« 今回も愛が溢れまくっていた七森中♪ふぇすてぃばる | トップページ | 遠州鉄道全駅下車の旅 »

2013年2月26日 (火)

富士山の日に岳南鉄道全駅制覇してきました

先週の土曜日は七森中♪ふぇすてぃばるで
東京へ行く途中に吉原駅で下車して、
岳南鉄道に乗ってきました。

Dscf9088

昨年10月に富士市のホテルで宿泊する際、
吉原から吉原本町まで2駅乗っただけだったので
富士山がよく見れそうな冬の晴れた日を狙って、
今回は全線乗ってみることにしたのですが…

まずは豊橋から在来線で2時間半かけて吉原駅へ。

ここでJRから岳南鉄道に乗り換えるのですが、
日中のダイヤはおおむね1時間2本あるものの
間隔が20~40分とかなり変則的なので、
1駅1駅乗って降りてだと時間がかかるため、
ダイヤに合わせて駅間の短いところでは
歩いて次の駅まで進むことにしました。

■吉原

Dscf8969

1面2線の有人駅。

JRから乗り換える場合は改札口へ向かわず、
静岡側の跨線橋から行くのが便利です。

ここの駅だけ駅員さんが常駐しており、
切符売り場にはグッズ販売もあったりします。

■ジヤトコ前

Dscf8982

1面1線の無人駅。

ホームと線路が1本ずつで駅舎はなく、
入口に駅名標があるだけの寂しい造りです。

周辺にはそこそこいろんな店がありますが、
利用客はほとんど居ない感じです。

■吉原本町

Dscf8989

1面1線の有人駅(日中のみ)。

線路やホームに沿う形で駅舎が建てられており、
隣接する踏切とセットで撮影できます。

近くにはアーケード街があるので、
岳鉄沿線では一番利用が多いようです。

待合室は自販機が妙に充実していたり。

Dscf8996

■本吉原

Dscf9002

1面2線の無人駅。

入口に駅名標を掲げた建物はありますが、
駅舎ではなく通信室っぽいです。

ホームの裏には工場があって、
煙がモクモクと立ち昇っていました。

■岳南原田

Dscf9020

1面2線の無人駅(通勤通学時のみ有人)。

かつては貨物の取り扱いがあったようで、
構内は側線が何本かあって広くなっています。

また、駅舎にはお蕎麦屋さんが併設しています。

当日は富士山の日ということで
フジヤマフェスタが開催されており、
出店や乗馬体験、ステージイベントなどをやってました。

Dscf9021

■比奈

Dscf9035

1面2線の無人駅。

こちらも貨物用の側線が何本もありますが、
現在は使用されていないため
無人の構内はただただ広いだけの
寂しい雰囲気が漂っていました。

■岳南富士岡

Dscf9040

1面2線の無人駅(通勤通学時のみ友人)。

岳鉄の保線区や検修庫があり、
かつて岳鉄を走っていたと思われる
機関車や貨物列車も留置されているので、
待ち時間中も見どころが多いです。

Dscf9042

竹取物語の聖地ということで、
駅舎にはかぐや姫の壁画が施されています。

■須津

Dscf9056

1面2線の無人駅。

う~ん…これで「すど」とは読めないなあ…

このあたりからは周辺は住宅地になりますが、
駅の裏手には茶畑が広がっているので
とてものどかな場所です。

■神谷駅

Dscf9067

1面1線の無人駅。

住宅地のど真ん中にひっそりとホームだけ存在します。

駅の入口にはいろんな花が植えられているので、
全部咲き揃ったら見ごたえがありそうです。

また、吉原方は上り勾配のカーブがあり、
沿線屈指の撮影ポイントと言えるでしょう。

Dscf9069

■岳南江尾

Dscf9074

1面2線の無人駅。

終着駅ですが、周辺はマックスバリューぐらいしか
無さそうな雰囲気で利用客は疎らです。

かつては沼津まで延伸する計画があったようですが、
現在は民家が行く手を阻んでいます。

Dscf9071

すぐそばで東海道新幹線がオーバークロスしていますが、
ガードが高いため車両はほとんど見えなかったり。

岳南富士岡までの駅は工場が隣接しているところが
ほとんどってぐらい沿線は工場だらけで、
岳南原田-岳南富士岡の間では
かつては近くの工場からモノを運んでいた
貨物輸送を感じさせる光景がいくつもありました。

しかし今現在は旅客列車の収入のみで
赤字は避けられない状況となっており、
列車や駅の設備も更新もままないような感じで、
至るところで老朽化が目立っています。

でもそんな昭和の雰囲気を残しているところが
鉄道マニアにはたまらなかったりもしますが。

また、ここら一帯は海抜が非常に低い場所なので、
どの駅も構内に海抜を表示した看板が掲げられています。

ちなみに最も海抜が低い駅は岳南江尾でした。

Dscf9077

それから無人駅では駅の設備がほとんど無い代わりに、
自動販売機に運行情報が表示される
電光掲示板を組み込んでおり、
こういったサービスは面白いなって思いました。

Dscf9060

あと、吉原-岳南江尾間は片道350円と
やや高めの運賃設定なのですが、
一日乗車券だと休日400円(平日は700円)とかなり良心的で、
この日はかなり得をした気分になりました。

ただ、この日唯一残念だったのが…

Dscf9061

晴れてるのに富士山が全然見えないんですが

冬晴れでしかも富士山の日にやって来たというのに、
ガッカリにも程がある光景でした。

南の空はほとんど雲のない快晴ですし、
他の山も雲がかからず頂上まで見えていたのに
なんで富士山だけ…と嘆きたくもなりましたが、
標高が日本一とだけあって雲がかかりやすいのは
しょうがないと思うしかなかったです。

岳南鉄道は4月から社名が変わるらしいので、
今度は富士山がしっかり見れる日に
乗りに行こうと思います。

|

« 今回も愛が溢れまくっていた七森中♪ふぇすてぃばる | トップページ | 遠州鉄道全駅下車の旅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今回も愛が溢れまくっていた七森中♪ふぇすてぃばる | トップページ | 遠州鉄道全駅下車の旅 »