« もはや買うよりも会う事が目的になった執事とらのあな | トップページ | きららキャラット2012年4月号の感想 »

2012年3月 8日 (木)

To LOVEるダークネス17話の感想~モモも女の子~

土日に自宅へ帰ってバタバタしていたら
本編の感想がすっかり後回しになってしまいました。
(美柑の感想も行きの新幹線の中で更新していたり)

とまあどうでもいい言い訳はさておき、
今回はもうモモについてしか語ることがない
ってぐらいモモにスポットの当たった回でしたね。

モモが男子にモテモテなのは
彩南高校に編入した1話から
わかっていた事ではあったので、

ここに来て今さらファンクラブ設立すんの?

って感じでした。

モモのような小悪魔系キャラは
人によって自分を上手く使い分けるので、
本当の顔を知らない男子諸君達は
表面上だけ繕って人当たり良く見せている
モモが天使のように見えてしまうのでしょうね。

まあ、モモも本質的にいい子だからこそ
腹の中に隠してるドス黒い欲望(というか性欲)が
にじみ出てきてないんだと思います。

とか思ってたら昨晩にリトから
優しい言葉をかけられた事を思い出して
授業中でもムラムラが収まらなくなったモモは
体操服姿でリトを体育倉庫におびき寄せます。

やっぱりただの淫乱ピンクか

乳首よわいよわいブロガーの私としては
非常にうらやまけしからんシチュではありますが、
「いらっしゃいませ♥」という言葉で
もう風俗的なプレイにしか見えなくて…

てか、どこまでエスカレートすれば
矢吹てんてーと読者は気が済むんだよ…

そんな事よりも今回の重要ポイントは、
モモがリトに迫るのはいつもの事だけれども、
ある程度のところまで進むと
モモも未経験(要するに処女)なためか
不安がだんだん募ってきて
やがて恐怖心が湧いてきているところでした。

いつもの余裕たっぷりで攻めてくる姿も
ドM的にはタマらなかったりするのですが、

モモも女の子だね(ニッコリ

と思えてホッとしました。

それでいてすぐにいつもの余裕っぷりを
取り繕うとしているところが
また余計に可愛く見えました。

それと、今まで見たことのないモモの反応を見て
鈍チンのリトでも感じる所があったようです。

リトはこれまでにもモモからいろいろと
プレイ的な行為を迫られていましたが、
モモの小悪魔的な笑みからして
単にからかわれているだけという
受け止め方をしていたと思います。

それがこれからはもしかしたらモモは
自分の事を好きなんじゃ…
という意識へ変化しそうですし、
モモも今回の件を思い出して、
これまでのような迫り方は
なかなか出来なくなりそうです。

そして、そんな2人の心境の変化を敏感に察する美柑…

なんだこの昼ドラは

今回はダークネス計画については
1枚たりとも話は進みませんでしたが、
ハーレム計画の面では
ターニングポイントとなりそうな話だったので、
今回を境にリトとモモの関係がどう変わって行くのか
次回以降とても気になります。

またそれに美柑がどう絡んでいくのか
っていうのも楽しみであり不安でもあり…

|

« もはや買うよりも会う事が目的になった執事とらのあな | トップページ | きららキャラット2012年4月号の感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もはや買うよりも会う事が目的になった執事とらのあな | トップページ | きららキャラット2012年4月号の感想 »