« ゆるゆり♪♪第11話の感想~これぞ主人公~ | トップページ | 感謝の気持ちで満ちあふれていたごらく部トークライブ »

2012年9月16日 (日)

今年初の公式戦に行ってきました

Imag0764

今年は愛知住まいになって
なかなか試合を観に行く機会がありませんでしたが、
昨日は東京行きの予定と
マリスタの試合時間がうまく合致しました。

チケットを購入した2週間ほど前は
ちょうど楽天に3タテして
再び上位を狙える体勢だったので、
9月の帳尻も手伝って
今週あたりは西武と首位争いを
出来るんじゃないだろうかという
淡い期待を抱いていたのですが…

Imag0768

まさか首位西武と8.5ゲーム差の5位で
しかも先発マシスの試合に来てしまうとはな

まあこれはこれで逆に気楽に
試合を見ることが出来ると開き直れましたが。

そんなわけで今回は競馬&マリーンズファンで
繋がってるあめぼすさん(@americanbosss)と一緒に
内野席でマッタリ観ることになりました。

チームが一気に失速したおかげか、
三連休の初日で首位西武との試合にもかかわらず
試合開始30分前に入場しても
1塁側の内野でも空席が目立って
2階席はどこでも座りたい放題。

スタメン発表もすでに終わっており
セレモニーとか始球式を経て
あっという間に試合開始。

先発のマシスは初回からいきなり失点、
2回も息を吐くように追加点を取られ
早くも敗色濃厚なムード。

うん、期待通りのピッチングですわ

その後は3、4回とゼロに抑えて
5回も簡単に2アウトをとって
ようやく試合になってきたかと思ったら、
おかわりに特大ホームランを打たれて
試合がほぼ決まった感じに。

でも、敵ながら清々しくなるような一発でした。

一方の打線も石井一久に4回まで1安打に抑えられ
せめて1点ぐらいは取って欲しいなー
と願っていたら5回に荻野(妖精)のタイムリーで
ようやく1点を返してくれました。

直前に細谷がライナー性のいい当たりを
打ってくれたし今日はこれで満足ですわ

続く6回も内野ゴロの間に得点して1点差に。
なおもランナー2塁でしたが、
お約束の追いつかない程度の攻撃で終了。

直後の7回に2番手の中郷が失点して、
やっぱり追い付かないとこうなってしまうか…

と、再び諦めの気持ちになりつつも
また2点差になったんだから
もう1点ぐらいは取ってくれるだろう
という謎の期待も高まりました。

その裏、代打の大地がヒットで出塁。

よし、ここは福浦さんの出番だな!

けれどもネクストには大松の姿が…

よし、じゃあバントで!

けれども普通にヒッティングの構えで絶望していたら
案の定初球を打ち上げてピッチャーフライでジ・エンド。

と、誰もが思っていたところで
相手投手の長田がまさかの落球。

場内は失笑から大爆笑に変わりました

けれども大松はここで今シーズンの運を
全部使い果たしてしまった予感…。

その後、荻野のバントでチャンスを広げ、
清田の犠牲フライで再び1点差となり
なおもランナー2塁で一打同点の場面。

って、おいおい2塁ランナーの
大松に代走を出さないのかよ

これじゃあワンヒットで帰って来れないじゃん…

そう思っていたら危惧していた通り、
根元のセンター前へ転がるヒットで大松は3塁どまり。

早坂なら帰って来れてただろ!
いいかげんにしろ!!

何かもうわざとやってるんじゃないだろうかと
思うぐらい追いつかない程度の攻撃をやってくれて
今日はこれまでかと思っていたのですが…

サブローさんの逆転タイムリー

きたあああああああああああああ

打球がどこに行ったのか見えづらくて
てっきりホームランかと思ったのですが、
フェンス直撃のツーベースでした。

それでもランナーを2人返して一気に逆転!

周りの人たちとのハイタッチが気持ち良かったです。

やっぱりサブローさんこそが

真のマリーンズの4番や!(テノヒラクルー

次の回からは勝ちパターンの継投へ。

しかし益田が先頭打者にいきなりヒットを打たれて
1死からバントも決められてピンチの場面に。

しかもここで代打オーティズ。
でも次は銀仁朗だしここは歩かせても…

と、見ている私は弱気になってしまいましたが、
当の益田は気迫溢れるピッチングで
最後はねじ伏せるように直球勝負で三振!

これで新人最多ホールド記録を更新し、
新人王がまた一歩近づいた瞬間でもありました。

そして9回。

ひっさしぶりにセーブのつく場面で薮田様が登場。

ランナーが1人でも出れば
中島まで回ってしまうという
気の抜けない打順のめぐりだったので
ハラハラドキドキだったのですが、
そんな心配が杞憂になってしまうほどの
素晴らしいピッチング。

最後は連続三振でキッチリ三人で仕留めてくれました。

大型連敗があって休養十分でしたね(ニッコリ

試合後のヒーローインタビューは
新人最多ホールド記録を更新した益田と
逆転タイムリーを打ったサブローさんの2人。

新人最多ホールドは狙っていたという益田、
相変わらずピッチングだけでなく気持ちの面でも
新人離れして頼もしいかぎりです。あと顔も…

一方のサブローさんは
逆転タイムリーがホームランにならなくて
パワー不足と謙遜していましたが、
ここぞという場面で打ってくれて
今日は4番の仕事を十二分に果たしたと思います。

試合前は今のチーム状況、
先発の顔合わせを考えても
今日は負けて当然のつもりでいましたし、
途中まではだいたい予想通りの展開だったので、
いつも以上に勝った時の喜びが大きかったです。

それに逆転の場面も劇的だったので
過去最高クラスに良い思い出となる現地観戦でした。

贔屓チームが5位に低迷していても

野球ってこんなに楽しめるんだ

っていうのを現地で観戦したからこそ
余計に感じることが出来ました。

勝利が決まった瞬間、
隣のあめぼすさんとガッチリ握手を交わして

ああ、今日は一緒に来て良かった

と、しみじみ感じることが出来たので、
また機会があれば一緒に行きたいです。

前半戦を首位で折り返したものの、
夏場の失速や9連敗などで
5位に落ちてしまいましたが、
まだまだ借金は3つしかありません。

残り18試合、まずは借金を返済して
最後までCSが狙えるような位置で
戦いきって欲しいです。

Imag0779

|

« ゆるゆり♪♪第11話の感想~これぞ主人公~ | トップページ | 感謝の気持ちで満ちあふれていたごらく部トークライブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゆるゆり♪♪第11話の感想~これぞ主人公~ | トップページ | 感謝の気持ちで満ちあふれていたごらく部トークライブ »