« 豊鉄全駅下車の旅(市内線編) | トップページ | ダークネス単行本6巻&OVA2巻の美柑ちゃん~文句なしの表紙~ »

2012年12月15日 (土)

豊鉄全駅下車の旅(渥美線編)

13日は午前中に制覇した市内線に続いて、
午後は渥美線を全駅下車していきました。

Dscf8893

◎新豊橋

Dscf8755

1面2線の有人駅。

JR豊橋駅に隣接する形で駅舎とホームがあります。
ホームには常に列車が停泊しており、
ホーム上で待つことなく
始発列車に乗車することが出来ます。

Dscf8761

◎柳生橋

Dscf8767

1面1線の無人駅。

今年9月に新しくできたクリニックとコンビニが
駅と直結しています。

◎小池

Dscf8778

2面2線の無人駅。

出口は上下のホームにありますが、
券売機と待合室は上りホームのみです。

ここで最初の行き違いがあります。

Dscf8788

◎愛知大学前

Dscf8793

1面1線の有人駅。

愛知大学豊橋キャンパスに直結しており、
平日の朝夕(木、土曜日は朝のみ)には
田原側に設けられた臨時の改札口が開放されるようです。

ホームは屋根がうねってるのが特徴的です。

Dscf8797

◎南栄

Dscf8805

1面1線の有人駅。

ここで新豊橋を出てから初めて
キチンとした駅舎を拝めます。

ただ、駅の真ん前に大きな松が2本伸びており、
駅舎がちょっと目立ってないかも…

Dscf8808

ホームの向かい側には長い駐輪場があり、
利用客の多さが伺えます。

◎高師

Dscf8826

1面2線の有人駅。

渥美線の営業所や車庫があるため、
ここで乗務員が交代することや、
車両点検のため乗り換えを
余儀なくされることもあります。

Dscf8834

◎芦原

Dscf8851

2面2線の無人駅。

このあたりが住宅街とローカルな景色の分かれ目です。

そばに豊鉄建設があり、行った時にはちょうど
作業員の方が分岐器のメンテナンスをしていました。

Dscf8846

◎植田

Dscf8861

2面2線の無人駅。

なぜか「田」が濁りません。

周りには住宅がポツポツあるぐらいで
店とかは何も無いようなのどかなところです。

駅舎はありませんが両側のホームに待合室があり、
自販機やトイレも設置されてて何気に良心的です。

◎向ヶ丘

Dscf8872

1面1線の無人駅。

丘の方に団地は見えますが、
あまり住民が利用しているようには見えません。

◎大清水

Dscf8881

2面2線の有人駅。

芦原から向ヶ丘までとは打って変わって
駅周辺には商店や住宅がそこそこあります。

Dscf8884

駅舎には居酒屋が併設しており、
列車待ちの間にちょっと一杯できる感じです。

◎老津

Dscf8899

2面2線の無人駅。

下りホームの隣には資材置き場があり、
レール運搬用の車両が留置されていました。

大清水側の道路には桜並木があり、
春には列車と桜がセットで観れそうです。

Dscf8900

◎杉山

Dscf8916

2面2線の無人駅。

駅は無人ですが、駅前のたばこ屋さんで
乗車券の委託販売をしているようです。

反対の西側は田畑が広がっていて何も無いです。

Dscf8919

◎やぐま台

Dscf8927

1面1線の無人駅。

駅名のイメージどおり
南側には新興住宅地があるのですが、
利用客はあんまり居ない感じです。

対照的に北側はキャベツ畑が広がっていて
濃い緑が色鮮やかでした。

Dscf8926

◎豊島

Dscf8931

1面1線の無人駅。

付近に住宅はそこそこ建っていますが、
それ以外は特に何もないので書くことががが…

そういえば東京都の豊島区に豊島駅ってないですね。

◎神戸

Dscf8941

2面2線の無人駅。

駅舎はありませんが近くの国道に店が並び、
駅前ロータリーもあるため
利用客がそこそこ居そうな雰囲気なのですが、
どうやら渥美線で一番少ないようです。

◎三河田原

Dscf8947

2面3線の有人駅。

駅舎は城下町らしい造りになってますが、
中は一風変わってモダンな雰囲気です。

Dscf8954

3番ホームまでありますが、
使用されているのはほとんど
駅舎のある1番ホームだけのようです。

Dscf8952

高師までは豊橋の市街地や住宅街を進んでいきましたが、
芦原の手前で住宅街を抜けてからは田園風景が広がり
ローカル線らしい雰囲気を楽しむことが出来ました。

駅員が配属されているのも中間の駅では
愛知大学前、南栄、高師、大清水の4駅だけで、
これがJRだったら運行本数も
1時間に1、2本程度だろうと思うのですが、
朝から夜にかけてほぼ1時間に4本走らせており
かなり利便性が良いです。

あとは新型の車両を投入したり、
ガタガタの軌道を改良して
乗り心地が良くなったら言う事は無いのですが、
大幅な黒字を見込めるような沿線じゃないので、
資金的に厳しいのでしょうねえ…

でも通常では離合する機会がないのに
行き違い可能となっている駅がいくつかあるので、
本数の増発には対応できそうな感じです。

それからこの日は赤い車両がほとんどで、
それ以外だと黄色が1編成だけの運行だったので、
高師の車庫で見かけた緑や青色の車両も
走らせて欲しかったです。

某100万人を割った都市のモノレールみたいに
全部の車両を色違いにしたら、
撮影も楽しくなりそうですしね。

春には沿線に菜の花が咲き乱れるらしいので、
見ごろの時期にまた全線乗ってみようと思います。

Dscf8868

|

« 豊鉄全駅下車の旅(市内線編) | トップページ | ダークネス単行本6巻&OVA2巻の美柑ちゃん~文句なしの表紙~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 豊鉄全駅下車の旅(市内線編) | トップページ | ダークネス単行本6巻&OVA2巻の美柑ちゃん~文句なしの表紙~ »