« 今週の重賞予想 12(結果) | トップページ | 今週のとらぶる 36 »

2007年12月25日 (火)

脳内最萌トーナメント【3回戦結果part.1】

各ブロックの勝ち抜けが決まる3回戦。
まずは前半のA~H組までの結果です。

赤字が第1シード、青字が第2シード
※点数は0~5点の6段階採点です。

【A組】
No.001 愛沢咲夜(ハヤテのごとく!)
No.032 十六夜咲夜(東方project)

○愛沢咲夜 5-4 十六夜咲夜●
数字を見てもわかるようにハイレベルな争いになった咲夜対決。
咲夜嬢絶対優位を脅かす咲夜さんのナイフ連射に対し、
鋼鉄のハリセンで応戦した咲夜嬢が何とか凌ぎきって予選突破。
3回戦で当たるのが勿体無いほどのカードだった。

【B組】
No.081 美浜ちよ(あずまんが大王)
No.016 水上静希(撲殺天使ドクロちゃん)

●美浜ちよ 0-3 水上静希○
A組とは打って変わって、こちらは一方的な勝負で
静希ちゃんが難なく本戦進出を決める。
第3回以降で出場5回中、4度の本戦進出は圧巻の一言。

【C組】 
No.009 沢渡みつき(これが私の御主人様)
No.024 桂ヒナギク(ハヤテのごとく!)

○沢渡みつき 4-2 桂ヒナギク●
過去、幾度と無く熾烈な争いを演じている2人の対決は
1,2回戦で苦戦気味だったみつきちゃんが
ようやく本領を発揮して、ヒナギクに土をつける。
これで対戦成績はみつきちゃんの6勝3敗となった。

【D組】
No.025 古手川唯(To LOVEる)
No.057 高見盛京(ぽてまよ)

●古手川唯 2-4 高見盛京○
美柑も敗れてここはゆい様が勝ち抜けるだろうと思ったが、
ところがどっこい。京ちゃんがまたしてもとらぶるキャラを
撃破する波乱を演出。なかなか懐かないぐちゅ子に対する
京ちゃんの世話焼きっぷりは、やはりぽてまよ一番の見所です。

【E組】
No.005 八神はやて(魔法少女リリカルなのは)
No.028 木田恵美梨(天使のいない12月)

○八神はやて 2-1 木田恵美梨●
序盤は攻めあぐねたものの、はやてが何とか予選突破。
えみ公は往年の力があればアッサリだったのだが…

【F組】
No.021 イルファ(ToHeart2)
No.012 白河ななか(D.C.Ⅱ~ダ・カーポⅡ~)

●イルファ 1-3 白河ななか○
ななかがようやくエンジンを始動させて完勝。
予選はあくまでも通過点と言わんばかりの戦いぶりで、
3度目の正直に向けて前進を開始した。

【G組】
No.013 柚原このみ(ToHeart2)
No.020 シエスタ(ゼロの使い魔)

○柚原このみ 2-1 シエスタ●
勢いならシエスタかと思われたが、
このみの貫禄がそれを悠に上回り、
これで5回連続の本戦進出となった。
(つまり丸2年必ずベスト16入り)

【H組】
No.029 山本先生(はなまる幼稚園)

No.004 高瀬瑞希(こみっくパーティー)

●山本先生 3-4 高瀬瑞希○
みずきちの楽勝ムードかと思われたが
山本先生がそうは簡単に勝たせなかった。
やはり癒し系の家庭的なキャラクターは強いです。
それでも最後はみずきちが何とか凌ぎました。

☆大会データその5

『準優勝は出世しない?』

第1回 05年03月 木田恵美梨(天使のいない12月)
よっちに敗れたものの、のちに第2回リーグ戦を制する。
だが、その後も2着地獄に悩まされ続け、
神の座に就くことが出来ず。

第2回 05年08月 須磨寺雪緒(天使のいない12月)
えみ公と同じく決勝でよっちに敗れる。
その後も所々で強さを発揮しつつも、無冠のまま現在に至る。

第3回 05年12月 久寿川ささら(ToHeart2)
XRATED発売直後の大会だったため、勢いで準優勝したが、
その後は衰退の一途を辿り、1発屋と呼ばれてしまっている。

第4回 06年06月 十六夜咲夜(東方project)
東方がMyブームだった頃は咲夜と言えば瀟洒なメイドさんでしたが、
今は完全に某関西弁キャラで存在を掻き消されてしまっています。

第5回 06年12月 白河ななか(D.C.Ⅱ~ダ・カーポⅡ~)
4回戦で当時敵なしだった千佳に完勝してアッと言わせたが、
決勝ではみずきちに完敗。その後も3位続きで善戦どまりに。

第6回 07年06月 白河ななか(D.C.Ⅱ~ダ・カーポⅡ~)
前回に続き、またしても決勝で涙を呑んだななか。
相手は違ったものの、ここでも頂点に立つことが出来ず、
出会った時代の悪さを感じさせた。

ちなみに過去この大会で3位になったキャラは
第1回 伊藤千佳(苺ましまろ)
第2回 桂ヒナギク(ハヤテのごとく!)
第3回 アナ・コッポラ(苺ましまろ)
第4回 柚原このみ(ToHeart2)
第5回 沢渡みつき(これが私の御主人様)
第6回 柚原このみ(ToHeart2)

となっており、いずれも1度は頂点にのし上がったことのある
(私にとって)かなり豪華なメンバーが揃ってしまいます。

何故、準優勝のキャラよりも出世するのかは謎ですが、
少なくとも決勝で負けるよりも、3位決定戦で勝つ方が
その後に勢いが付くからではないかと思われます。

果たしてななかはジンクスを破ることが出来るのか!?

|

« 今週の重賞予想 12(結果) | トップページ | 今週のとらぶる 36 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/304130/9573334

この記事へのトラックバック一覧です: 脳内最萌トーナメント【3回戦結果part.1】:

« 今週の重賞予想 12(結果) | トップページ | 今週のとらぶる 36 »