« 第7回脳内最萌トーナメントを開催中 | トップページ | 脳内最萌トーナメント【1回戦結果part.2】 »

2007年12月16日 (日)

脳内最萌トーナメント【1回戦結果part.1】

まずはA~D組までの1回戦の結果をお知らせいたします。
(対戦カードはコチラ

※点数は0~5点の6段階採点です。

【A組】
・第1試合
○愛沢咲夜 4-1 タチバナ●
咲夜嬢が有無を言わさぬ貫禄の圧勝

・第2試合
○朝倉音姫 3-1 月村真由●
胸は無くとも家庭的な一面で押した音姉の完勝

・第3試合
○蒼葉梢 2-1 シェラミレーヌ●
梢ちゃんが相変わらずの天然ぶりを発揮

・第4試合
●梅梅 1-3 十六夜咲夜○
これぞメイド長という貫禄で咲夜さんの勝利

【B組】
・第1試合
●速水伊織 2-3 白石なごみ○
fengのツンデレVSデンデレ対決は後者に軍配。

・第2試合
○美浜ちよ 2-1 鳴沢美琴●
ちびっこ対決は、ちよちゃんが経験の差で勝利。

・第3試合
○鈴原ちはや 2-1 木村の奥さん●
脳内関西弁キャラブームに乗っかってるちはやが勝利。

・第4試合
●ララ・サタリン・デビルーク 0-2 水上静希○
静希ちゃんがララに何もさせずに完勝。

【C組】
・第1試合
○沢渡みつき 2-1 沢渡かりん●
姉妹対決は、みつきちゃんが遠慮がちに勝利

・第2試合
○河野はるみ 3-0 海老原みなせ●
AD発売の迫ったミルファが妙な確変ぶりを見せて圧勝

・第3試合
○綾瀬恵那 2-1 レベッカ宮本●
しっかり者の恵那が落ち着いて勝利

・第4試合
●鷺ノ宮伊澄 1-3 桂ヒナギク○
1回戦有数の激戦が予想されたが、
蓋を開けてみればヒナギクの完勝に終わる。

【D組】
・第1試合
○古手川唯 3-1 朝倉涼子●
委員長系(?)対決はゆい様の圧勝

・第2試合
●吉野家先生 0-2 麻生明日菜○
明日菜さんが積極策で完勝

・第3試合
○高見盛京 2-1 ヒロさん●
同じ家庭的でも京ちゃんの方が楽しそうだと思いました

・第4試合
●朝比奈みくる 0-2 結城美柑○
胸があるよりも料理のできる女性がいいのです。

☆大会データその1

『歴代優勝キャラクター』

第1回 05年03月 吉岡チエ(ToHeart2)
よっちの優勝で、このみ1強時代が揺るぎました。

第2回 05年08月 吉岡チエ(ToHeart2)
よっちが一時代を築いたのはちょうどこの頃でした。

第3回 05年12月 桂ヒナギク(ハヤテのごとく!)
よっちから王座を引き継いだヒナギクが他を圧倒

第4回 06年06月 水上静希(撲殺天使ドクロちゃん)
静希ちゃんが理想の幼なじみキャラを確立させました

第5回 06年12月 高瀬瑞希(こみっくパーティー)
それまで善戦止まりだったみずきちが悲願達成。

第6回 07年06月 愛沢咲夜(ハヤテのごとく!)
最初から最後まで勢いを持続した咲夜嬢が頂点に

連覇は2年前のよっちのみで、後は毎回違います。
今大会は咲夜嬢が史上2人目の連覇に挑みます。

|

« 第7回脳内最萌トーナメントを開催中 | トップページ | 脳内最萌トーナメント【1回戦結果part.2】 »

コメント

相変わらず、私の知らない世界が素晴らしすぎます。
私がやったら、延々と一党独裁制になりそうです。

>高見盛京

一瞬大相撲の高見盛関を思い出してしまいました・・・。

投稿: れろ | 2007年12月17日 (月) 11時40分

僕が毎年友達に送っているメールにそっくりでビックリです。
僕はトーナメントではなく競馬のレース方式で、タイトル名も年度代表二次元人ですが、オッズつけるあたりが「あれ?俺がいる」って感じで笑いました。
あと僕は、競馬みたいにレーティングもつけていますし殿堂入りもあります。
僕も脳内年度代表二次元人をブログでやろうかなぁ・・・

投稿: 田中ひろし | 2007年12月17日 (月) 21時41分

>>れろさん
M党はどう見ても独裁政権ですね。
ただ、白派と黒派で派閥がありそうですけど…
ちなみに京ちゃんの苗字は「たかみもり」と読みます。


>>田中ひろしさん
(・∀・)人(・∀・)ナカーマ
けど無理矢理なタイトルワロタww

あ、自分ももちろんレーティングをつけていますよ。
(参考:咲夜148、由真122、千佳121、タマ姉118…)
120でも充分優勝(JpnⅠ制覇)が狙えるクラスですが、
今は咲夜嬢があまりにも圧倒的過ぎるので、
このあたりのキャラは全て2番手争いと見られています。

投稿: take23 | 2007年12月18日 (火) 00時02分

レーティング148・・・
シーバードより強いですね・・・
しかも二位が122って・・・

咲夜嬢(なぜかここでは”嬢”をつけないといけない気がする・・・)の圧倒的っぷりが伝わってきました。


僕以外でキャラにレーティングやオッズをつけている人を初めて見たのでテンション上がりまくりです

しかも最近、レーティングのつけ方を変えようと検討中だったため(実際の競馬でも数年前に変わりましたし)、とてもタイムリーな記事でした(笑)

投稿: 田中ひろし | 2007年12月18日 (火) 23時02分

>>田中ひろしさん
貴殿の彩よりも高いレーティングでスミマセンw
2位以下の120という数字も私の中ではかなり高い部類なので、
通常は125~130ぐらいでその時の最強クラスといった感じです。

自分はレーティングの付け方に
これといった基準を設けていませんが、
何か物差しになるようなものを作れば
過去との比較がしやすくなるかもしれませんね。

投稿: take23 | 2007年12月20日 (木) 19時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/304130/9434228

この記事へのトラックバック一覧です: 脳内最萌トーナメント【1回戦結果part.1】:

« 第7回脳内最萌トーナメントを開催中 | トップページ | 脳内最萌トーナメント【1回戦結果part.2】 »