« 東京ではもうかなり散っていました | トップページ | 見事なしだれ桜と夕暮れの昭和池 »

2008年4月 8日 (火)

地元に帰るとまだギリギリ見ごろでした

5日間に渡った東京までの旅も前日の夜に終了。

旅の疲れを癒すためにのんびり…
と行きたい所だったのですが、
地元の桜はまだ満開となっていたので、
昼すぎから自転車で駆け出すことにしました。

まずは日豊本線沿いにあるセメント工場へ。

Dscf5265

ここは何げに桜が綺麗に咲いており、
コンクリ製品との妙な風景を堪能することができます。

Dscf5271

こういうところで働けるのって羨ましいですね!
(ま、モチベーション保てそうなのはこの時期だけだろうけど…)

続いては小倉競馬場

Dscf5287

平日の払戻しが休みな日だったので、
場内には入れず、外だけの撮影でしたが、
それでも外にも桜並木がいくつかあって
なかなか綺麗でした。

競馬場の裏に行くと紫川河畔公園があります。

Dscf5295

ここは紫川沿いに桜のトンネルがあり、
その対岸には遊具でいっぱいの公園があるので、
家族連れで楽しむ事のできる場所です。

ただし、駐車場が殆ど無い感じなので、
付近には無断駐車がいっぱいあったりするのですが…

ここから先は支流の志井川に沿って、
桜並木が延々と続いています。

Dscf5321

1㌔以上は同じような光景が続いているので、
撮る分にはアングルが被って面白みはないのですが、
見るだけなら充分圧巻のボリュームで、
かなりの時間をかけて楽しむ事ができます。

桜並木の終着点になると、
住宅も疎らな場所になるのですが…

Dscf5354

そこでも新たな桜の木が植えられており、
あと10年ぐらい経つと、
ここも桜並木の仲間入りをしそうな感じでした。

最後に訪れたのは安部山公園です。

Dscf5356

こちらはやや散り始めといった感じでしたが、
遠目からだとまだまだ充分見ごろでした。
公園へと続く桜のトンネルも、
平日だけあって車も殆ど通っていなかったので、
いつものように命がけで撮るような事はなかったです。

Dscf5381

また、公園のさらに上へ行くと山道があるのですが、
そこから見る公園がまた圧巻でした。

Dscf5405

園内にビッシリ埋まった桜。
そして国道の方へと続く桜のトンネル。
時を忘れてしばらく見つめ続けていたくなりました。

こうして、地元に帰っても結局
桜を見て回る事になってしまったのですが、
今の時期しか咲かない花なので、
疲れを押してでも見に行った甲斐もありましたし、
いつもとは違う景色も見れてとても良かったです。

|

« 東京ではもうかなり散っていました | トップページ | 見事なしだれ桜と夕暮れの昭和池 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/304130/20855240

この記事へのトラックバック一覧です: 地元に帰るとまだギリギリ見ごろでした:

« 東京ではもうかなり散っていました | トップページ | 見事なしだれ桜と夕暮れの昭和池 »