« 第80回東京優駿の予想 | トップページ | きららキャラット2013年7月号の感想 »

2013年5月30日 (木)

初めてナゴヤドームに行ってきた

昨日は交流戦の中日対ロッテを観るために
ナゴヤドームへ行ってきました。

Imag2144

昨シーズンはずっと行かないままだったので、
これが初めてのナゴヤドームです。

昼間に名古屋駅の近くでぶらぶらしてから
地下鉄で最寄りのナゴヤドーム前矢田駅で下車。

Imag2120

改札を出てからの地下通路には
ドラゴンズの歴史や選手紹介が貼られており、
長い道のりでも退屈をさせない仕様でした。

ただ、地下通路が終わってエスカレータに乗り
地上に出てからも通路がずっと続いており、
想像してた以上に駅から遠かったです。

Imag2121

そんなわけで10分以上かかってようやく到着。

Imag2122

大きさは東京ドームぐらいで、
ヤフオク!ドームよりは小さい感じでした。

試合開始までまだ1時間以上もあるので、
入場したら通路を一周してみることに。

Imag2131

45番ゲートのところに田島(背番号45)の
パネルが飾られているのが何か面白かったです。

一周してお腹も減ってきたし
今回が初めての来場という事で、
これまで悪評しか聞いたことがなかった
ナゴヤドームの球弁をあえて購入。

Imag2129

おかずはそこそこ美味しかったですけど、
メインのカレーピラフが微妙でした。

弁当箱はせっかくなので持って帰って洗って
小物入れにするつもりです。

そんな感じで時間を潰してから
スタンドに出て自分の座席へ向かいました。

ナゴドは全席指定で、チケットを買う時は
すでにビジター応援席が売り切れていたので、
なるべくビジター応援の近くになるような
レフト側の座席を指定したのですが、
そんな心配が杞憂すぎたほど
レフト側はほとんどマリーンズファンで
埋まっていたのでホッとしました。

てか、ナゴドのレフトを埋めるぐらいの数
いつもどこに隠れてるんだ…

ビジター用のユニに着替えたら、
スタメン発表やらチアのダンスやらを経て
あっという間に試合開始。

初回にまず角中のホームランでいきなり先制。

打った瞬間は外野の頭を越えてくれれば…
ぐらいで祈っていたのですが、
そのままスタンドインしてくれました。

今年の統一球は飛ぶようになったなぁ

しかし喜びも束の間、次の回にルナの
タイムリーが出て同点に追いつかれました。

その後も先発の阿部がいい当たりを打たれまくって
いつ炎上してもおかしくない雰囲気でしたが、
怪しくなったところで打球が正面だったり、
併殺になってくれたりと、ツキもありながら
2回以降は無失点で切り抜けてくれました。

一方で打線は4回に清田のホームランで勝ち越し。

これは打った瞬間に大きなレフトフライかと
思ったのですが、まさかのスタンドイン。

統一球変わったな(確信)

しかし、ホームラン以外では得点が出来ず
ランナーを出してもその後が続かない
いつものパターンに。

7回に大地のツーベースをキッカケに
バント→暴投で追加点が入ったものの、
結局タイムリーは出ないまま
2点差で9回のマウンドはいつものように益田が。

先頭の井端にいきなりヒットを打たれ、
ライトスタンドを中心に内野席も合わせて
中日ファンのボルテージはこの日最高潮になり、
すごーく嫌な雰囲気に。

続く森野には左中間に大きな飛球を打たれ
かなりドキっとしましたが荻野がキャッチ。

しかしルナにはストレートの四球で
一打同点の場面を作ってしまい、
和田の打席では狙い撃ちのチャンステーマで
何かもう負けそうな雰囲気に。

祈るような気持ちで1球1球に一喜一憂し、
ファールの連続で8球粘られた末に
またファールかと思った大きなフライを
荻野がフェンスギリギリでキャッチ。

最後は谷繁をライトフライに抑えて

よっしゃ勝ったああああああああ

ランナーを2人も出してアウトも全部
外野フライで冷や冷やものでしたが、
何とかゼロにしのいでくれて良かったです。

ヒーローインタビューは2勝目を挙げた阿部でしたが、
5回1失点で試合は作ってくれたものの
あまり褒められる内容ではなかったので、
個人的にはレフトフライを6度も刺殺した荻野を
この日のベストプレイヤーに挙げておきます。

打つ方ではノーヒットに終わりましたが、
四球で出塁した際には難なく盗塁を決めて
今年は膝の不安を感じさせないところを
改めて見せつけてくれました。

また、これまで荻野が入団してからの3年間は
荻野の出場機会と外野応援しに行く日が重ならず、
試合中に荻野の応援歌をやったことがなかったので、
昨日だけで3回も出来たのは凄く満足でした。

2011年の最終戦が終わった後に
全選手の応援メドレーで1回だけやった時は

これが最初で最後になるかも…

とすら思っていたので感無量です。

昨日も勝って4連勝で貯金を11に増やし、
2位とは3ゲーム差で首位をガッチリキープ。

しかし連勝の数だけ益田も連投しており、
この日も燃えそうな投球内容で先が思いやられます。

早く薮田と内が戻ってきてくれないだろうか…

打線の方は角中が戻ってきてくれて、
太ももの不安を感じさせない
全力疾走が見られてホッとしましたが、
その前を打つ根元が冷えてきて
得意の得点圏でも機能しなくなっているので、
そろそろ1番固定も潮時かなって思います。

今は投打がうまく噛み合っていて
気持ち悪いぐらい接戦をモノに出来ていますが、
いつその歯車がズレるかわからないので
まだまだポジれない日々が続きそうです。

|

« 第80回東京優駿の予想 | トップページ | きららキャラット2013年7月号の感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第80回東京優駿の予想 | トップページ | きららキャラット2013年7月号の感想 »