« 先週末に行った路線やイベントあれこれ | トップページ | 藤枝&静岡市内で桜の名所を巡りました »

2013年3月25日 (月)

観客の声援が温かくて感動を共有できた高松宮記念

昨日は中京競馬場に高松宮記念を観に行ってきました。

Dscf9925

ホントは新装してから初となった
昨年のレースを見たかったのですが、
引越しの日を被らせてしまいやむなく断念。

そんなわけで今年は何としてもの想いで、
夜勤明けで疲れ切った体をお風呂でリセットさせて
豊橋から豊明へ向かいました。

現地に到着したのは12時半ごろ。

Dscf9831

この日は中京競馬場前駅に特急も停車するので
予定より20分ほど早く着くことが出来ました。

ちょうど6Rのパドックをやっている最中だったので
駅前のコンビニで買ったからあげとポテトを
モグモグパクパクしながらのんびり眺めていました。

Dscf9835

当初は雨予報だった週間天気がウソのように
青空が見えていて、いいひなたぼっこにも。

馬券の購入は7Rから。

7番のシャイニーが休み明け&プラス20kgで
数字の上では怪しかったのですが、
パドックでは太め感なく元気いっぱいだったので
自分が間近で見た目を信じて
この馬から単勝と馬単を買ったら幸先よく的中♪

Dscf9848

ただ、中京に行くといつも一発目に当ててから
その後が…だったりするのですが。

続く8Rはパドックで外めを周回してて
体を大きく見せていたバルダメンテと、
その前を歩く同枠のトーセンブリッツも
発汗が目立つもののやる気満々の雰囲気で、
この2頭を軸に枠連勝負と行きました。

直線では2頭が並ぶように
先頭に躍り出そうな勢いだったので、
よっしゃ!と思っていたのですが、
坂を上がってから2頭ともパッタリ…

9Rはハンデ戦でかなり難解な一戦。

パドックで見た印象と中京の実績から
シェルエメールにまず目が行ったのですが、
新聞の寸評がイマイチで信頼に乏しかったので
人気の一角であるレディオブパーシャに
騎乗するユタカさん(44)を信じてみることに。

レースではいい感じで外を回ってきたのですが、
直線では伸びそうで全然伸びないまま着外となり
ユタカさん追えなくなったなあ…
と衰えを感じてしまいました。

一方でシェルエメールは
直線で凄い伸びを見せて2着に食い込み、
新聞の寸評を気にして
自分の目を疑ったことを後悔しました。

9Rが終わったらすぐにパドックへ向かい
高松宮記念の出走馬が出てくるまで
ずっと張り付いておくことに。

そんなわけで10Rはスルーして
その間に高松宮記念の予想を固めていると
10Rの出走馬が出払った後に優勝レイがお目見え。

Dscf9861

風が吹くとレイが煽られて倒れそうになってました。

それから10分ほど経つと
いよいよ高松宮記念の出走馬がパドックに登場。

今や「世界の」が枕詞となった
ロードカナロアを中心にほぼ全頭を撮りました。

Dscf9916

ロードカナロアは言うまでもなく
王者の風格漂う文句なしの雰囲気でしたが、
それに負けず劣らずだったのがドリームバレンチノで、
陣営から打倒カナロアの意気込みが伝わってくるほど
青毛がこれ以上になくピカピカで見惚れました。

また、サンカルロも究極の仕上げを施されて
アドレナリンが出まくってる雰囲気だったので、
馬券はカナロアを頭に相手をバレンチノ、サンカルロ、
それから同厩舎のダッシャーの3頭に固定し、
紐にマジン、スギノ、ツルマルを加えた
3連単のフォーメーションを買いました。

馬券を買ったら眺めの良い2階席からレースを見ること。

Dscf9935

本馬場入場では誘導馬が登場した時に
スタンドから拍手が湧き起こり、
ロードカナロアなどの有力馬が登場すると
温かい声援が飛んでいました。

また、ハクサンムーンが馬場入りしてから
ダートコースで立ち止まったまま
なかなか動こうとしない様子を見たら
スイープトウショウを思い出したりも。

全馬が入場した後にようやく
ハクサンムーンも返し馬に入って
これまた温かい拍手が湧き起こり、
レースが始まる前からすでにちょっと感動。

高松宮記念の前にはマーチSの実況があり、
逃げ込みをはかるバーディバーディに
最後グランドシチーが強襲を仕掛ける
白熱したレースを繰り広げ、
スタンド全体で一喜一憂する様子が面白かったです。

そして、いよいよ高松宮記念の発走時刻。

生ファンファーレと手拍子で興奮が高まりつつ、
向こう正面から全馬スタート。

が、サンカルロが出負けしてカナロアは立ち遅れ、
少し嫌な予感がする序盤に。

外枠に先行馬が揃って激流になるのかと思いきや、
逃げるハクサンムーンの前半600mが34.3と
スプリントGⅠにしてはかなり遅いペース。

↓以下、直線の実況を再現

おいおいペース遅いぞカナロア大丈夫か? 

よし、(馬場の)真ん中ちょうどいいとこ来た! 

岩田(間を)割って来い!

ダッシャーも(一緒に)来い! 

差せ差せ!そのまま差せ! 

よしバレンチノも来た!げ、ゴスペルおる

カナロアあああああああああああ

ああああああああハクサンムーン

買ってねえええええええよおおお…

はい、馬券は外しました。

でも、その後ウイニングランで
岩田が例のポーズを取って岩田コールが起こり
スタンド一体になって大盛り上がり。

この光景を生で見られただけでも大満足でした。

Dscf9956

今回初めて中京のGⅠ開催日に来て
いつも以上の人出で馬券売り場は人でゴッタ返し、
パドックやレースも見やすい場所を
なかなか確保できませんでしたが、
高松宮記念の本馬場入場やファンファーレ、
そしてウイニングランで、
中京のお客さん達の温かい拍手と声援が起こり、
年に1度のGⅠ開催だからこそ
みんな高松宮記念が心の底から好きなんだなって
気持ちを感じることが出来て、
これまで生観戦してきたGⅠの中で
一番心が温まりました。

中京の盛り上がりを体験をしたことで、
地方競馬のJBC競争や競艇のSGのように
JRAでもGⅠをローカルで持ち回り開催すれば、
開催地の競馬ファンが温かく迎え入れて
盛り上げてくれると思うので、
どれか1つでもいいから
そういう競争を作って欲しいと思いました。

|

« 先週末に行った路線やイベントあれこれ | トップページ | 藤枝&静岡市内で桜の名所を巡りました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 先週末に行った路線やイベントあれこれ | トップページ | 藤枝&静岡市内で桜の名所を巡りました »