« 今週のとらぶる 15 | トップページ | ヤングガンガン No.14感想 »

2007年7月 9日 (月)

女心と秋の空、そして私の気持ち

突然ですが、

私は極度の浮気性です

例えば好きなプロ野球球団。

私は91年から野球を見始めたのですが、
最初に好きになったのが中日、
その翌年からは阪神、
イチローが活躍しだした94年からはオリックス、
その2年後には地元球団のダイエー、
そして空白の3年を経て今はロッテです。

今年でプロ野球観戦歴17年目になりますが、
3年以上ファンを続けているのは
現在のロッテ(今年で4年目)しかなかったりします。

そしてそれは二次元の世界でも例外ではない

特にここ2年ほどはいろいろな作品に触れるようになったので
好きなキャラは季節ごとに変わります。

そこでデータが残っている2005年4月から
3ヶ月ごとのベスト10の推移を挙げて
どんだけ自分が浮気者であるか調べてみました。

・2005年4月

 1位 柚原このみ(ToHeart2)
 2位 吉岡チエ(ToHeart2)
 3位 須磨寺雪緒(天使のいない12月)
 4位 向坂環(ToHeart2)
 5位 木田恵美梨(天使のいない12月)
 6位 伊藤千佳(苺ましまろ)
 7位 三千院ナギ(ハヤテのごとく!)
 8位 麻生明日菜(天使のいない12月)
 9位 大庭詠美(こみっくパーティー)
10位 十波由真(ToHeart2)

この頃はLeafキャラの独壇場でした。
それに唯一対抗していたのが千佳という勢力図です。

・2005年7月

 1位 木田恵美梨(天使のいない12月)
 2位 吉岡チエ(ToHeart2)
 3位 イルファ(ToHeart2)
 4位 小牧愛佳(ToHeart2)
 5位 アナ・コッポラ(苺ましまろ)
 6位 長谷部彩(こみっくパーティー)
 7位 マリアさん(ハヤテのごとく!)
 8位 向坂環(ToHeart2)
 9位 柚原このみ(ToHeart2)
10位 伊藤千佳(苺ましまろ)

このみの勢いが衰退し、Leafのサブキャラだけで上位独占。
攻略できない分、妄想が膨らんでいたのかもしれません。
ここから半年ほど、えみ公・よっちの2強時代となります。

・2005年10月

 1位 吉岡チエ(ToHeart2)
 2位 木田恵美梨(天使のいない12月)
 3位 柚原このみ(ToHeart2)
 4位 須磨寺雪緒(天使のいない12月)
 5位 沢渡みつき(これが私の御主人様)
 6位 桂ヒナギク(ハヤテのごとく!)
 7位 マリアさん(ハヤテのごとく!)
 8位 アナ・コッポラ(苺ましまろ)
 9位 伊藤千佳(苺ましまろ)
10位 高瀬瑞希(こみっくパーティー)

以前、Leafキャラが上位を占める状態。
しかし途中(7月中旬あたり)で一度だけ
マリアさんがその壁を破る快挙(2位浮上)がありました。

・2006年1月

 1位 桂ヒナギク(ハヤテのごとく!)
 2位 久寿川ささら(ToHeart2)
 3位 アナ・コッポラ(苺ましまろ)
 4位 木田恵美梨(天使のいない12月)
 5位 沢渡みつき(これが私の御主人様)
 6位 柚原このみ(ToHeart2)
 7位 長谷部彩(こみっくパーティー)
 8位 綾瀬恵那(よつばと!)
 9位 吉岡チエ(ToHeart2)
10位 高瀬瑞希(こみっくパーティー)

ヒナギク様がLeaf独占次代を一刀両断。
これが俗に言う「ヒナギク様独裁政権」の頃です。
2位にも生徒会長キャラを従えて鉄壁でした。
原作で66話を見るまでは…

・2006年4月

 1位 沢渡みつき(これが私の御主人様)
 2位 柚原このみ(ToHeart2)
 3位 アナ・コッポラ(苺ましまろ)
 4位 木田恵美梨(天使のいない12月)
 5位 伊藤千佳(苺ましまろ)
 6位 マリアさん(ハヤテのごとく!)
 7位 久寿川ささら(ToHeart2)
 8位 桂ヒナギク(ハヤテのごとく!)
 9位 イルファ(ToHeart2)
10位 咲耶(シスタープリンセス)

この時は「貧乳萌え」に特化していました。
上位3人は順位は入れ替われど、トップ3の座を3ヶ月以上も固持。
私にしては珍しく代わり映えの無い時期でした。

・2006年7月

 1位 柚原このみ(ToHeart2) 
 2位 アナ・コッポラ(苺ましまろ)
 3位 沢渡みつき(これが私の御主人様)
 4位 マリアさん(ハヤテのごとく!)
 5位 イルファ(ToHeart2)
 6位 十六夜咲夜(東方project)
 7位 木田恵美梨(天使のいない12月)
 8位 水上静希(撲殺天使ドクロちゃん)
 9位 伊藤千佳(苺ましまろ)
10位 咲耶(シスタープリンセス)

