« 律ムギ回は実に素晴らしかった | トップページ | かなにゃんVSあずにゃん »

2010年7月 8日 (木)

前期見ていたアニメの感想(2010年4~6月期)

5月ごろに一旦、4~6月期に見てる
アニメの感想を感想を書こうと思いつつ
また今度でいいやと思ってしばらく放置していたら、
いつの間にか1クール終わってしまっていました。

そんなわけで今回は1クール通して見た
アニメの感想を書いてみます。

・夢色パティシエール

てっきり2クールで終わるものかと思ってたら
3クール目に突入。恐らく4クールまでっぽいですね。

スイーツグランプリも本戦に入り
レベルの高い争いとなってきましたが、
それによっていちご達が勝つように持って行く展開が
やや強引になっているような気がします。

いちごも短期間で成長しているとはいえ、
ここまで勝ち上がれるものなのか?
セントマリーのレベルはもっと高くても
いいように思うんですよね。

でもいちごのひらめきやスイーツ王子との絡みは
見てて楽しいので引き続き面白いアニメです。

・迷い猫オーバーラン

年明けに原作とコミカライズ版を読み始めて
アニメへの期待が高かった作品だけに
わりと残念な出来にガッカリしてしまいました。

1話の時点では、まだ最初のうちだしキャラが
可愛けりゃそれでいいかなって思っていましたが、
3話で文乃の名ゼリフの演出が微妙だったり、
4話以降が何を見せたいのか全く方向性のわからない
話ばかりでかなり辟易してしまいました。

7話とか何の前触れも説明もなくロボットアニメですしね…
スタッフの迷走ぶりがオーバーランしすぎだろって思いました。

8話はわりといい話系で終わりましたが、
途中までは「お色気見せてればそれでいいだろ?」的な
空気がありありとしてて、
夏帆はゆかりんボイスがプラスされて
エロいなーとは思いつつも、
このアニメの限界を感じてしまいました。

巧たち男キャラが一切出てこなかった
9話でやや持ち直しましたが、
最終話へ向けた展開がブルマVSスパッツですからね…

アニメ云々よりも迷い猫という作品自体に
「う~ん…」と首を傾げてしまうことになりました。

あ、でも文乃はかわいかったです。

・けいおん!!

去年1番ハマった作品だけに本来ならば
かなりの期待を込めるところだったのですが、
なんせ暮れの発表で4月からのスタートということで、
スタッフはちゃんと準備が出来てるのか?
ていうか、見る方もまだ心の準備が出来てないのに…
という感じで不安がわりと先行していました。

で、いざ始まってみると
さすが京アニクオリティーと思いつつも
1期に比べるとややインパクトに欠けるというのが
1クール終わったところでの印象です。

1期では1クールで2年分を詰め込んでいたため、
慌しさもあった分、1話ごとに何かしらのイベントがあり
中身の濃い話が多かったのですが、
2期は2クールで1年分をやるようなので
イベント事よりも日常パートが多くテンポも緩やかなので
これはこれでけいおん!の味だとは思うのですが、
キャラクターの魅力でカバーされているだけで、
話そのものは面白みのないものばかりだと感じてしまいます。

また、けいおん!にとって最大の武器であるキャラクターも
1期に比べると大人しくさせているような感じで
やや魅力が薄れているような気がします。

1期をやったことでかなり注目度の高い作品だけに
京アニとしてもキャラクターの個性を
出しすぎて壊してしまうよりは
大きく外さないよう
大事に大事に扱っているのかもしれません。

以上のように1期に比べると
注文をつけてしまう所は多いのですが、
それでも他のアニメに比べたら
面白い作品である事に変わりはないですし、
14話は個人的にすごくいい出来だと思ったので、
2クール以降で1期を上回ることを期待しています。

・WORKING!!

咲、はなまる幼稚園に続いて
私が愛読しているヤンガン作品がアニメ化されました。

私は4コマ漫画のアニメ化されても
あまり成功しないんじゃないかと思っている派なのですが、
WORKING!!の場合、他の4コマに比べて
キャラクターの個性が男女共に強く、
キャラクターさえ上手く動かせば
まず面白くなるだろうと思っていました。

その予想どおり蓋を開けてみれば
原作そのままにキャラクターの良さが生かされており、
また作画もすごくかわいらしく描かれているので、
原作ではいらない子扱いしていた山田さえ
可愛く見えてしまいました。

ただ、私としてはWORKING!!においては
断然ぶっちぎりでなずな派なので、
なずなの出番が物足りなかったという点だけが
ちょっと残念ではありました。

夢パティを除く前期から見始めた3作品は
どれも原作を読んでいるため
どうしてもケチをつけがちになってしまいましたが、
WORKING!!とけいおん!!は十分合格点に値するほど
面白い作品に仕上がっていました。

また、迷い猫に関しては
正直、これまで見てきたアニメの中でも
最低の部類に入ってしまうような残念な出来でしたけど、
アニメで足りなかった部分は、
矢吹先生のコミカライズ版で補えればいいなと思います。

|

« 律ムギ回は実に素晴らしかった | トップページ | かなにゃんVSあずにゃん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 律ムギ回は実に素晴らしかった | トップページ | かなにゃんVSあずにゃん »