« 能登半島&高山で桜の名所めぐり | トップページ | 高山・奥飛騨で氷菓の舞台探訪してきた »

2013年4月22日 (月)

ダークネス番外編の美柑ちゃん07~現実が夢を超えた瞬間~

毎月発売されるSQ本誌はともかくとして、
隔月のSQ19はどうも存在を忘れがちになって
今回も購入が遅れてしまう事に。

そんな状態で事前に何の情報も得てないまま
アニメイトでSQ19を買いに行ったら…

…………………は??

にわかに信じがたい光景を目撃し、
脳まで思考が追いつくのに数秒要すことに。

その場でちゅっちゅしたくなる衝動を抑えながら
レジへ持って行き、店を出たところでようやく
脳が状況を理解し始めました。

美柑が単独で表紙ってマジかよ!?

前号のSQ19でヤミちゃん、
今月のSQ本誌でモモが単独で描かれていた時も
やっぱこの2人はダークネスのメインヒロインだし
こういう扱いにもなるよねぇ~と思うだけで、
あー美柑も単独で描かれて欲しいなあ~などという
贅沢な事は露ほども考えてませんでした。

そんな夢にも見なかったことが現実に起こり、
家に帰るまで何度も表紙をチラチラ見て

これ本当に美柑だよな?美柑だよね?

と、疑いの目を向けつつ
湧きあがる興奮と緩む顔を抑えながら
いそいそと帰宅してソッコー歯磨きをして、

んっ……………………ふぅ…

これまでにも他のキャラクターとなら
描かれる事は何度かありましたが、
美柑が単独という事で何の気兼ねもなく
思う存分表紙にちゅっちゅ出来ました。

小悪魔感あふれる笑みに両肩を見せる色っぽさ、
眩しいばかりの太ももにリボン付きの白ニーソ、
さらには上着にも大きめのリボンが付いており、

このままお姫様抱っこして

お持ち帰りしたい

そう思わずにはいられないぐらい
美柑の全身から溢れまくってる魅力で、
瞳孔開きっぱなし視線は釘付けに、
心臓はきゅんきゅんトキメキパラダイス、
脳はオレンジ色に染め上がりました。

はぁ…黒猫みたいに抱かれるのもいいけど、
やっぱり美柑を優しく包みこんで
そのぬくもり、柔らかさ、匂いを感じたいです。

さて、そんなわけで表紙に心を奪われて
本編がオマケみたいに見えてしまいましたが、
美柑もちょっと出ているし一応感想を。

ララの吹きだしで上半身隠れてしまってるじゃん…

表紙とは対照的に最初のページでいきなり
ゆるゆりの主人公なみに不憫な扱いになってて
一気に現実へ引き戻された気分に。

まさか出番これだけで終わるまいな?
と、不安に思っていたら
2ページ後にちゃんとした姿が。

って、またアイス食っとるんかーい

何だか近ごろ番外編で出てくるたびに
アイスを食べているような…

いくらダークネスの世界が常夏とはいえ、
美柑のお腹の具合が心配になってしまいます。

今回はうっかり携帯を踏んで壊したリトのために
ララが魔改造を加えて直してあげるのですが、
唯との通話が途中で切れてしまったので、
ちゃんと使えるのかどうか試してみようと
美柑がさりげなくアドバイス。

いやいや待て待て待て待て

美柑の携帯にはかけないでくれ

そう思っていたらすかさず淫Pが
生贄になってくれたのでホッとしました。

あ、美柑もホッとしてる

高感度ボイス搭載でリトの声を聴くだけで
体が敏感に反応してしまうという事情を知り
巻き添えを食らわなかった美柑も一安心。

モモちゃんも愛しのリトくんの声で
気持ち良くなったしwin-winだね(ニッコリ

あとアイスを食べ終えてるところが
描かれたのって何気にこれが初めてっすね。

是非そのアイス棒ください!!

代わりに私の棒を

やっぱり美柑は数コマぐらいの登場が
エロぶるにも巻き込まれにくい立ち位置で
一番精神衛生上よろしいです。

|

« 能登半島&高山で桜の名所めぐり | トップページ | 高山・奥飛騨で氷菓の舞台探訪してきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 能登半島&高山で桜の名所めぐり | トップページ | 高山・奥飛騨で氷菓の舞台探訪してきた »