« きららキャラット2012年10月号の感想 | トップページ | ダークネス23話の美柑ちゃん~安否が心配~ »

2012年9月 3日 (月)

ドラえもんの誕生まであと100年

何かにつけて忘れっぽい私ですが、
誕生日に関しては一度覚えたら
家族、友人、キャラクターなどを問わず
忘れにくいタイプです(多分…)。

そんな私が9月3日になると必ず思い出すのが、
国民的人気を誇る22世紀のネコ型ロボット、
ドラえもんの誕生日です。

しかも今年は2012年です。

ドラえもんが生まれる年は2112年なので、
今日でちょうど100年前という事になります。

そんなわけで今日はドラえもんの思い出と共に、
今改めてドラえもんを振り返ってみて
思うところを書いてみました。

私がドラえもんに出会ったのは
いつだったのか記憶にありませんが、
恐らく5~6歳ぐらいの頃には
アニメを見始めていたと思います。

その後、小学校低学年の頃から
単行本を買い始めるのですが、
親戚の家に何故か42巻だけ置いてあったので、
それをもらったのちに43、44巻を買って、
あとは1巻から順に買い揃えて行きました。

お小遣いもそんなに貰える頃じゃなかったので、
たまに親に買ってもらったりもしていましたが、
全巻揃えるのは1年以上かかりました。

買って読んでいた当時はまだ小学生だったので、
ドラえもんの秘密道具を見ては
こういう事が出来たらいいのになあ~
と、夢(というか妄想)を膨らませていましたが、
あれから20年近く経って
三十路も迫ろうかという今となっては
特にこの道具が欲しいと思う気持ちが
薄れてしまいました。

大人になったことで夢がなくなったり、
現実を知ってしまったというのもありますが、
欲しいものを手に入れる時って
何かに頼るよりも自分の力で手に入れた方が
喜びがより大きくなる
と思えるようになったからだと思います。

幼い頃は、せっかく便利な道具を貰ってるのに
何でのび太は毎回のように失敗しているのか、
使い方が勿体ない、自分ならこう使うのに…
とか思ったりしていました。

けれども、今ふと振り返ってみると
便利な道具も使えば何かしらの代償が生まれる、
成功するには自分の力で成し得るべきという
藤子・F・不二雄先生のメッセージが
込められていたんじゃないかと思います。

21世紀になってドラえもんほどまでは行かなくても
様々なロボットが開発され、
あと100年もすれば本当にドラえもんのような
ロボットが誕生するのでは?
という予感を抱いてしまいますが、
あまり便利なロボットが生まれても
人間がどんどん堕落していくばかりで
身体機能が退化していく恐れがありますし、
ロボットの助けがどうしても必要という方以外は
自分で出来る事は自分でするという生活は
これからも変わらないでいて欲しいです。

私も自分の欲しいものや叶えたい事は
自分の力で掴み獲ろうという気持ちを忘れずに

ドラえもんが生まれてくるかもしれない
100年先まで生きて行こうと思います

いや、やっぱしんどいからあと30年でいいや…

|

« きららキャラット2012年10月号の感想 | トップページ | ダークネス23話の美柑ちゃん~安否が心配~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きららキャラット2012年10月号の感想 | トップページ | ダークネス23話の美柑ちゃん~安否が心配~ »