« きららキャラット2012年9月号の感想 | トップページ | ダークネス22話の美柑ちゃん~名前だけの登場~ »

2012年8月 3日 (金)

ゆるゆり♪♪第5話の感想~これは主人公ですわ~

2期のキャラソンは発売のスパンが短いですね。

でも放送が終わってから発売するよりは、
期間内に全員出る方が熱も冷めない頃合いですし、
CMも全キャラのパターンが見れそうなので、
この方が良いと思います。

ただ、欲を言えば2期はミラクるんだけでなく
ライバるんのキャラソンも出して欲しかったなあ…

◎アバン

タイトルコールですら恥じらうのか

んもー結衣にゃんってば照れ屋さんなんだからっ☆

でも、せっかくアッカリーンの役目を奪ったんですから
出来れば最後まで言い切って欲しかったです。

◎Aパート

リモコンが電池切れしてエアコンが使えない京子が
結衣、チーナ、アッカリーンの家へ
(本当の意味で)お邪魔しに行く話。

・ポニテ京子

ポニテの方が全然イケるやん!!

普段見ない姿で新鮮な分もあると思いますが、
それにしてもポニテにしただけで
ここまでの破壊力が生まれるとは…

また、ポニテになったことでニャル子さんの
某クラスメイトがダブって見えました。

・エプロン姿キター

まずは結衣の家に来た京子。

結衣が主婦すぎて我慢できない

今までに何度も家庭的な姿は見せていましたが、
エプロン着用は初披露だったので、
思わずガッツポーズしてしまいました。

僕もおたまで叩かれたいです

それから結衣お手製のカレーは肉ではなく
ソーセージ入りってのが面白いです。

カレーの肉ってどれを入れても何かイマイチだし、
だったらいっそソーセージのように
ちゃんとした具として食べられる物の方が良さそうですしね。

あと、節約を兼ねてるところもポイント高いです。

今度自分でも作ってみようかな…

・さりげないプロポーズ

京子「毎日あなた(結衣)のカレーを食べたい」

今すぐ結婚して、どうぞ

やっぱ結京って夫婦だよなあ
と、しみじみ思う名セリフでしたが、
結衣は華麗にスルー。カレーだけに。

きっとどうツッコめばいいのかわからなくて、
正直に答えるのも恥ずかしいから
スルーしたんだろうなぁと妄想しておきます。

・チーナの生脚

続いてチーナの家に来た京子。

京子も素足ですけど、
チーナの脚にばかり目が行ってしまいました。

しれっと膝枕状態になって
チーナの太ももスリスリしてる京子が
羨ましくてしょうがなかったです。

・わらびもちうめえ~

最後に主人公の家に来た主役の京子。

いきなり来たのに冷たい緑茶とわらびもちを
用意するアッカリーンはホント気の利く子です。

京子の「あ~ん」からの「○○うめえ~」が
いかにもゆかちんらしい声で何度もリピートしてしまいました。

ゆかちんはグルメリポーターの素質があると思います。

・セミを触れないアッカリーン

僕もクマゼミだけは怖くて触れないです。

アッカリーンはきっとセミどころか
蚊も殺せないんだろうなあ~

そう思っていたらBパートでまさにそんな展開になろうとは…

・安心のNanamori製

京子の部屋のエアコンだけでなく
京子が買った乾電池もNanamori製。

ロゴからしてNationalっぽいですね。

私も昔は単3か単4か確認せずに買い物へ行って
帰ってから後悔することがよくありました。

◎Bパート

せっかくのプール回なのに
アッカリーンだけ列車に乗り遅れて
駅で一人さびしく次の列車を待つ話。

・あかりの不幸は蜜の味

列車に乗り遅れてしまうアッカリーン、
それを何も言わずに列車から見送る京子。

これはかなりメシウマだと思ってるんだろうなあ

プールの入場券が飛ばされたのは
風のせいじゃなくて京子の差し金だったら、
腹パンしたいリストに登録してしまいそうです。

・独り言の多い主人公

一人さびしく取り残されたわりには、
明るく楽しく独り言で場を繋いでいくアッカリーン。

あれ、ひょっとして一人ぼっちで居る方が
主役に向いてるんじゃないか?

乗り遅れたのは不運だったものの、
みんなの中にいても空気になるだけなので、
主役としての存在感を見せつけるという意味では
むしろ幸運だったと言えそうです。

・わぁいうすしお

最近ちまたで人気の汎用セリフがアニメでもついに!

