« 柚原このみ、それは今もなお特別な存在 | トップページ | 今週のとらぶる 24 »

2007年9月13日 (木)

成ちゃんには運も味方する

ここのところ向こうのブログとかやってて
なかなかマリーンズの応援に集中できてなかったのですが、
今日はパ・リーグの防御率1位VS2位の対決とだけあって
仕事から帰ってきてから釘付けでスカパーを見ていました。

共に防御率1点台の成るちゃんとダルビッシュが先発ということで、
1点か2点の勝負だろうなーと思って見ていたのですが、
2回の攻防で早くも3-2に。

金子の2点タイムリーが出た時は、正直オワタと思ったのですが、
その裏に里崎が値千金の3ランホームランを放って一気に逆転。
これで後は成ちゃんさえ抑えてくれれば…と祈りつつ見ていたら、
期待通りの投球で3回以降は2塁も踏ませないピッチング。

しかし、相手のダルビッシュはもっと凄く、
3回以降は全くランナーを出させてくれませんでした。

そして迎えた7回の表。
1死1塁で日本ハムのバッターは川島。
2回に点を取られたときと全く同じ状況だったので
嫌な予感がしていたら、左中間に打ち上げた
センターフライを早川がまさかの落球…

これで1死2,3塁となりバッターは2点タイムリーの金子。
ここは流石の成ちゃんも投げにくそうで
ボールが先行してフォアボールとなって1死満塁に。

9番バッターのところで代打田中幸雄となり、
ここは打ってくるだけだろうと思っていました。

ところが、3球目で何とスクイズ!

ボールも綺麗に転がり、まずは同点。
そして成ちゃんがファーストへ投げた球も田中幸雄に当たり、
ボールは外野へ転々と…これで逆転。

やっぱりエラーが絡むと得点に繋がってしまいます。
これは成ちゃん可哀想だなぁ…と思っていたら、
審判団が集まって何やら守備妨害との判定が。

どうやら田中幸雄は1塁へ駆け抜ける際に、
フェアーグラウンドを走行していたようなので、
これでバッターランナーはアウト。
とりあえず同点どまりかと思ってホッとしていたら、
何とスクイズ成功までもが無効になったらしく、
同点のランナーの生還も取り消されて
3-2のまま2死満塁で再開されました。

その後のピンチは成ちゃんがきっちりしのぎ、
8回からは藪田が2イニング投げてリードを守って連敗をストップ。

昨日は土壇場で相手に勝ちを拾われてしまいましたが、
今日はこっちが勝ちを拾ったような感じで、
あまり素直に喜べる気持ちにはならなかったですけど、
今は内容よりもとにかく結果が問われる時期になっているので、
この勝利はマリーンズにとって非常に大きかったと思います。

防御率1、2位の対決としても
結果は成ちゃんに軍配は上がりましたが、
内容的にはダルビッシュの方が圧倒していた感じだったので、
本来ならばダルビッシュの方に
勝たせても良い試合だったかなーと思ったんですけど、
まあ、ダルビッシュは先月からイイ思いをしすぎてますからねぇー
今日ぐらいは運に見放されても仕方なかったと言えるでしょう。

さて、4連戦ということで明日も日ハム戦。

この3戦で1勝2敗と負け越しているだけに
明日勝ってきっちり五分に戻し、
自力Vの可能性を残したままでいてもらいたいです。

|

« 柚原このみ、それは今もなお特別な存在 | トップページ | 今週のとらぶる 24 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/304130/7916785

この記事へのトラックバック一覧です: 成ちゃんには運も味方する:

« 柚原このみ、それは今もなお特別な存在 | トップページ | 今週のとらぶる 24 »