« ブログのタイトルを変えました | トップページ | 母校の桜はすでに咲いてます »

2008年2月18日 (月)

今週の美柑ちゃん 01~届いた想い~

今回からTo LOVEる感想記事のタイトルを変えます
また、ブログ名も変更しております

トラブル88 お風呂場戦争2

今回はいきなり美柑の尻からスタート

Tolove8801

ナデナデしちゃっていいですか!?

指でツンツン、手でモミモミもしたいです。
やっぱり幼女の体はたまらんのぅ~

ロリコンのたわ言はさておき、本編に話を移します。
前回、ヤミちゃんを狙う2人組のよって
リモコン操作で操られることになったリト。

Tolove8802

実の兄そっちのけでヤミちゃんの事を心配する美柑。
これはリトがちょっぴり可哀想だな…
と思いつつも、やはり今はそれよりもヤミちゃんが
ピンチに陥ってる方が重大ではありますしね。

けれども、物理的な攻撃ではどうしても歯が立たない。
それでも自分が出来る限りの事をしたいと思ったのか、
美柑はリトを操る敵の捜索に出ようとします。

Tolove8803

しかし、こんな状況でもヤミちゃんは一人で何とかする
と言って美柑を遠ざけようとしてしまいます。

前回も書きましたが、これもヤミちゃんなりの
美柑への配慮が含まれているとは思います。
勘がいい美柑ならば、ヤミちゃんのそういった考えも
少しは感じているのかもしれません。

それでも今回はキッパリ言いました。

Tolove8805

やっぱり殺し屋という職業をやってる以上、
一匹狼になってしまうのは仕方のない事ですが、
ずっと一人ぼっちでは寂しいですよね。
一人に慣れていても、心のどこかではきっと
誰かに心のよりどころや温もりを求めているはずです。

立場は違うけれど、それは美柑も同じだったようで…

Tolove8807

父も母も仕事で忙しく、勉強と家事の両立をしていると
いくらリトが居るとはいえ、年頃の兄妹同士ですし、
学校以外では家で一人ぼっちな事が多いと思います。

だからこそヤミちゃんの気持ちには共感できるし、
出会った瞬間に同年代としてだけではなく、
そういったオーラを感じ取って、
積極的にアプローチをかけ続けてきたのかもしれませんね。

私も寂しがり屋なので是非結婚して欲しいです!

そして、お互い心も体も暖め合いましょう♪
(もちろん性的な意味でも)

というわけで、リトを操る諸悪の根源を突き止めに行く美柑。

Tolove8806

けれども…

Tolove8808_2

バスタオルのまま風呂場を出るなんて大胆な!

もしも私みたいな変態が居たらどうするんだ!

思わず脱がしたくなるじゃないか!

まあ、そんな事を気にしなくなってしまうほど
今はヤミちゃんのために必死なのですね。

でも、今度はリトの事もちゃんと心配あたり
美柑は本当に良い妹だな~って思います。

Tolove8809

これほど誰かのためだけに一生懸命になれる娘なんて、
二次元だろうが三次元だろうがそうそう居ないですよ。

そんな美柑を幸せにしてくれる人が現れて欲しいものです。

てか、私が幸せにしたいです!!(←絶対無理)

さて、やみくもに探しても見つかりっこないと
諦めかけていた美柑ですが、
こういうコメディー漫画の敵キャラというのは

大概アホばっかです(私と同等かそれ以上に)

Tolove8810

両方とも、「もえるゴミ」なのに分別する意味はあるのか?

まさかこんな狭い所に入っていたとは…

三千院家の命を狙う奴ら以上にアホだと思いました

こうして美柑の発見により、
悪党2人はララ達の手で無事(?)確保に成功。

それでも何もお役に立てなかったと謙遜する美柑。

Tolove8812

この控えめな所がまた健気だ…

美柑ホントにいい子すぎるわ~

けれども、美柑がリトやヤミちゃんのために
必死で事件を解決しようとした想いは
ヤミちゃんにしっかり伝わっていたようです。

Tolove8813

前回、美柑が言ってくれた言葉もちゃんと覚えていました。

これには美柑も思わず表情が緩んで…Tolove8814

うおおおおおおお!!!

美柑最高の笑顔だよおおお!!!!

そして想いが通じて良かったね美柑・゚・(ノД`)・゚・

今回は美柑が事件解決のために大活躍した事と共に、
ヤミちゃんとの友情も晴れて結ばれた感じだったので、
私にとってはこれ以上に無いほど素晴らしいお話でした。

美柑の笑顔で1年分のビタミンCが補給できたぜ!

