« 2011年7月 脳内ランキングベスト50 | トップページ | さやあん!その① »

2011年7月31日 (日)

第11回脳内最萌トーナメント決勝ブロック進出者

2005年は3回、2006~2007年は2回、
2008年以降は1回の開催として
6年余りで11回目を迎えたこの大会。

今年はランク付けしている979名の中から
128名を選抜して出場メンバーを決定。

第2回大会以来の完全抽選方式で
トーナメントの組み合わせを決定しているため、
ブロックによってはレベルの高低差があり、
下位ランク(といってもこの大会に出る
メンバーは全体の中では上位ですが…)でも
上を狙えるチャンスがある大会となっています。

また、トーナメント初出場組が
ほぼ半数の63名もいるため、
決勝ブロックの顔ぶれも
昨年と大きく異なる様相となりました。

A組 シャーロット・E・イェーガー(ストライクウィッチーズ)

1回戦 3-1 アンリエット・ミステール(ミルキィホームズ)
2回戦 3-1 長野原みお(日常)
3回戦 3-2 近堂水琴(けんぷファー)

脳内順位:88位
単勝:不明
通算成績:6勝1敗
トーナメント最高成績:初出場

Aクラスはおろか50位以内のキャラも不在で
かなり恵まれたブロックに入ったシャーリーが
初出場ながらもおっぱいの力だけで
見事に予選突破を果たした。
ただ、一気に相手が強くなる決勝ブロックで
勝ち進むのは厳しそうだ。

B組 桜井 あさひ(こみっくパーティー)

1回戦 4-3 向坂環(ToHeart2)
2回戦 3-1 宮藤芳佳(ストライクウィッチーズ)
3回戦 3-2 睦月佳奈(正しい子作り)

脳内順位:115位
単勝:不明
通算成績:24勝29敗
トーナメント最高成績:3回戦(第2回、第4回、第5回)

Aクラスのタマ姉、佳奈による
争いかと思われたブロックで
その2人を破ってあっと言わせた
あさひタンが初の決勝ブロック進出。
第1回から皆勤出場ながらも
ずっと予選で涙を飲み続けていた悔しさを
ようやく晴らすこととなった。

C組 姪乃浜梢(なれる!SE)

1回戦 3-1 神本円佳(星空へ架かる橋)
2回戦 3-2 門脇夏香(いもうとドラゴン!)
3回戦 3-2 三条真琴(のーぶる☆わーくす)

脳内順位:48位
単勝:23番人気128.4倍
通算成績:7勝1敗
トーナメント最高成績:初出場

6月の最萌ラノベ決定戦で
予選トップ通過を果たした勢いそのままに…
とまではいかなかったものの、
梢さんが粘り強く戦い続けて予選を勝ち抜いた。
ただ、3回戦まで全力を出し切っている感があるので、
決勝ブロックでは下位が相手になったとしても
苦戦を強いられそうだ。

D組 千歳佐奈(天神乱漫)

1回戦 4-1 椿(椿と菊)
2回戦 3-1 クリエート・トレイディス(ロッテのおもちゃ!)
3回戦 4-1 西沢歩(ハヤテのごとく!)

脳内順位:16位
単勝:8番人気46.8倍
通算成績:14勝11敗
トーナメント最高成績:4回戦(第10回)

P組の美柑に次いで予選突破の可能性が
高いと言われていた佐奈が
前評判通りあっさり3つ勝って、
昨年に続いて決勝ブロックに進出。
しかし昨年も予選は楽に勝ってきたが
決勝ブロックでは初戦(4回戦)で破れたため、
今年は昨年の教訓を生かして
初のベスト8入りを目指したい。

E組 白河ななか(D.C.Ⅱ~ダ・カーポⅡ~)

1回戦 3-2 シエスタ(ゼロの使い魔)
2回戦 4-2 橘勇魚(夢喰いメリー)
3回戦 3-2 マリア(ハヤテのごとく!)

脳内順位:11位
単勝:19番人気108.4倍
通算成績:124勝87敗
トーナメント最高成績:準優勝(第5回、第6回)

優勝こそないもののトーナメント実績豊富な
ななかが昨年に続いて
決勝ブロックへ駒を進めることに。
ただ、トーナメントのベスト8は
4年ほど遠ざかっているので、
あと1つ勝って久しぶりに入賞したいところだ。

F組 橘鈴(いもうとドラゴン!)

