« 2011年アニメのOP・EDベスト10 | トップページ | 2012年1月 脳内ランキングベスト50 »

2012年1月 9日 (月)

信越&磐越の鉄道1泊2日の旅

1月7日と8日の2日間にかけて長野、新潟、福島方面へ
青春18きっぷを使って鉄道の旅をしてきました。

今回はほとんどが初乗りの路線だったので、
それらに乗った感想を書いてみます。

・小海線(小淵沢-小諸間)

ハイブリット列車が走る路線ということで
以前から乗ってみたいと思っていたのですが、
期待していたハイブリット車は
乗るどころか見ることすらありませんでした。

それでもJRで一番標高の高い地点だったり
小淵沢を出てすぐの大カーブなど
車窓からの見どころが多かったのは良かったです。

Dscf4527

・飯山線(豊野-越後川口間)

つい先日までは某百合マンガの主人公のように
存在すら気に留めていない路線だったのですが、
今回の旅で一番面白い体験ができました。

豊野から信越本線と分かれてからは
ずっと千曲川沿いをなぞっているため、
橋梁や川と共に雪景色がとても綺麗でした。

Dscf4569_2

始発の長野を出発してから1時間ほどで
沿線最大の駅である戸狩野沢温泉駅に到着。

ここで車両の切り離しで10分ほど停車時間があるため
列車を降りてホームの景色やらを撮影。

Dscf4597

地元のJR九州だったら確実に運休してるレベルの積雪量で
これほどの雪をほとんど体験した事のない私は
内心興奮していたのですが、まだまだ序の口でした。

戸狩野沢温泉駅を出る頃には
さっきまでの晴れていた空がウソのように
どんよりとした雲から雪が降り注いできて
車窓の景色を遮ってしまいました。

そして戸狩野沢温泉駅から約1時間、
行き違い列車の待ち合わせのため停車した
森宮野原駅ではもはや線路が見えない状態に…

Dscf4611

こんだけ雪が降るところ他にもあるのかな?と思っていたら、
どうやらこの駅が日本一の積雪地点だったようです。

Dscf4612

本来なら待合時間は3分だったのですが、
この大雪で行き違いの列車は10分ほど遅れてやってきました。

でも、森宮野原駅に居る時間が長かったおかげで
普段は見ることのできない景色を撮れました。

次は夏に来て今回とは違う景色を見てみたいです。

Dscf4619

・越後線(柏崎-新潟間)

越後線に乗る頃には真っ暗だったので
車窓からの景色はほとんど見えず…。

途中に出雲崎という駅がありますが、
ジェロの『海雪』ってここが舞台だったんですね。

てっきり島根の方かと思っていました。

また、弥彦線が平面交差する吉田駅は3面5線もあり
乗り換え時間がたったの3分で
ほとんど撮影もままならなかったので、
次は明るい時間帯に来てじっくり駅を見て回りたいです。

Dscf4639

・磐越西線(新津-郡山間)

ここも飯山線ほどではありませんが
なかなかの豪雪地帯のようで
新津から会津若松まではほとんど
雪に覆われた景色を見ることになりました。

Dscf4676

途中の喜多方では1時間ほど滞在して
本場の喜多方ラーメンを味わってみました。

Dscf4690_2

坂内食堂でネギラーメンを注文したのですが、
ネギは美味しかったものの
麺とスープはまあ普通より美味しいかなって程度。

博多ラーメンのような極細ストレート麺が好きなので、
太ちぢれ麺だとどうしても評価は下がってしまいます。

また、会津若松ではあかべぇの可愛さに目覚めてしまいました。

Dscf4700

乗り換え時間が9分しかなかったので
これと国鉄色に再塗装した485しか撮れなかったのですが、
ぬいぐるみがあるようなら次来た時に買ってみたいです。

・磐越東線(郡山-いわき間)

太平洋側に位置することもあってか
西線とは違い雪はほとんど見当たらず
磐越の「越」を全く感じられませんでしたが、
ローカル線らしい山間に集落が点在する景色を
日が傾いた頃に味わえて良かったです。

・両毛線(小山-新前橋間)

小山駅では大宮駅の埼京線・川越線のような
他の路線のホームから隔離された場所に
両毛線のホームが存在しており、
水戸線から乗り換える途中にトイレへ寄ってたら
発車時間ギリギリになってしまいました。

すっかり日も暮れた時間に乗ったため
越後線と同じく景色はほとんど見れませんでしたが、
栃木、佐野、足利、桐生、伊勢崎、前橋など
栃木や群馬の名だたる地名の駅ばかりで
小山から高崎までの2時間弱があっという間でした。
(ま、ほとんど寝てたからだけど…)

この他にも今回が初乗りだった路線というか、
路線の中の区間もあるのですが
夜に乗ったり寝ていたりしていたので割愛してます。

本来なら上越線の土合駅で降りてみたり
只見線に乗ってから磐越西線を通って
信越方面へ向かうつもりだったのですが、
只見線が昨年の大雨により部分運休中のため、
先に信越方面を通ってから磐越方面に
というルートになりました。

只見線は一度でいいから乗ってみたい路線の1つなので、
現在も不通となっている大白川-会津川口間の
早期復旧を心より祈っております。

ちなみに今回の旅では新潟市内で一泊しました。

泊まったホテルには最上階に温浴施設があり、
室内のお風呂加えサウナ、露天風呂など
なかなかの充実っぷりだったので、
2時間ほど入ってしまいました。

新潟に来る時はこれからもずっと
今回と同じホテルを予約することになりそうです。

|

« 2011年アニメのOP・EDベスト10 | トップページ | 2012年1月 脳内ランキングベスト50 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2011年アニメのOP・EDベスト10 | トップページ | 2012年1月 脳内ランキングベスト50 »