©矢吹健太朗・長谷見沙貴(集英社)

トラックバック送信先(敬略称):

ToLOVEる☆LOVE
美柑ファンですが、彼女の乳首露出は全く求めていませんね。

To LOVEるな日々
美柑もそうですが、女の子が髪を下ろした姿は色っぽいですよね。

To LOVEる -とらぶる-考察
どう見てもエロマンガです。本当に(ry

タカヒナの乱雑日記
リトは嬉しさよりも恥ずかしさの方が強いかも?

ごった煮
春菜ちゃんがパ○○ンってことは美柑も当然…

二次元ノート
えろ~んなだけじゃないのがTo LOVEるの良いところですよね

錬金場
私は美柑の兄よりも、夫になりたいです。

さくら日記
ララよりも美柑のおしりに惹かれる人が私以外にも居るとは…

別館ヒガシ日記
蜜柑ではなく「美」柑ですね。私も以前は間違えて覚えていました。

|

« ブログのタイトルを変えました | トップページ | 母校の桜はすでに咲いてます »

コメント

こんばんは!二次色ノートの東雲シンです。
今回もTBのほう弾かれてしまうようで申し訳ないorz
記事の関連リンク様のほうにて追加させて頂きましたので^^

やはり序盤の美柑の尻は注目せざるを得ませんよね!
ララのお尻も捨て難いですけど美柑も素晴らしい尻でした(笑)
そんなエロ描写がありつつ、美柑の最高の笑顔も本当に良かったです。

>美柑の笑顔で1年分のビタミンCが補給できたぜ!
一年分とはまた素晴らしい栄養補給ですねww

以前からリンクにも加えて頂いてて感謝しておりますが^^、
ウチのリンクでも相互リンク様として加えても宜しいでしょうか?

投稿: 東雲(しののめ)シン | 2008年2月18日 (月) 19時43分

どうもこんばんわ~

ウチも何件かトラバが送れてない所があるので、
全く気にしてないですよ~
こればっかしは相性の問題もありますしね。

今回は尻あり、笑顔あり、友情結束ありと
美柑のいいところが濃縮されまくってて、
果汁100%ジュース以上に効率良く摂取できました。

相互リンクの件は喜んでお受けいたします♪

投稿: take23 | 2008年2月18日 (月) 23時04分

take23さんこんばんは!
早速コチラでも追加させて頂きましたので^^
今後ともTo LOVEる関連など含め宜しくお願い致しますm(_ _)m

投稿: 東雲(しののめ)シン | 2008年2月19日 (火) 22時10分

多分こっちのブログではTo LOVEるだけになるかと
思いますが、よろしくお願いしま~す。

投稿: take23 | 2008年2月20日 (水) 17時31分

はじめましてこんにちは。
最近何のサイトか分からなくなってきてる自サイト『ごった煮』の管理人です。
TBを返していただいたのでついでにリンクもさせていただきました。
これからもToLOVEるの感想の際はよろしくお願いします

投稿: 恭介 | 2008年2月23日 (土) 16時18分

ウチも見ての通り何サイトか謎な状態で運営しております(汗
こんなサイトのリンクを貼っていただき誠に恐縮に思います。

これからも、To LOVEるの感想の際には…
と言いたい所ですが、私は美柑が出てきた時のみしか
To LOVEるの感想を書きませんので、
「美柑が出てきた回は」よろしくお願いいたします。

投稿: take23 | 2008年2月23日 (土) 20時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/304130/10550412

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の美柑ちゃん 01~届いた想い~:

» トラブル88 さすが矢吹だ 丸見えでも何ともないぜ [ToLOVEる☆LOVE]
  [続きを読む]

受信: 2008年2月18日 (月) 06時39分

» トラブル88 お風呂場戦争2 [ごった煮]
トラブル88 銭湯で戦闘開始!ララ、春菜、ヤミ、美柑のバスタオル乱舞! 今週の美柑ちゃん 01〜届いた想い〜 つまり、リトの役得と。 操... [続きを読む]

受信: 2008年2月18日 (月) 14時52分

» To LOVEる トラブル88「お風呂場戦争2」の感想 [さくら日記]
変態宇宙人が金色の闇の○○を狙うトラブル88の感想です。 [続きを読む]

受信: 2008年2月18日 (月) 20時39分

» R-1王者なだぎ武V2&佐々木夫妻&少年ジャンプ12号 [別館ヒガシ日記]
R-1は昨日の決勝で王者なだぎ武がV2を飾ったが全体的に面白かったし 佐々木夫妻の仁義なき戦いは猪木の親権&法倫の大学時代の同級生だが 猪木の過去を描いて最後が上手く収めたが法輪の方は安楽死の依頼から 遺産相続の方に行く様で少し無理あるも全てフリで終わった感じ... [続きを読む]

受信: 2008年2月18日 (月) 20時40分

« ブログのタイトルを変えました | トップページ | 母校の桜はすでに咲いてます »