1回戦 4-3 ユー子(Aチャンネル)
2回戦 5-2 峰理子(緋弾のアリア)
3回戦 4-1 金色の闇(To LOVEる)

脳内順位:5位
単勝:3番人気12.2倍
通算成績:54勝21敗
トーナメント最高成績:ベスト8(第10回)

1回戦からいきなりランク3位VS5位という
準決勝レベルの対決を制した鈴が
2回戦以降は力の違いをまざまざと見せつける
圧勝劇で2年連続の決勝ブロック進出を決めた。
昨年は3、4回戦で力を使い果たして
ベスト8止まりだったため、
今回も予選から飛ばしすぎではないか
という懸念があるものの、
まともなら美柑を倒せる最右翼なだけに
決勝ブロックでの戦いぶりも注目である。

G組 江戸前留奈(瀬戸の花嫁)

1回戦 3-1 るん(Aチャンネル)
2回戦 3-2 中ノ島妙(ぶらばん!)
3回戦 3-2 美樹さやか(魔法少女まどか☆マギカ)

脳内順位:68位
単勝:不明
通算成績:13勝14敗
トーナメント最高成績:3回戦(第10回)

1回戦で姫路瑞希(昨年16強入り)、
2回戦で朝日舞耶(一昨年3位、昨年4位)を
倒して波乱を巻き起こした美樹さやかを
3回戦で破った留奈様が初の決勝ブロック進出。
2回戦で高見盛京を破りながらも
3回戦止まりだった昨年の雪辱を見事に果たした。

H組 相沢美奈与(オレたま

1回戦 3-2 春日野穹(ヨスガノソラ)
2回戦 3-2 間宮由美(えむえむっ!)
3回戦 4-2 巴マミ(魔法少女まどか☆マギカ)

脳内順位:56位
単勝:不明
通算成績:10勝7敗
トーナメント最高成績:2回戦(第10回)

昨年は2回戦で美柑と当たってしまったものの
素質の片鱗は見せていた美奈与ちゃんが
今年は自身が最高位という
美味しいブロックを引き当てて
昨年の不運を埋める予選突破を果たした。

I組 砂戸七葉(えむえむっ!)

1回戦 3-1 ミストルーン・アウスグリム(ロッテのおもちゃ!)
2回戦 3-2 篠ノ之箒(インフィニット・ストラトス)
3回戦 4-1 春風千桜(ハヤテのごとく!)

脳内順位:30位
単勝:12番人気60.2倍
通算成績:3勝0敗
トーナメント最高成績:初出場

初出場ながらもランク以上の前評判を得ていた
七葉が評判通りの強さを見せて
決勝ブロックへ勝ち上がってきた。
妹系でもこれまでに存在しなかった
「従兄妹」という要素に加え、
料理上手、小悪魔という強烈な武器も持っており
今後の戦いぶりも非常に楽しみである。

J組 柚原このみ(ToHeart2)

1回戦 3-2 石動美緒(えむえむっ!)
2回戦 4-3 戦場ヶ原ひたぎ(化物語)
3回戦 4-2 吉岡チエ(ToHeart2)

脳内順位:10位
単勝:14番人気70.8倍
通算成績:240勝140敗
トーナメント最高成績:3位(第4回、第6回、第7回)

トーナメント通算勝利数最多を誇る
このみが3年連続で予選を突破。
128名制のトーナメント(第1、2、8回を除く)
に限れば予選突破率100%という
驚異的な実績を持っていながらも
いまだに決勝の舞台を踏んだことがないだけに
3回戦で優勝候補の一角だったよっちに
完勝した勢いを持続させたいところだ。

K組 原村和(咲-Saki-)

1回戦 3-2 塚本千紗(こみっくパーティー)
2回戦 4-3 海老原みなせ(ぶらばん!)
3回戦 3-1 田井中律(けいおん!)

脳内順位:26位
単勝:不明
通算成績:52勝35敗
トーナメント最高成績:ベスト8(第6回)

トーナメント出場回数は6回目だが、
これで4度目の決勝ブロック進出となるのどっち。
他の大会では目立った成績は残せないものの、
トーナメントに限っては毎回のように
おっぱいに負けないぐらいの存在感を見せる。
今回は初出場以来のベスト8を狙いたいところ。

L組 平沢憂(けいおん!)

1回戦 3-1 芹沢文乃(迷い猫オーバーラン)
2回戦 3-2 愛沢咲夜(ハヤテのごとく!)
3回戦 5-4 長瀬湊(あかね色に染まる坂)

脳内順位:6位
単勝:6番人気18.6倍
通算成績:45勝17敗
トーナメント最高成績:3回戦(第9回、第10回)

一昨年、昨年とも期待されながらも
3回戦止まりだった憂が3度目の正直で
ようやく予選突破を果たした。
咲夜、湊、ムギちゃんといった
トーナメント実績のあるキャラがいる
激戦ブロックを制したことで
徐々に勢いも出てきており、
今年2月のコンフェデ優勝に続く
2冠制覇の可能性が増してきた。

M組 月山瀬奈(のーぶる☆わーくす)

1回戦 4-1 柏崎星奈(僕は友達が少ない)
2回戦 4-3 国広ひなた(のーぶる☆わーくす)
3回戦 4-0 須磨寺雪緒(天使のいない12月)

脳内順位:9位
単勝:4番人気15.3倍
通算成績:3勝0敗
トーナメント最高成績:初出場

1回戦の「せな対決」や2回戦の同作品対決など
注目を集める試合でも難なく勝ってきた瀬奈が
3回戦ではベテランの雪緒相手に圧巻の完勝劇で
楽々と決勝ブロックの舞台に駒を進めてきた。
まだまだ余力たっぷりで、
ランク9位ながらも4番人気に支持されている
期待に応えるな戦いぶりを見せてくれそうだ。

N組 小野さやか(FIESTA!!)

