« 結構楽しめるきらら☆マギカvol.1の感想 | トップページ | 7月がゆるゆりすぎて生きるのが辛くない »

2012年6月29日 (金)

交流戦が終わって…

貯金8で首位という非常に良い状態で
今年の交流戦に入ることになったマリーンズ。

けれども、好調だった05~07、10年のような
強さは感じていなかったので、
中日、巨人、ヤクルト、阪神には2勝2敗
広島、横浜には3勝1敗計14勝10敗
戦い抜いてくれれば…ぐらいの気持ちでした。

そして結果は12勝7敗5分
予想より1つ貯金の多い成績で
終えることが出来ましたが…

もう失速が始まってるじゃん

いや、むしろようやくと言うべきだろうか。

交流戦の半ばまでは
こんなに勝っちゃっていいの?
と、不安ながらも内心ウキウキしまくりでしたが、
東京ドームで杉内をKOしたのに逆転負けした試合から
チームの雰囲気が暗転したような気がします。

特に唯一の自慢どころだった中継ぎ陣が
交流戦の期間中にどんどん弱体化。

益田は登板過多で球が走らず、
中後は投げるたびに打たれて二軍落ち、
晋吾はいつの間にか怪我で離脱しており、
ロサは戻ってきても使えないままで再降格、
クローザーの薮田は相変わらずの
不安定ピッチングで中継ぎに降格。

結局、頼れるのは内くんだけって感じで、
これからはクローザーの役割を担う事になりそうですが、
だとしたら6回7回あたりでピンチを迎えたら

一体誰が投げるのよ…と。

まあ昨日、復帰登板をした荻野忠に
淡い期待を抱いてはいますが。

一方の先発も成瀬とグライシンガーはいいとして、
(とはいえこの2人も勝ち星が伸び悩んでいますが…)
藤岡は期待には程遠いピッチング内容ですし、
俊介はイニングを食えずで中継ぎに負担がかかる悪循環。

そんな中で唐川が復帰初戦で完投をしたのは
とても嬉しいニュースではありましたが。

また、今年は何故か得点圏打率が高い打線も
ここへ来てチャンスで打てない通常営業に戻ってきており、
今後はパリーグ相手に苦戦は必至だと思います。

ただ、まだ貯金は12ありますし、
いつもは失速し始めたら一気にズルズルと行く
パターンが多いマリーンズですが、
今年はケガ人が出ても代わりに誰かしら復帰して
穴をそれなりに埋めてくれているので、
7月8月は何とか耐えて勝率5割以上をキープし、
帳尻の9月でチームの勢いを取り戻して
再び優勝争いに加わって欲しいと願っています。

って、まだ首位なのに何だこのネガ思考は…

今のチームを見渡して唯一ポジれる要素は、
念願のダブル荻野が一軍に揃っている事ぐらいですね。

この2人が居ればCS進出ぐらいは大丈夫やろ(震え声)

|

« 結構楽しめるきらら☆マギカvol.1の感想 | トップページ | 7月がゆるゆりすぎて生きるのが辛くない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 結構楽しめるきらら☆マギカvol.1の感想 | トップページ | 7月がゆるゆりすぎて生きるのが辛くない »