« 奥秩父へ行ってきた | トップページ | サンクリ49に申し込みました »

2010年7月12日 (月)

ワールドカップ終わっちゃったね

開幕前はどうせ今大会もまた
日本は1勝もできずに終わるだろうし、
他もそんなに注目する選手もチームも居ないから
具体的な開幕日がいつなのかすらわからないほど
関心が低かったのですが、
いざ始まってみると各国のサッカーに魅了され、
日本代表の予想外の健闘などもあって、
半分近くの試合を見てしまう事ことに…

オリンピックもそうだけど、
始まってしまうと何だかんだで見ちゃうもんですね。

そして今朝は頭をボーっとさせながら
スペイン対オランダの決勝を見ました。

決勝は序盤からスペインの猛攻。
開始10分あまりで決定的なシーンが2、3度ありました。

スペインはいつものようにボールをキープしてリズムを作り
オランダにオランダらしい戦い方をさせずにいたため、
オランダの選手は徐々にイライラし始めたのか、
やたらとイエローカードが飛び出す激しい試合となりました。

しかしスペインも今大会の戦いぶりを象徴するように
いい場面は作りながらも最後の詰めを欠き
なかなかゴールネットを揺らす事ができず…

後半になるとスペインの運動量が落ちてきて
オランダが徐々にペースを掴み始め、
ロッベンが2度決定的なシーンを作りましたが、
どちらでも決められなかったので、
この時点でもう勝負は延長だろうなって思ってしまいました。

そして延長後半、これまでフィールドプレイヤーの
半数以上がカードをもらっていたので
そろそろオランダに退場者が出るだろうと思っていたら
ハイティンハが2枚目をもらって退場。

これで数的優位に立ったスペインが
イニエスタのゴールでついに均衡を破ることに。
でも、イニエスタはゴールよりもその直前に
中盤で繋げたオシャレパスの方に魅了されました。

決勝ゴールを決めてなくても、
決勝で一番輝いていたのはイニエスタだったと思うので、
そのイニエスタが決めてくれて本当に良かったです。

ただ、決勝全体を見渡すと
スペインもオランダも最後の詰めが甘く、
また、カードだけでなくファールがとにかく多かったので、
見ていてもどかしい内容ではありました。

両チームとも初優勝がかかっているだけに
シュートを打つときの足技や球際での当たりも
必要以上に力が入ってしまったのかもしれません。

とはいえ、決勝に上がってきただけでも凄いことですから、
両チームには心から拍手を送りました。

今大会はジャブラニでGKがキャッチングに苦戦して
得点力が増すと言われながら、
シュートが浮くようになってしまい
かえって得点が減ってしまうという皮肉があったり、
決勝トーナメント1回戦で立て続けに
ゴールに関わる誤審があったり、
スアレスの故意ハンドなど様々なことがありましたが、
その中でも私が一番印象に残ったのは
どのチームも攻撃より守備を重視しているところでした。

守備を固めてカウンター狙いの堅守速攻は
実力の劣るチームならわかるのですが、
強豪国でもそういった戦術を使うチームが多く、
そのせいでもっと点を取れただろうに…
と思った試合がたくさんありました。

ただ、1点の重みが増したおかげで、
大味な試合になることが少なく、
最後まで気の抜けない試合も
多く見られたのは良かったです。

また、守備重視の傾向が強まったせいか
個人技に頼るよりも組織力で勝ちに行くチームが多く、
日本もこういった傾向に乗って
予選突破が出来たのではないかと思います。

ゴールの魅力が減ってしまったのは残念でしたけど、
日本にとってはむしろこの傾向は追い風だと思いますので、
4年後は本田、長友を始めとした
今大会を経て世界から注目されるようになった若手らが
海外でいろんな経験を吸収して
再びまとまりの良いチームを作り上げれば
次回はベスト8も夢ではないでしょう。

今大会は前哨戦であまりにもふがいなさすぎて
全くと言っていいほど期待してなくて
勝ち上がっても複雑な気分でいましたが、
次回は心から応援できるよう
日本代表のさらなる成長を期待する事にします。

|

« 奥秩父へ行ってきた | トップページ | サンクリ49に申し込みました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 奥秩父へ行ってきた | トップページ | サンクリ49に申し込みました »