僕はうすしおならカ○ビーのが一番大好きです。

好きなものは素直に好きと言える
アッカリーンの純心さがよく表れた台詞ですね。

・ちゃっかり狙う腹黒ピンク

向日葵からアッカリーンへ送られた写メール。

後ろで結衣にベッタリとくっつくチーナと、
そんなチーナを背後から襲おうとしている
京子にばかり目が行ってしまい、
手前に映る櫻子が誰かさんみたいに存在感ゼロです。

2期になってからのチーナは
隙あらば結衣にくっつきまくってますね。
腹黒もとい淫乱ピンクですね。

更衣室で結衣がチーナに着替えを
ガン見されてない事を祈ります。

・ちゃっかり抱きつくあかねさん

ウォータースライダーで一緒に滑る赤座姉妹の図。

【建前】一人じゃ怖いから

【本音】あかりに抱きつきたいから

あかねさんこうですよね、わかります。

スライダーを滑ってる最中に
しれっとアッカリーンのちっぱいを触って
成長を確かめてるんじゃないだろうか…
という疑いをかけずにいられないです。

◎Cパート

結衣が風邪でダウンしてしまう話。

・他人の夢でも見切れる&消える主人公(笑)

京子ならともかく結衣の中でも
アッカリーンが端っこで見切れたり、
どんなゲームでも簡単に消えてしまう
位置付けなのは悲しすぎる…

それから結衣の中でもチーナのイメージは黒なのか…

こちらは残念でもなく当然ですが。

・はいはい結京結京

結衣が熱で寝込むという話だから
京子がやってくるのは目に見えていましたが、
わかっていてもやっぱりニヤニヤしてしまいます。

京子の空腹に合わせて一緒に食事したり、
冷蔵庫(たぶん冷凍庫だろうけど)に
ラムレーズンを常備してる結衣は
何だかんだ言っておきながら
やっぱり京子が好きなんだなあと。

長年の付き合いで京子の事を理解していても、
好きじゃないとここまで出来ないですもんね。

・プリーツ京子

犬の被り物は本人の脳みそ同様に
残念ではありましたが、
ミニスカプリーツは脚フェチとしては
非常にポイントが高いです。

まあ、あぐらをかくのは若干マイナスですが…

それでも鉄壁ガードでパンチラの欠片もない
ゆるゆりという作品はとても好感が持てます。

◎Dパート

さくひまがアッカリーンを見守る話。

・気が利きすぎる幼女

古谷家へやってきた櫻子。

向日葵ちゃんは買い物で不在でしたが、
代わりに出迎えたのは楓ちゃん。

これは幼女ムギちゃんですわ

貧乳に悩む櫻子の事を思って
成長したらおっぱい分けてあげるねとか、
おもてなしに牛乳を持ってきたりしますが、
かえって櫻子のプライドはズタボロに…

怖いもの知らずの櫻子でも
楓ちゃんの前では怒るに怒れず
頭が上がらないのが面白いです。

・あかりぼっち再び

アッカリーンって主人公の素質あるわー

ぼっちでも不憫な出来事が立て続けに起きたり、
とどまる事を知らない純粋無垢な独り言で
こっそり尾行してるさくひまや視聴者を飽きさせないです。

もういっそぼっちなアッカリーンの一日を追った話で
1話丸々やってもいいんじゃないだろうか。

・いじりたくなるオーラ

そんなぼっち主人公を見て
居ても立ってもいられなくなった櫻子。

やっぱ京子と芸風が被ってるな

遠目から大声を上げて鳩&主人公を脅かしたり
鳩に襲われるよう本体にビスケットを仕掛けたりと
あかりイジリを連発させます。

でも、京子だけでなく櫻子もこんな事をしたくなるほど
アッカリーンからはいじりたくなるオーラが
ビンビンに出てるんだろうなあ

あ、イタズラを仕掛けた櫻子ちゃんだけでなく、
それを見て見ぬふりをした向日葵ちゃんも
明日アッカリーンに謝っておこうね。

◎まとめ

今回は主人公が主役だった

実にゆるゆりらしくないです。

それぐらいアッカリーンの主人公としての素質を
まざまざと見せつけられました。

ゆるゆりと言えば主人公の影が薄い
というのが特徴であり特長でもある作品ですが、
今回の話を見たらアッカリーンが
普通に主役でも面白かったんじゃないだろうか…
という気もしたのですが、
普段が不憫な扱いだからこそ
たまに主役をさせると面白く感じる
というのはあるとは思うので、
そこは一概には言えませんね。

また、今回もしっかりと結京やさくひまを盛り込んでおり、
2期は人気のカップリングに重点を置いてる事を感じました。

その一方でA~Dパートの4部構成にして
原作に忠実でテンポを崩さないのは良いのですが、
これだとアニメオリジナルの要素が
ちょっと物足りないかなーって気も。

例えばですが、Bパートでアッカリーンだけ
駅に取り残されて話はそこで終わってしまいましたが、
せっかくプールに行くという一大イベントがあるのなら、
Cパートからはアッカリーン以外のみんなで
プール回をやっても良かったんじゃないかと思いました。

そして最後のオチはアッカリーンが到着する頃には
もうみんな帰り支度をしていましたって感じで。

まあ、原作をそのままやってくれるだけでも
十分すぎるぐらい楽しめていますけどね!

次回はまた季節にうまく合わせた夏コミ回で、
今度はごらく部4人での参加ということなので、
1期よりもさらに楽しめる話が期待できそうです。

|

« きららキャラット2012年9月号の感想 | トップページ | ダークネス22話の美柑ちゃん~名前だけの登場~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きららキャラット2012年9月号の感想 | トップページ | ダークネス22話の美柑ちゃん~名前だけの登場~ »