卒業を期に大ハリキリ。
今なら何でも出来てしまいそうというような
自身たっぷりの言葉も出てきます。

それを見たアテナ先輩は
アリスちゃんと一緒にピクニックに行こうと言います。

長年ARIAを見てる方はここでもうピーンと来たはず。

そう、両手袋(ペア)の昇格試験の為に「希望の丘」へ行くのです。

これはペアの子には内緒で行うので、
当のアリスちゃんはそんなこと知る由もなく
ホントのピクニックだと思い込んでいます。

しかし、ここでアテナ先輩はあえて
自分がお客様のつもりで現地まで案内して欲しいと提案。
アリスちゃんもやる気満々でその提案を受けます。

何かもうこの時点で灯里の昇格試験の時を
思い出してしまい、目に熱いものが溜まってきました。

さてそのアリスちゃん、
自信満々な言葉が偽りでないことを示すように
これまでは声がボソボソで
なかなか聞き取りづらかった観光案内も
なかなかどうして、堂々と悦に入った喋りを披露。
そして狭い水路は天性の操舵であっさりクリア。

灯里の時よりも明らかに
レベルの違うウンディーネぶりだったので、
うんうん、これはもう間違いないな。
むしろ一人前(プリマ)の域じゃん!
と思っていたらいよいよゴールの希望の丘へ

そこで待っていたのは灯里、藍華の2人に
ゴンドラ協会の会長さんまで

そして、操舵、接客、2つを完璧にクリアした
アリスちゃんに最後に与えられた課題
舟謳(カンツォーネ)を皆の前で披露。

これまでは自信なさげに歌っていたせいで
苦手にしていた分野でしたが、
アテナ先輩の言葉で自信を持って謳うアリスちゃん。

その歌声は誌面の活字の上からでも
伝わってくるような透き通った声で周囲に
驚きと感動を与えます。

そして、いよいよ合格発表の時。

アテナ先輩から手袋を1つ外されて半人前(シングル)へ

って、

ええええええええええええ!!!!!

何とビックリ、外されたのは両方の手
そう、一気に一人前(プリマ)に昇格したのです。

まさか、藍華よりも先になるとは…
水戸黄門の2番の歌詞を何となく思い出したり。

「後輩ちゃん」という呼び方はもうできないでしょうね。

アリスちゃんのプリマ昇格はおめでたかったですが、
この先3人による合同練習はどうなるんでしょう?
それが見れなくなるのはちょっと残念だったりします。

アリスちゃんのプリマ昇格に驚いたと共に
だんだんと最終話が近づいてきたような
そんな寂しさも感じた今回のお話でした。

|

« 今週のとらぶる 10 | トップページ | 声優の枠を超えた歌唱力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/304130/6665599

この記事へのトラックバック一覧です: でっかいビックリでした:

« 今週のとらぶる 10 | トップページ | 声優の枠を超えた歌唱力 »