« 地元の桜もようやく見ごろが近づいてきました | トップページ | 東京まで鈍行の桜めぐり~1日目~ »

2008年4月 2日 (水)

大分は早い開花日だったのに咲き方は微妙でした

今年、九州本島で最も早い開花日(3月22日)を
記録した大分へ、満開の桜を期待して
朝早くから鈍行列車に揺られて行ってまいりました。

まず最初に降り立ったのは鶴崎駅です。

Dscf4283

ここでは毎年駅裏の細い道に桜のトンネルが
出来そうな感じに咲いていたのですが、
今年はとある事情により桜の枝が整理されており、
残念ながら見ることが出来ませんでした。
(まあ、それがわかっててあえて行ったのですが…)

気を取り直して、牧駅まで戻る事とし、
次なる目的地である平和市民公園に到着。

Dscf4289

変な方向から歩いてきたので、
最初は能楽堂の庭園を見る事になりました。

それから歩道橋で国道を跨いで、
市民公園の川沿いを見たのですが…

Dscf4301

うわぁ…こんだけしか咲いてないのかよ…

これにはホントもうガッカリでした。
小倉ですら昨日の時点でかなり咲いていたのに、
何で開花の早かった大分がまだこんな状態なのかと。

Dscf4302

とりあえず園内を一通り周っては見たのですが、
ところどころでそこそこは咲いているものの、
全体的には5分咲きにも満たない程度で拍子抜けでした。

まだ午前10時の段階でしたが、
すでにかなりの距離を歩いていたので、
この時点で疲労も滲み出てきて、
公園のそばにあったバス停でバスを待ってる間は
グッタリした状態になってしまいました。

それから10分ぐらいバスに揺られて到着したのは、
22日にも訪れた府内城址公園です。

Dscf4333

ここではその時に開花を見ただけあって、
公園の入り口にある桜の木はほぼ満開となっており、
城壁、外堀とのマッチングが素晴らしかったです。

Dscf4335

ただ、まだ午前中だというのに、ビニールシートで
木の周りが占有されているのはどうかと思いましたが…

あと、入り口付近の桜は満開でしたが、
奥の方にある桜の木はまだまだの咲き加減でした。

府内城址公園からは徒歩で大分の街中まで行き、
そこから再びバスに乗って上野墓地公園へ向かいました。

この日も31日同様、夜に眠らず朝を迎えていたので、
バスの中で爆睡してしまったら、あっという間に終点へ。

当初の降りる予定だったバス停から
そんなに離れてはいなかったものの、
目的地がどこなのかわからないまま、
縮尺のデカい地図(10万分の1)を片手に
公園のありそうな方向を目指して歩き始めました。

しばらく歩いていると、小高い山へと繋がっている
長い階段があり、これを登ると着くだろうと思って
疲労の抜けない体を持ち上げていったのですが…

Dscf4375

桜の木はあったものの、そこは墓地でした。

墓地公園というんだから、墓があるのは当たり前だとしても、
公園らしきものは全く無かったですし、
恐らくここじゃないんだろうなと思って、再び公園探しを開始。

さらに山道の中をさまよう事となったのですが、
耳を澄ましていると家族連れで賑わう声が。

それを頼りに森の中にあった木造りの階段を駆け下りていくと
ようやく目的地の上野墓地公園たどり着くことが出来ました。

Dscf4391

降り立ったところは桜の木が一番植わっている所で、
花もほぼ満開に近い状態でかなり良かったのですが、
そこ以外はちょこちょこ咲いてはいたものの、
全体のボリュームとしては今一歩といった感じの場所でした。

公園を後にする頃にはちょうどお昼になっていたので、
そのまま歩いて大分駅に。

Dscf4414

駅ビルにあるラーメン屋で腹を満たしてからは、
久大本線に乗って日田方面へと向かいました。

Dscf4413_2

途中、豊後森駅で接続列車との
待ち合わせ時間が40分以上あったので、
一旦駅を出てちょっと散策することにしました。

Dscf4420

ここはかつて、宮原線の接続駅(分岐は隣の恵良駅)
であったことを偲ばせる転車台が残されており、
近くで見学ができるようになっていました。

Dscf4422_2

何も手を加えられず寂れたままの状態だったので、
かなりみすぼらしい光景ではあったのですが、
転車台が残されているというだけでも貴重ではあるので、
しばらく眺めて感嘆することに。

そろそろ時間が迫ってきたので、駅に戻ろうとすると
ちょうど『ゆふDX』がやってきました。

Dscf4429

って、何だよこの色は!?

友人から事前に塗色変更の情報を聞き入れていたとはいえ、
予備知識が無ければどんだけ驚いていたのか
計り知れないほど気色悪い仕様になっていて、
かなりゲンナリしてしまいました。

そんな豊後森駅でのひと時を過ごした後、
この日最後の目的地である日田に到着。

Dscf4441

本来ならば名所とうたわれている亀山公園に
行く予定だったのですが、
手にしていた地図には日田市陸上競技場にも
桜のマークが書かれていたので、
気になったら行くしかないだろうという事で、
駅を出たらそちらとは反対方向に歩き出しました。

歩いて10分ぐらいすると、菜の花いっぱいの畑が。

Dscf4443

菜の花も見た目には綺麗なのですが、
私は菜の花から香る匂いが嫌いなので
思わず鼻をつまみたくなってしまいました。

それからちょっと歩いていくと、
菜の花畑の向こうに桜がいっぱいな丘が見えました。

Dscf4444

遠目からだと綺麗に見えたのですが、
近くまで行ってみるとそれほど咲いている
というわけではありませんでした。
それでも見晴らしは良かったのでなかなかでした。

そこからさらに歩くこと10分ちょい。
かなり人けの無い所まで来ましたが、
日田市陸上競技場にたどり着くことが出来ました。

Dscf4456

競技場の隣にある丘ではいい感じで桜が咲いており、
お花見を始めようとしていたグループも居ました。
また、丘の上から見る景色もなかなか壮観だったです。

丘を下って、競技場を横切る時にはしだれ桜もあり、
一本だけでも見事な存在感を出していました。

ただ、駅からここまで歩いてくるのに30分かかり、
帰りの道も別ルートとはいえ、
同じぐらい歩かないといけなかったため、
亀山公園に行くのは諦めて、
日田はここだけで終えることにしました。

後は日田彦山線に乗ってそのまま地元へ帰着。

こうしてこの日は大分県の上半分を
ぐるりと周る感じの旅になったわけですが、
期待していたほどの桜を見ることが出来なくて
ちょっぴりガッカリの連続でした。

それでも、私が行ったところ以外にも
多くの桜の名所はあるはずでしょうから、
来年以降はそういった場所に期待して
再び大分を巡っていこうと思います。

|

« 地元の桜もようやく見ごろが近づいてきました | トップページ | 東京まで鈍行の桜めぐり~1日目~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/304130/20822084

この記事へのトラックバック一覧です: 大分は早い開花日だったのに咲き方は微妙でした:

« 地元の桜もようやく見ごろが近づいてきました | トップページ | 東京まで鈍行の桜めぐり~1日目~ »