第二次このみ全盛期をちょっと過ぎたころ。
この時は私の中でもメイドブーム真っ只中で、
上位2人よりも3~6位に構えるメイド四天王が
強烈な威力を誇っていました。

・2006年10月

 1位 伊藤千佳(苺ましまろ)
 2位 吉岡チエ(ToHeart2)
 3位 イルファ(ToHeart2)
 4位 向坂環(ToHeart2)
 5位 桂ヒナギク(ハヤテのごとく!)
 6位 十波由真(ToHeart2)
 7位 マリアさん(ハヤテのごとく!)
 8位 須磨寺雪緒(天使のいない12月)
 9位 水上静希(撲殺天使ドクロちゃん)
10位 アナ・コッポラ(苺ましまろ)

千佳がようやく地盤を固めたのは昨年の9月、
おかげで勢力図も一気に変わりました。
このあたりから徐々に家庭的なキャラが台頭してきます。

・2007年1月

 1位 伊藤千佳(苺ましまろ)
 2位 高瀬瑞希(こみっくパーティー)
 3位 沢渡みつき(これが私の御主人様)
 4位 白河ななか(D.C.Ⅱ~ダ・カーポⅡ~)
 5位 桂ヒナギク(ハヤテのごとく!)
 6位 安藤まほろ(まほろまてぃっく)
 7位 向坂環(ToHeart2)
 8位 吉岡チエ(ToHeart2)
 9位 水上静希(撲殺天使ドクロちゃん)
10位 須磨寺雪緒(天使のいない12月)

年が明けても千佳のトップは揺るがず。
この間、一番惜しかったのがヒナ祭り祭りの燃料投下で
再び萌え上がったヒナギク様だったのですが…

・2007年4月

 1位 愛沢咲夜(ハヤテのごとく!)
 2位 白河ななか(D.C.Ⅱ~ダ・カーポⅡ~)
 3位 伊藤千佳(苺ましまろ)
 4位 水上静希(撲殺天使ドクロちゃん)
 5位 雲雀丘由貴(ぶらばん!)
 6位 沢渡みつき(これが私の御主人様)
 7位 高瀬瑞希(こみっくパーティー)
 8位 西連寺春菜(ToLOVEる)
 9位 安藤まほろ(まほろまてぃっく)
10位 桂ヒナギク(ハヤテのごとく!)

年明けの時点ではまだ25位程度だった咲夜嬢が
たったの3ヶ月で一気に頂点へ。それはもう革命的でした。
そしてあれだけ隆盛を誇っていたLeafキャラが僅か一人に…

・2007年7月

 1位 愛沢咲夜(ハヤテのごとく!)
 2位 伊藤千佳(苺ましまろ)
 3位 柚原このみ(ToHeart2)
 4位 白河ななか(D.C.Ⅱ~ダ・カーポⅡ~)
 5位 高瀬瑞希(こみっくパーティー)
 6位 雲雀丘由貴(ぶらばん!)
 7位 結城美柑(ToLOVEる)
 8位 原村和(咲-Saki-)
 9位 吉田一美(灼眼のシャナ)
10位 沢渡みつき(これが私の御主人様)

途中で千佳がトップに立ったように、
この半年は、咲夜嬢と千佳の2強状態。
今はそこにこのみも加わって来た感じです。

あと、何気に10位以内のキャラ全てが異なる作品となり、
私の趣味も多様化してきたと言えるかもしれません。

このようにたった3ヶ月の間でも
コロコロ順位が入れ替わっているので、
今年の10月はどうなっているのか自分でも想像が付きません。

だって年明けの時点では

今年はもう千佳を超えるキャラなんていねーだろ!

と、どんな作品に巡り合えても
千佳の1番は揺るぎないだろう思っていたのに、
それが意外な所(既読作品)から現れちゃいましたしね…

したがって、今現在ダントツNo.1の咲夜嬢も
10月ぐらいならまだ大丈夫としても、
年が変わる頃にはどうなってるのかさっぱりわかりません。

これまでの傾向から行くと、
他の誰かがトップに立っている可能性が高いです。

一応、その候補を挙げてみると…

・白河ななか(D.C.Ⅱ~ダ・カーポⅡ~)

ファンディスクをやって抱き枕カバーも買えば
間違いなく私の脳内を席巻する時代が来ると思っています

・結城美柑(ToLOVEる)

最近の上昇ぶりが半年前の咲夜嬢とソックリなんですよね…
したがって、年明けには美柑がトップにいる可能性が最も高いです。

・吉岡チエ(ToHeart2 Another Days)

サブキャラに止まっていた頃でも一時代を作ったぐらいですから
メインヒロインに昇格したらどれだけのポテンシャルを
発揮するのか想像ができません。

けど、もうこれ以上は浮気したくないので、
このままずっと咲夜嬢一筋で行きたいものです。

|

« 今週のとらぶる 15 | トップページ | ヤングガンガン No.14感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/304130/7055855

この記事へのトラックバック一覧です: 女心と秋の空、そして私の気持ち:

« 今週のとらぶる 15 | トップページ | ヤングガンガン No.14感想 »