« Twitterを初めてから5年が経ちました | トップページ | 初めてナゴヤドームに行ってきた »

2013年5月26日 (日)

第80回東京優駿の予想

ブエナビスタとレッドディザイアが引退して
昨年あたりから競馬への興味がめっきり薄れてしまい
GⅠすら買わない事も増えてしまいましたが、
それでもやっぱりダービーだけは特別ってことで
久しぶりに予想する気満々になりました。

◎キズナ

強敵相手となったラジオ日経や弥生賞では
ライバルに後れを取る負け方になっていますが、
後方一気を確立した毎日杯と京都新聞杯では
鮮やかな差し切りで連勝。

相手関係が劣るとはいえいずれも先行有利の流れで
一頭だけ別次元の競馬をしており、
力の違いを感じさせました。

特に京都新聞杯では計ったような差し切りで、
久しぶりに武豊のトライアル仕様の
乗り方を見たような気がしました。

距離がさらに延びる府中の直線で
ダービー4勝のジョッキーが
父以来となる勝利に導いてくれるでしょう。

○ロゴタイプ

デムーロ兄弟が騎乗してからは4連勝。

直線で早め先頭に立って押し切る王道の走りで
レコード勝ちを2度も収めています。

ただ、この勝ち方が府中の2400で出来るのか
って考えるとやや厳しいような気がします。

とはいえレーススタイルは最も安定しており、
キズナの相手として外すわけには
いかないので対抗にしました。

△エピファネイア

潜在能力は世代の中でもトップクラスですが、
ここ2戦とも早め先頭で負けており
府中に向いているとは思えない内容です。

オマケにダービーの福永ということで
本来なら消したいところでもありますが、
消したら来そうなのでヒモには入れておきます。
(チキンですまんな…)

△コディーノ

デビューから3連勝で世代No.1候補だった頃が
懐かしく思ってしまうほど、
朝日杯でロゴタイプに敗れて以降は3連敗で
すっかり鳴りを潜めてしまいました。

ノリからウィリアムスに替わったことで
一変の期待は多少持てますが、
ダービーはテン乗りで勝てないという
ジンクスもありますし、強くは推せないです。

△メイケイペガスター

ここ2戦は着外に沈んでおりますが、
若葉ステークスで行きたがったことを期に
前走は最後方ポツンから終いだけにかける
戦法で上がり最速をマーク。

今回も同じ乗り方で行くようなら、
キズナの差し切りに乗って
やってこれそうな予感がします。

血統的にも私の好きなフジキセキ産駒で、
母方ではウインアルエットの甥にもあたるので
頑張って欲しいところです。

△ヒラボクディープ

今年の青葉賞は低レベルとか言われていますが、
2年前にバリアシオンが10番人気の低評価を覆して
あわやの2着に来ていますし、
ダービーと同じ舞台を経験できるわけですから
どんな年でも青葉賞を勝った馬は侮れないです。

△タマモベストプレイ

フジキセキ×ホットプレイの最高傑作とも言える本馬。

上の兄姉たちはマイルまでに良績が集中しており、
この馬もクラシック路線を歩む上では
常に距離の不安がつきまとっていますが、
皐月賞では正攻法の競馬で
しっかり掲示板入りしていますし、
なにより血統的に好きな馬なので
応援の意味も込めてのヒモ買いです。

△ペプチドアマゾン

未勝利を脱出してからは長い距離を使われており、
ここよりも菊花賞で買いたいタイプですが
あえて先物買いしておきます。

母父トニービンなのがちょっと楽しみです。

馬券はキズナとロゴタイプの2頭軸で
印6頭(人気2頭だけ厚め)へ流す3連単と、
キズナから人気2頭を除いた4頭へ流す
ワイドを買うつもりです。

あとは馬体重の増減とパドックの気配次第で
多少買い方を変えるかもしれませんが、
本命と対抗だけはそのままで行きます。

今年で80回となる記念すべきレースで
再び競馬に熱中できるような
見ごたえあるレースになることを期待しています。

さて、これから中京競馬場へ行ってくるべ

|

« Twitterを初めてから5年が経ちました | トップページ | 初めてナゴヤドームに行ってきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Twitterを初めてから5年が経ちました | トップページ | 初めてナゴヤドームに行ってきた »