« 美術部員の登場で面白くなってきた | トップページ | 果たして民主党は本当に大勝するのか? »

2009年8月26日 (水)

やっぱり告白は出来なかったか

今週のハヤテのごとく!は
ヒナギクが告白できるかどうかという点で
ちょっと期待して読み始めたのですが、
やっぱりというか、想定の範囲内の展開で、
ヒナギクはハヤテへの告白に踏み切れずに
悩みを聞く方向に切り替えて終わってしまいました。

いや、終わるどころか悩みを聞き出すのも
次回へ持ち越しになっちゃったので、
このディナー編は4週も続くって事になるのか?

バックステージでは「仕方なく二話に分けました」
とか簡単に言っちゃってますけど、
いち読者としては、ヒナギクが告白することもなく、
ただハヤテの悩みを聞くだけの展開で、
前々回から4週も続けられても…って気分です。

こんな状態を続けるようだと、
ハヤテのごとく!が最終回を迎えるのは
あと何年になることやら…

毎回飽きの来ないような展開であれば
どこまで続いても構わないとは思うのですが、
ゴールデンウィーク編に入ってからは、
重要な部分をしっかりと見せるのはもちろんの事、
それ以外の余計な部分まで見せすぎている感じなので、
ダラダラ続いて長ったらしいなーと思ってしまうのです。

はたしてこの長編が終わりを迎える頃に
どれだけのファンが離れていくのかというのも
心配になるような今回の展開でした。

|

« 美術部員の登場で面白くなってきた | トップページ | 果たして民主党は本当に大勝するのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 美術部員の登場で面白くなってきた | トップページ | 果たして民主党は本当に大勝するのか? »