« 差し放題の中京と逃げれば粘れる笠松 | トップページ | きららキャラット2013年3月号の感想 »

2013年1月27日 (日)

このまま終わるのが勿体ない放課後せんせーしょん!

Houkago_s_2

先月、アニメイトの新刊コーナーで
好みの表紙を見かけて

おっこれ可愛いな。作者は…庄名泉石?
どっかで聞いた事のあるような…
あ、夏ペルで恋ちゃんと透香を描いてる人か!
よし、じゃあ買お買お

ということで放課後せんせーしょん!の
1、2巻を購入してみました。

タイトルには放課後と付いていますが、
放課後に限らず授業中や休み時間、休日など
葵ちゃんを中心とした5人のヒロインたちが
ワイワイ楽しく過ごす日常を描いた
きらら系によくありがちな学園コメディです。

でも私がきららMAXを読んでいたら、
この作品は必ず目に留まっていたと思います。

そう確信できるほど当初の目論見どおり

庄名泉石先生の描く女の子たちが可愛すぎる!

では、ここで主要メンバー5人の紹介を。

◎須藤葵

本作の主人公というか主役と言うべき存在。

いつも話の起点となり主にトラブルなどを
巻き起こすお調子者ですが、
帰国子女のため英語が堪能だったり
スポーツも何でも出来る天才タイプです。

けれども見た目は低身長、ぺたんこの
いわゆるロリコンホイホイ体型なので、
頭をなでなでしたくなるオーラを放ってます。

◎麻丘樹英

葵が主役ならこちらはメインヒロイン
と言った感じのポジションか。

他の四人がほとんどボケに回っているので
1人でツッコミ役を背負っています。

特に葵にはいつも振り回されていますが、
だんだんとそれが快感になっているような気も…?

また、重度のシスコン兄貴が居て、
お兄さんに弁当を作ってもらう
珍しいタイプの妹キャラでもあります。

◎咲宮小桃

大食いとおっぱい担当です。

この2点だけで他に語る事も無いぐらい
とにかく食べることに執着しており、
それによって栄養が胸に行ってる感じです。

自分のプリンを勝手に食べられようものなら
普段のほんわかした雰囲気から一変して
鬼の形相と化してしまいます。

◎神原素直

名前のとおり素直な性格ではありますが、
人見知りで口数がちょっと少なかったり。

メンバーの中に馴染んでからは
だんだんと自分からも喋るようになって、
意外な内面を見せることもあります。

ちなみに私は素直ちゃんが一番好みのタイプです。

だって料理上手なんだもん!

やはりどの作品においても
家庭的な女の子には惹かれてしまいます。

◎ゆかり

いつの間にか仲間に加わっていた
謎の多い女の子です。苗字も謎のままです。

実家は神社なのにオカルト的なものが大好きで
たびたび怪しげな行動を取っています。

この5人プラスたまに現れる
吉川先生(2X歳・独身)も含めて、
女の子たちの可愛さを楽しめる作品だなぁ
と思って読んでいたのですが…

2巻で終わってしまうのかよ

まだキャラクターの性格や関係性を
膨らませる余地があるだけにとても残念でした。

でもいい最終回だったです。

次回作では是非とも

家庭的なタイプの妹キャラを出して欲しいです!

|

« 差し放題の中京と逃げれば粘れる笠松 | トップページ | きららキャラット2013年3月号の感想 »

コメント

おお~おもしろそうですね!!
私も読んでみようと思います。

投稿: starfield | 2013年1月27日 (日) 20時11分

>>starfieldさん
絵が好みであればきっと楽しめると思います♪

投稿: take23 | 2013年1月30日 (水) 12時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 差し放題の中京と逃げれば粘れる笠松 | トップページ | きららキャラット2013年3月号の感想 »