« 俺妹ジャンルはまだまだこれから…? | トップページ | 前期見ていたアニメの感想(2010年4~6月期) »

2010年7月 7日 (水)

律ムギ回は実に素晴らしかった

今月からボチボチ更新頻度を上げていこうかなと。

最近は言いたい事のほとんどをTwitterに投下しているので
140文字以上の文章が書けなくなってきています。
まあ、元々そんなに長い文章を書くほうじゃないですけど、
このままじゃ良くないよなーってことで、
気持ちを改めてこっちの更新を増やして行こうと思った次第です。

そんな私事はさておき、けいおん!!の話です。
毎回、リアルタイムもしくは録画で欠かさず見てはいるのですが、
今回はいろいろ思うところがあったので1つの記事にしてみました。

※以下、けいおん!!14話のネタバレを含んでいます

13話の次回予告を見る限りでは
また何気ない日常でも描いた話になるんだろうな
と思って昨晩はもう録画視聴でいいやって感じで
早めに寝てしまったのですが、
今朝起きて録画を見たら冒頭のシーンでビックリ

ここで律ムギ回かよ!!

やられました。

これまでは憂がいっぱい登場しそうな回(5話とか13話)以外は
夜も遅いしほとんど録画視聴にしてて、
リアルタイムで見なくてもあまり後悔してなかったのですが、
律ムギ回は2期で最も期待できる話だと思っていたので、
今回ばかりはリアルタイムで見ておけば良かったぜ…
と、かなり後悔する羽目になってしまいました。

次 回 予 告 ち ゃ ん と 予 告 し ろ や

まあ、次回予告で何も匂わせてなかったからこそ、
リアルタイム視聴組(特に律&ムギ派)にとっては
サプライズも加わって喜び爆発だったのかもしれませんが。

さて、話の内容についてですが、
原作の律ムギ話+唯、澪なども交えた
夏期講習という流れになってて、
これはこれまでの2期の話と
それほど大差のある物ではありませんでした。

ただ、今回はこれまで単発でしか
目立つことのなかったムギちゃんが
2期、いや1期から通じても
アニメで初めて最初から最後まで
話の主役になっていたというところで、
いつもと大きく違うような気がしました。

中でも今回のキモと言うべきところは、
Aパートでムギちゃんがりっちゃんにお願いした
「私の事、叩いて欲しいの!」という流れが
Bパートでも続いていた事です。

原作だとりっちゃんとの絡みだけで終わっていたので
このセリフにインパクトはあったものの、
それほど気に留めるような事ではなかったのですが、
アニメでは軽音部員全てが関わってきてるわけです。

そのため、叩いて欲しいのに叩かれないムギちゃんを見てると、
部員の中でムギちゃんだけ特別扱いされている様になってて、
見ていてとても胸が締め付けられる思いになりました。

そりゃムギちゃんはおっとりポワポワしてて、
暴力とは縁がなさそうだし、
何よりお嬢様ということで周りも意識しないうちに
遠慮がちになる気持ちもわかるのですが、
それでも唯、澪、律はもう2年以上も
ムギちゃんと共に同じ部活動をやっているのです。

いくらムギちゃんの頼みが唐突すぎてやりにくくても
ここで遠慮する事は無いと思います。

特に、澪の遠慮の仕方は性格的なところがあるにしても
あまりにもよそよそしすぎて、
この2年の付き合いでもムギちゃんを
そんなに信頼できてないのかと思ってしまいました。

「叩いて欲しい」という願望があるということは
「叩かれた経験が無い」ということでもあり、
ムギちゃんはこれまでそういった事をしてくれる相手が
居なかったということを意味していると思います。

高校に入学するまでのムギちゃんは
ケンカしたりちょっかいを出し合えるぐらい
仲の良い友達がいなかった、
でも高校に入って軽音部に入って、
唯、澪、律、さらにはあずにゃんも加わって
今まで以上に、いや今まで経験したことも無いぐらい
楽しい事をいっぱいやれています。

でも、まだ何かが足りない、満たされない。

そう思ってふと周りを見渡せば
唯とあずにゃんのスキンシップであり、
澪と律のドツキ漫才であったりと、
心だけでなく体でも触れ合っていた…

みんなにとっては当たり前の事であっても、
お嬢様育ちでこれまで親友とまで呼べるような
存在が居なかったであろうムギちゃんにとっては
これ以上にない憧れだったと思います。

澪にここまで考えれとはいいませんが、
もう少し自分のことだけでなく
ムギちゃんが何故そんな事を言い出したのか
って事ぐらいは考えて欲しかったです。

ただ、澪はいつも自分のことで一杯一杯な感じですし
こういう急なお願いをされた時ほど
なかなかそこまで考えが及ばないんでしょうね…

にしても、ムギちゃんにショートケーキの苺を食べられて
怒るどころか泣いてしまうところは
見ていて残念でしょうがなかったです。

あ、でも夏期講習で一人だけ真面目に
制服着てきたところは可愛かったです。

その点、今回はりっちゃんがとにかく良かった!

りっちゃんも最初「叩いて欲しい」と言われた時は
戸惑っていましたけど、ムギちゃんの心中を察して
ムギちゃんが叩いてもらえるような展開に
持って行こうと手助けをしていましたし、
最終的には自然な流れでムギちゃんにツッコんで
叩いてあげるところまで持っていけました。

このまま最後までムギちゃんが叩いてもらえなかったら
ムギちゃんかわいそすぎるだろ…と思っていましたが、
りっちゃんがツッコんでくれたおかげで
ムギちゃんだけでなく私の心も救われました。

Aパートのデート(?)の時もそうでしたが、
りっちゃんってエスコートの仕方が
いい意味で男らしくてカッコ良かったですし、
私がそう感じていたことをムギちゃんがそのまま言って
ツッコまれたってのが笑えましたし、
りっちゃんが照れて女の子らしい面を覗かせた
ギャップもまた凄く良かったです。

元々それほどオチがある作品じゃない上に、
2期では日常の描写をゆるゆるとやるだけだったので、
話の途中で「○○かわいい!!」
って一喜一憂する事はあっても、
話し全体を通してみると
「それほど面白くはなかったかな…」
ぐらいにしか見ていなかったのですが、
今回はキャラクターの動きはもちろん
話のオチもしっかりついていたので、
凄く良かったと思えました。

この分だとムギ梓回も期待が持てそうなので今から楽しみです。

|

« 俺妹ジャンルはまだまだこれから…? | トップページ | 前期見ていたアニメの感想(2010年4~6月期) »