« ヤングガンガン No.13感想 | トップページ | あー片付かねぇや… »

2007年6月29日 (金)

実に勿体無い一球だった

今日から始まった同一リーグ戦、
千葉ロッテマリーンズの相手はソフトバンク。

0対0の緊迫した展開で迎えた
9回裏のソフトバンクの攻撃。

松中、小久保は完璧に抑えたのに

柴原にサヨナラホームラン打たれてしまった_| ̄|○

けど今日の柴原はタイミング合ってたからしょうがないな。

それよりもここ2試合打ち込まれていた
俊介が立ち直ってくれたこと、
そしてTSUYOSHIが復帰してくれたことが
負けはしましたけど今日の大きな収穫でした。

これでソフトバンクとは
0.5ゲーム差まで迫られてしまいましたが、

明日勝てばいいんです!

予告先発は宏之とガトームソンなので
また投手戦になりそうな予感がしますが、
今日の反省を踏まえて明日は打線が
チャンスをきっちりモノにしてもらいたいです。

ロッテ!ファイティン!

|

« ヤングガンガン No.13感想 | トップページ | あー片付かねぇや… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/304130/6971193

この記事へのトラックバック一覧です: 実に勿体無い一球だった:

« ヤングガンガン No.13感想 | トップページ | あー片付かねぇや… »