1回戦 3-0 千堂 瑛里華(FORTUNE ARTERIAL)
2回戦 4-2 山吹渉(天神乱漫)
3回戦 4-2 モモ・ベリア・デビルーク(To LOVEる)

脳内順位:64位
単勝:不明
通算成績:64勝53敗
トーナメント最高成績:ベスト8(第8回)

私にとって萌えキャラの元祖である
小野さやかちゃんが8年の時を経ても
衰えていないところを見せて
3年ぶりの決勝ブロック進出を果たした。
3回戦では昨年ベスト8のモモを破っており、
上位が相手となっても
一波乱起こす可能性は十分にありそうだ。

O組 雲雀丘由貴(ぶらばん!)

1回戦 3-1 松隆奈々子(変ゼミ)
2回戦 4-2 高坂桐乃(俺の妹がこんなに可愛いわけがない)
3回戦 4-3 星伽白雪(緋弾のアリア)

脳内順位:12位
単勝:10番人気49.6倍
通算成績:98勝56敗
トーナメント最高成績:準優勝(第7回)

2番人気に支持されて美柑の三連覇を阻む
最右翼とされていたきりりんを
2回戦で退けた由貴が2大会ぶりの予選突破。
昨秋からどの大会でも
安定した戦いぶりを見せており
ここでもベスト8を最低限の目標に掲げている。

P組 結城美柑(To LOVEる)

1回戦 4-1 常田鮎美(侵略!イカ娘)
2回戦 4-2 千石撫子(化物語)
3回戦 5-4 小鳥遊なずな(WORKING!!)

脳内順位:1位
単勝:1番人気2.7倍
通算成績:171勝32敗
トーナメント最高成績:優勝(第9回、第10回)

大会史上初の三連覇を目指す美柑が
三回戦でなずなと好勝負を演じながらも
予選を難なく突破。
他の15人に比べて明らかに余裕残しの戦いぶりで
決勝ブロックではギアを1段も2段も
上げられそうな態勢にあり、
三連覇へ視界良好である。

以上が決勝ブロックに進出した16名です。

そして今回は予選ブロックだけでなく
4回戦、準々決勝、準決勝の前にも抽選を行うため、
4回戦は以下の組み合わせになりました。

No.026 原村和(咲-Saki-)
No.115 桜井あさひ(こみっくパーティー)

No.016 千歳佐奈(天神乱漫)
No.056 小野さやか(FIESTA!!)

No.009 月山瀬奈(のーぶる☆わーくす)
No.056 相沢美奈与(オレたま)

No.048 姪乃浜梢(なれる!SE)
No.011 白河ななか(D.C.Ⅱ~ダ・カーポⅡ~)

No.030 砂戸七葉(えむえむっ!)
No.068 江戸前留奈(瀬戸の花嫁)

No.010 柚原このみ(ToHeart2)
No.088 シャーロット・E・イェーガー(ストライクウィッチーズ)

No.005 橘鈴(いもうとドラゴン!)
No.012 雲雀丘由貴(ぶらばん!)

No.001 結城美柑(To LOVEる)
No.006 平沢憂(けいおん!)

第8試合では今年2月のコンフェデ決勝の
組み合わせが早くも実現。

三連覇に向けて予選を文句なしの内容で
勝ち上がってきた美柑に対し、
コンフェデ以降の不調をようやく持ち直してきた憂。

対戦成績は2勝2敗と互角ではありますが、
憂はまだ復調途上といった状態なので、
準決勝以降ならまだしも、
ここでは美柑に分がある感じです。

また、第7試合のこぶいちキャラ対決も
ここ1年ほどずっと上位を賑わせている
2人の争いだけに要注目だったりします。

他では去年4回戦どまりだった
ななかや佐奈は有利な相手と当たり
目標とするベスト8に手が届きそうだ。

今回は予選から準決勝まで
4度にわたる抽選があるため、
最後までクジ運に左右されそうですが、
そんな中でも美柑だけは
どんな相手でも勝てる状態にあるため、
美柑と決勝まで当たらずに
勢いをつけてくるキャラが
一泡吹かせることになりそうです。

|

« 2011年7月 脳内ランキングベスト50 | トップページ | さやあん!その① »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2011年7月 脳内ランキングベスト50 | トップページ | さやあん!その① »