« 何故アイキャッチじゃなかったんだ… | トップページ | 親知らずが痛い »

2009年9月 6日 (日)

ムギちゃんにハマりちゅう

ここ数年、私がハマるキャラといえば、
「妹」「年下」「ツッコミ」「世話焼き」
といった要素がほとんど入っていたのですが、
最近、どれにも該当しないキャラにハマりつつあります。

それが、けいおん!の琴吹紬、通称ムギちゃんです。

Dscf1956

そもそも私がけいおん!を見始めたのは、
アニメの第4話だったのですが、
この時はたった数秒出てきただけの憂に一目惚れでした。

妹で世話焼きタイプとかドストライクやん!って感じで。

ただ、唯を始めとする軽音部のキャラも
なかなか好印象だったので、
5話、6話と憂が登場して来なくても見続けることに。

7話以降は憂がほぼ毎回登場するようになって
回を重ねるごとに憂にどんどんハマって行き、
8話から出てきたあずにゃんも可愛く見えるしで、
軽音部の4人を差し置いて年下2人を好きになるなんて、
いかにも私らしいなーと自分で思っていました。

ところが、そんな憂>あずにゃん>その他状態も
原作を読んだらガラリと変わることに…

原作だとムギちゃんが圧倒的に可愛く見える!!

正直、アニメでは空気だなって思っていました。

ところが、原作だと軽音部を裏で取り仕切ってるのは
ムギちゃんだっていうのがわかりやすいですし、
いつもニコニコ笑顔なところがタマラナイです。

ムギちゃんの笑顔はアニメよりも原作の方が
よりほんわかとしたオーラが出ている気がしました。

そして何よりもグッと来たのは、
唯が「手の冷たい人は心があったかい」
と言ってるのを聞いた後に、
自宅で氷水を用意して、人一倍温かい手を
冷たくしようとしていたところがもう

なんて負けず嫌いで可愛らしいんだ!!

普段は何事にも動じなさそうなのに、
陰ではショックを受けているギャップが
私の心に突き刺さりました。

すると不思議なもんで、
これまで憂やあずにゃんに目が行ってたアニメでも、
ムギちゃんばかりを見るようになり、
ムギちゃんが可愛くて生きるのが辛いぐらいな状態に
なってしまいましたとさ。

ムギちゃんの太ももにスリスリしたいお!

|

« 何故アイキャッチじゃなかったんだ… | トップページ | 親知らずが痛い »

コメント

おお、takeさんも紬スキーの世界に来ましたか。
ウェルカムですよ。
アニメでは基本的にお金持ち要素しか目立ってなかった紬さん
ですが、原作だと裏方(というか軽音部の最終調整役)として動いて
いるところがちゃんと描かれてますからねぇ。
(というか、アニメ化に当たって色々省かれてる感が)

ちなみに氷水のくだりとかはかなり軽めの表現に変えられて一応
出てはいましたね(冬の窓ガラスで冷やす程度)。

ああ、でも…
いつぞやのアレみたいな買い込みとかはやっちゃ駄目ですよ。
(というか既に某漫画家さんとかが100枚超買ってますし)

投稿: 通りすがりのえんぢにや | 2009年9月 7日 (月) 22時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 何故アイキャッチじゃなかったんだ… | トップページ | 親知らずが痛い »