« 冬コミもまた鉄道で申し込みました | トップページ | けいおん!!21話は唯回だと思わせといて実は律澪回だった!? »

2010年8月23日 (月)

甲子園の日程は後ろに余裕を持たせてくれないだろうか

興南の春夏連覇で終わった今年の甲子園。

昨年までは島袋を見殺しにしていた感じの打線でしたが、
今年は島袋が先に点を取られても
一挙の大量得点で逆転したりするなど
投打がガッチリ噛み合っていて、
島袋だけでなくチーム全体で手にしたと言える優勝でした。

また、今大会は島袋以外にも好投手が揃っていて
息の詰まるような投手戦を期待していたのですが、
勝ち進むほど投手の疲労が蓄積されたせいか、
なんでこのピッチャーがこんなに点を…
と思ってしまうような試合が目に付きました。

かつてなら準々決勝も1日で済ませており、
1回戦から登場するチームの先発ピッチャーは
決勝まで行けば4連投も…というのがあったので、
それに比べると幾分マシにはなったと思うのですが、
近年の夏はとにかく暑いです。

立っているだけでも疲労が溜まっていくというのに
炎天下の中で100球以上も投げ抜くわけですから、
疲労の蓄積も早いですし、
疲労が抜けるのも遅くなっている事でしょう。

そんな中で準決勝、決勝は必ず連日の登板になるわけですから、
準々決勝を2日に分けるだけでなく、
最後の2つの間も1日ぐらい空ける必要があると思います。

2人3人が投げれるチームならともかく、
やはり高校野球はエース1人が投げぬくというのが醍醐味ですし
勝ち進んでいくほどエースが万全の状態から
遠ざかってしまうようでは見ごたえに欠けてしまいます。

今回の決勝でも一二三は変化球で
ほとんど力が入らなくなって痛打されていましたし、
島袋も1点に抑えたとはいえストレートが走らずに
変化球中心の組み立てになっていたので、
両選手とも本調子には程遠い出来でした。

もちろん大会主催側としても日程を延ばせば
いろんな不都合が発生するとは思うのですが、
高校球児たちが全力全開でプレーできる環境を
整えることも考えて日程を改善して欲しいものです。

|

« 冬コミもまた鉄道で申し込みました | トップページ | けいおん!!21話は唯回だと思わせといて実は律澪回だった!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬コミもまた鉄道で申し込みました | トップページ | けいおん!!21話は唯回だと思わせといて実は律澪回だった!? »