« 赤羽のアニメバーに行ってきた | トップページ | 18きっぷで房総半島一周してきた »

2010年9月 3日 (金)

22話で感じたけいおん!!のペース配分の悪さ

卒アル写真から4人の進路決定で終わった21話、
学祭終わった後だし時期的には11月あたりかな?
てことは、22話はクリスマスや正月の話になるんだろうか…
と思っていたら、いきなり受験、しかもバレンタインデーで
3ヶ月ぐらいすっ飛ばされてて、ポカーンとしてしまいました。

そもそも1クール終了時点でまだ夏休みだったので
2クール目は慌しくなるんだろうなとは思っていたのですが、
今回のすっ飛ばしっぷりがあまりにも予想外すぎて、
けいおん!!のペース配分は悪すぎるだろ
と、言いたくなったのです。

原作の進行との兼ね合いもあるのかもしれませんが、
それでもここで3ヶ月すっ飛ばすぐらいだったら、
個人的にどうでもよすぎてほとんど記憶に残らないほど
平凡な日常すぎてつまらなかった6~8話を削って
クリスマスや正月などのイベントの話を作って欲しかったです。

単にこれらのイベントが見たいからというわけではなく、
受験勉強に取り組みながらも、
息抜きがてらイベントをこなしたり、
イベントで気を引き締めるキッカケになったり
という描写を入れることで、
唯たち3年生組の頑張りがより感じられたでしょうし、
4人が合格するシーンでもっと感動が得られたと思います。

21話で4人の進路が決まったばかりだというのに、
次の回で4人とも合格されちゃってもね…

20話の感想でも似たようなことを書きましたが、
けいおん!!は過程を飛ばしすぎて
結果だけをいいように見せるばかりな気がします。

なので、1話単位で見れば20話も22話も悪くないと思います。

ただ、第1話から全体的な流れを通して見てみると、
今回の話でかなりバランスが悪くなった気がしたのです。

残すところあと数話となりましたが、
最後まで終わり良ければ全て良しっていう
流れで終わらないで欲しいです。

|

« 赤羽のアニメバーに行ってきた | トップページ | 18きっぷで房総半島一周してきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 赤羽のアニメバーに行ってきた | トップページ | 18きっぷで房総半島一周してきた »