« きららキャラット2013年6月号の感想 | トップページ | 今期(2013年4~6月)見てるアニメ »

2013年4月30日 (火)

名古屋競馬場でかきつばた記念を観てきました

昨日は8年ぶり2度目の名古屋競馬場へ。

Dscf2959

ただ、前回は非開催日に場外馬券を買っただけなので、
(サカラートが勝った2005年の日本テレビ盃)
開催日に来るのはこれが初めてです。

現地に到着したのは14時ごろ。

Dscf2973

すでに半分の5Rが終わっており、
6Rのパドックもジョッキーが騎乗してて
あっという間に馬場入りしてしまったため、
6Rの馬券はスルーして
ひとまず場内を回ってみることに。

入場門を入った左右には飲食店が並んでおり、
どの店もそこそこ賑わっている様子でした。

Dscf2969

パドックは入場門からだと左奥にあり、
スタンド側はL字型で屋根が付いています。

Dscf2972

また、馬体重は手作業で張り替えており、
地方競馬ならではのところを感じました。

Dscf2992

馬場の方へ出てみると
スタンドまでわりと奥行きがあって広々としており、
交流重賞開催日の祝日で人が多いながらも
レース中そんなに人でゴチャゴチャする感じに
ならないのが良かったです。

Dscf2980

Dscf2978_2

Dscf2977

そんな感じでいろいろ見て回っていたら
いつの間にか6レースがスタートし、
人気の2頭が3着以下に4秒もの大差をつける
マッチレースを披露して
馬券を買ってなくても熱くなりました。

7レースからは馬券を買うため、
予想紙を片手にパドックでじっくり観察。

人気はJRAからの転厩初戦となった前走で
勝利してるマヤノフォルゴーレで、
芦毛ながらも馬格はさすがの一言でしたが、
黒鹿毛がピカピカに輝いてる
リュドゥラペも気になりました。

Dscf2986

ただ、かなりの気性難で厩務員さんも
かなり手をこまねいていました。

レースはマヤノフォルゴーレが
単勝1.1倍の人気どおり圧勝し、
リュドゥラペも3着に来てくれたおかげで
3連単ゲットとなったのですが、
200円買うつもりがマークシートを塗り間違えて
100円で書いてめんどくてそのままにしていたら、
安めの配当でガミってしまうことに…

8レースからはBクラスとなって
Cクラスよりも良く見える馬が増えましたが、
やたらと行きたい馬が多いため
人気でも展開が向きそうな
オリオンローザから攻めることに。

Dscf2999

Dscf3001

レースは予想通りハナ争いで序盤でゴチャついた分、
逃げた2番人気のヒラボクローレルが直線で失速し、
◎オリオンローザと○ポケットピースが
差してくる理想的な結果に。

今度は間違えずにマークシートを塗ったので、
3連単もしっかり200円分ゲットできました。

9レースは休み明けの馬以外は
近走が不振気味という少し難解な一戦。

Dscf3006

とりあえず休み明けでもデキが良さそうな
マルヨフレンドリーを信用するとしても、
他はどれも2頭軸の相手にする
信頼度が足りなかったので、
単騎で行けそうなフィッシャーガールと
一番崩れにくそうなルレーヴドメールの2頭で
点数は増えるものの二段構えの買い方に。

Dscf3010

そしたらレースではマルヨフレンドリーに続いて
この2頭が2、3着に来てくれたので
よっしゃドンピシャや!と思っていたのですが…

Dscf3064

なーんでまたマークシートをミスってんだよ…

配当が意外と安めだったのと
10レースでも希望のある組み合わせが
いくつかあったのでしゃーないと思いましたが、
買う前にマークシートの塗りを
しっかり確認をするべきだと改めて思いました。

さて、最後はメインレースのかきつばた記念。

Dscf3037

お目当ては何と言っても交流重賞初挑戦で
悲願の重賞制覇を期待してしまうダノンカモン。

ティアップワイルド、ダイショウジェット、
セレスハントなど短距離の交流重賞で
お馴染みのJRA所属メンバーや、
サイモンロード、コスモワッチミーといった
虎視眈々と上位を伺える地方馬も居て、
パドックで間近で見れるだけで
楽しくてしょうがなかったです。

Dscf3021

Dscf3029

Dscf3024

Dscf3033

Dscf3034

パドックで騎乗命令がかかると
池江泰寿先生の登場で場内が少しザワつく場面も。

Dscf3043

ダノンカモンが馬場入りするまで付きっきりな姿を見て、
本馬に対する愛情と今回の交流重賞初挑戦に対する
本気度を感じたので馬券はダノンカモン1着固定で勝負。

レースでは馬場が合わないためか
スタートしてからの行きっぷりの悪く、
川田が押しまくっても中団のダノンカモン。

それに対して地元のサイモンロードは
あっさりハナを奪って自分の展開に持ち込み、
ティアップワイルドも絶好の2番手ピッタリにつけ、
やっぱ慣れって大事だなって思いました。

最後の直線では逃げ込みを図るサイモンロードを
ティアップワイルドがアッサリ交わして勝利。

2着はサイモンロードがそのまま残るかと思いきや、
4コーナーまでずっと中団でもがいていたダノンカモンが
残り100mでようやく地方の砂の走り方がわかったような
豪脚を見せて2着に食い込んできました。

ダノンカモンも馬券も敗れはしましたが、
今後のメドが立つ走りが見られたのは良かったです。

結局9レースの買い間違えが響いて
この日の馬券はマイナス収支となってしまいましたが、
笠松と同じくクラス分けでメンバーの力関係が
新聞にわかりやすく掲載されており、
パドックで馬体を見ながらの予想が結構楽しかったです。

また、名古屋競馬場のアクセスは
あおなみ線の方が圧倒的に便利なのですが、
この日はドニチエコきっぷを買っていて
名古屋市交通局の地下鉄とバスが乗り放題だったので、
名港線の東海通駅で降りてそこからバスで来ました。

これなら栄とか大須にも行けるので
かなりお得感があったのですが、
よくよく考えたら開催日はほとんど平日なので、
この手法はあまり使えないですね…

ともあれ、時間と軍資金があれば
近いうちにまた来てみたいと思えるぐらい
競馬を楽しむことが出来ました。

|

« きららキャラット2013年6月号の感想 | トップページ | 今期(2013年4~6月)見てるアニメ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きららキャラット2013年6月号の感想 | トップページ | 今期(2013年4~6月)見てるアニメ »