« 1番の振り付けは完璧に覚えた!まいんちゃんのCDレビュー | トップページ | 紗月ちゃんの発育が良すぎるスクールメイト »

2009年10月 7日 (水)

ハヤテのごとく!243話の感想~シリアスだけではしんどい~

第243話 スキだらけの寝顔に想う

今回のアーたんはよく我慢できたなーと。
私が同じ状況で目の前で眠っているのが
咲夜だったらそりゃあもう…

ま、実際そうなったらヘタレ全開で
眺めてるだけで終わるだろうけど。

ここ最近まともに読んでなかったので
流れはある程度把握しているものの、
細かいところまではわかっちゃいないし、
ホントのところはどうなんだろうとか
推測したりしてもかなり的が外れそうな気がするので
書こうかどうかためらったのですが、
元々まじめに読んでても
的を射ることなんてほとんどなかったわけだから
自分なりの解釈でいいかーというわけで
久しぶりに感想を書いてみることになったわけです。

24301

こういうところがハヤテのごとく!らしいなー

あ、ここで言う「ハヤテのごとく!らしい」というのは
あくまでも私自身が思うところであって、
ハヤテのごとく!らしさを感じる部分は
人それぞれ違うところでしょうから、
「これが本来のハヤテのごとく!のあるべき姿」
という意味ではありません。

とにかく今回久しぶりに感想を書きたくなったのも、
前回までは真面目なオーラ全開だったマキナを
デフォルメちっくに仕上げて、
アーたんの指示に対しては
素直に従う忠犬になったところを見たからです。

これを描くことによって、
シリアスな流れが少し軽くなったような気がして、
今回の話を読みやすく感じることができました。

どんな作品にしろコミカルな話が好きな私としては
やっぱりこういう描写を挟んでくれないと
楽しく読めないんですよね。

24302

今回の話って、結局ほとんど進む事がなく
終わっている感じですが、
アーたんの葛藤を印象付けるためであれば
これだけでいいのかもと思いました。

ハヤテが寝ていようがいまいが、
手負いの状態ですから、
アーたんの力を持ってすれば
王玉を奪う事は難しくはないはず。

ただ、それではアーたんの良心が痛むので
ハヤテ自らに差し出してもらいたい。
けれどもハヤテもいくらアーたんの頼みでも
そう簡単には渡さないでしょうね。

アーたんの事ですから
それはいくらか感じている思います。

ですから、考えをまとめきれないままで
ハヤテの目が覚めちゃったもんだから、
一旦身を隠したんじゃないかなーと。

ただ、いずれにせよ王玉をめぐっては
話し合うだけじゃ済みそうにない気がするので、
結局二人は一戦交える事になりそうです。

このあたり次の展開が読めなくて
どうなっていくのか気になる点においては、
今の流れもそんなに悪いものではないと思いました。

画像等:©畑健二郎/小学館

|

« 1番の振り付けは完璧に覚えた!まいんちゃんのCDレビュー | トップページ | 紗月ちゃんの発育が良すぎるスクールメイト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1番の振り付けは完璧に覚えた!まいんちゃんのCDレビュー | トップページ | 紗月ちゃんの発育が良すぎるスクールメイト »