« 藤枝&静岡市内で桜の名所を巡りました | トップページ | きららキャラット2013年5月号の感想 »

2013年3月28日 (木)

2013NPBペナントレース順位予想

1週間ほど前まで開催されていた
ワールドベースボールクラシック(WBC)は
侍JAPANが準決勝でプエルトリコに敗れ
第3回で初めて優勝を逃しました。

準決勝の重盗を始めとする采配や試合内容など
数多くの批判的な報道がありましたが、
私はNPB所属選手のみでベスト4まで
勝ち上がったことを褒め称えたいです。

それに今回敗れたことで次回は打倒プエルトリコ、
また今回全勝優勝したドミニカとの対戦など
良い目標が出来て良かったとも思います。

山本監督、コーチ、ならびに選手の方々、
感動と興奮をありがとうございました。

さて、WBCに気を取られて
今年は全くオープン戦を見ておらず
戦力分析もロクに出来ておりませんが、
開幕が明日に迫ってしまったので
簡単にではありますが順位予想をしてみます。

■セントラルリーグ

1位 読売ジャイアンツ
2位 阪神タイガース
3位 東京ヤクルトスワローズ
4位 広島東洋カープ
5位 中日ドラゴンズ
6位 横浜DeNAベイスターズ

今年も巨人が1強なんじゃないの(ホジホジ

唯一の不安はWBCに最多の7名を輩出してるところで、
それらの主力がWBCによる疲労からケガで離脱、
もしくは終盤で息切れする恐れがありますが、
それはWBCに出ていようがいまいが
どのチームの選手でもあり得ることですし、
多少の離脱程度なら層の厚さで補えるでしょう。

阪神は福留、西岡などの補強によって
打線に厚みが増したものの、
藤川不在で終盤の戦い方に不安が。

また、期待の新人藤浪も未知数ですし、
ハマれば巨人を上回る戦力を擁していますが、
去年のように大ゴケする可能性も…

ヤクルトは相変わらずケガ人続出で
ベストメンバーが揃いにくい状況のようですが、
今年も小川采配でしたたかにCS争いを勝ち抜きそうです。

カープは投手力こそ十分にAクラスなのですが、
開幕から栗原、東出を欠いた状態で
今年も貧打にあえぐことになるんじゃないかと。

中日は外国人を3人も放出した上に、
浅尾が選手生命の危機すら感じる状態で
オープン戦最下位の額面どおり
今年はBクラスに落ちそうな予感がしています。

横浜は…まあ、最下位脱出がんばって下さい。

■パシフィックリーグ

1位 埼玉西武ライオンズ
2位 北海道日本ハムファイターズ
3位 福岡ソフトバンクホークス
4位 千葉ロッテマリーンズ
5位 東北楽天ゴールデンイーグルス
6位 オリックス・バファローズ

1~3位、4~6位は迷いましたが、
上位と下位は去年と変わらない気がします。

西武は昨年の後半から中継ぎが安定してきましたし、
抑えにサファテを加えたことで涌井が先発に戻り、
投手陣はだいぶ安定感が増しそうです。

中島が居なくなっておかわりが開幕不在の打線も
若い力で何とか乗り切るんじゃないかな(適当)

日ハムは糸井を放出してしまいましたが、
中田がWBCを経たことで一皮剥けそうですし、
二刀流の大谷がどこまで通用するのかなど
不安もありますがいろんな期待が持てるチームです。

ホークスは小久保が引退してしまった事で
誰がチームを引っ張っていけるのか?
やっぱり内川か?でもまだ3年目だしなあ…

馬原も居なくなりましたし、
以前のような簡単に優勝争いできる
チームじゃなくなったような気がします。

ロッテは真面目にやればAクラスを狙える
戦力は有しているはずなのですが、
昨年を見てのとおり持続力がないので
今年も最終的には下から数えた方が
早い順位に落ち着きそうです。

楽天はオープン戦の内容からか
やたらと前評判が高いようですが、
開幕投手にドラ2の新人を起用する時点で
先発陣揃ってなさすぎだろうと思ってしまうので、
Aクラス入りしそうなイメージが持てないです。

オリックスはエースの金子が
シーズン通してフル回転できれば
CS争いに加わってもおかしくなさそうですが…

こんな感じでかなり当てずっぽな予想で、
特にパリーグなんてどう転がるか全くわからないので
予想外の結果になる気がしてしょうがないのですが、
試合が面白くなればそれはそれでいいかなって思います。

あ、試合が面白くなると言えば今年のオープン戦は
去年よりもホームラン数が格段に増えたみたいですね。

ここ2年ほど統一球によってロースコアのゲームが
投手戦ではなく貧打線と揶揄されるぐらい
投高打低が顕著になっていましたが、
3年目の今年はいいかげん打者も球に慣れて
ホームランや長打でスカッと点を取るような
魅力あふれる試合が増えて欲しいものです。

|

« 藤枝&静岡市内で桜の名所を巡りました | トップページ | きららキャラット2013年5月号の感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 藤枝&静岡市内で桜の名所を巡りました | トップページ | きららキャラット2013年5月号の感想 »