« To LOVEるダークネス第31話の感想~沙姫様の恋を応援し隊~ | トップページ | ゆゆ式の感想(きらら2013年6月号) »

2013年5月 9日 (木)

ゆゆ式とかいう神マンガ&神アニメ

すでにいくつかの記事でも
我慢できずに書いてしまっていますが、

只今、ゆゆ式に糞ハマり中です

アニメ1話を見終わった時点では
「思っていたよりも面白いな」程度だったのですが、
3話あたりから変なスイッチが入って
何度も繰り返し見てしまうようになり、
原作も試しに2巻まで買ってみたら

これがまたちょお面白いし!!

早く続巻を読みたい衝動が抑えきれなくなったので、
すぐに5巻まで揃えただけでなく、
久々にきらら本誌も買ってしまいました。

Imag2080

そんな感じでここ最近、
脳内占拠率が美柑に迫る勢いとなっている
ゆゆ式の原作、アニメそれぞれ
ハマってしまったポイントを挙げてみます。

■原作

すでに連載開始から5年が経過しており、
きらら本誌の中でもかなり古参の作品ですが、
4年前にけいおん!目当てで
きららを購読していた時は読み飛ばしていたので、
アニメ化の話を聞いた際も

あの時スルーした作品だし面白くなるのだろうか…

という不安の方が大きかったです。

なのでアニメは運良くハマることが出来たけど
どうせ原作は微妙なんじゃ…
と思ってしばらく手を出せずにいました。

けど、さすがにアニメのBD買うのに
原作を買わないのは不味いよなって事で
半信半疑で2巻まで買って読んでみたら、
アニメを見てキャラクターに
魅力を感じるようになったからか、
それともアニメによって作品のネタを
受け入れられるようになったおかげか、
アニメと同等なぐらいハマることが出来ました。

アニメがほぼ完全に原作準拠の構成なので
先にアニメで見た話も多かったですが、
もちろんアニメと違うところもあります。それは…

きらら作品にあるまじき下ネタ率の高さです。

まるでエロ親父のように唯にセクハラする
ゆずこ、それに便乗するゆかり。

アニメでカットされるのも納得な表現が
多々ありますが、私はこういうの大好物です。

また、作者の三上小又先生は
絶対お笑いが好きだろって確信できるぐらい
3人の会話が漫才だったりコントみたいな流れで
オチるところも随所に見られ、
単行本を1冊読み終えるたびに笑いすぎて
目尻に涙が浮かんでしまいました。

4年前にスルーしてた自分に喝を入れたいわ

■アニメ

話の順番はかなり前後していますが
ネタはほぼ原作準拠のため、
原作を読んでしまったら流れやオチがわかるし
面白く感じられなくなるかも?
と、懸念していたのですが…

ゆずこのるみるみボイスで飯が食える!!

ゆずこみたいに何の突拍子もなく
喜怒哀楽を爆発させるキャラは
見た目以上に演じるのが大変そうですが、
どのゆずこでも全然違和感がない声なので
るみるみの声優力の高さを改めて感じています。

それと唯ちゃんも声はまんま船見結衣ちゃんですが、
ゆるゆりの頃に比べたら美波ちゃんの声域も広がっており、
たまにボケ役に回った時に出すドスの利いた声で
おおっ…と笑うよりも感心してしまいました。

また、この手の4コマ漫画原作のアニメは
テンポや間の取り方次第で微妙になりがちですが、
どちらもしっかりしているので全く退屈しないです。

特に3話でシュノーケルをしゃぶり続けて
気分が悪くなって部屋を出たゆずこが
あっという間に復活するタイミングは絶妙で、
あそこであえて時間をかけずに
スピーディさでネタにもしてしまうところが
このアニメのテンポの良さを象徴しているようでした。

キャラデザも原作にかなり忠実ですし、
スタッフの作品に対する愛と情熱を感じます。

漫画では表現しきれない
アニメならではの細かい動きや、
俺得すぎる声優さん達による細かい演技など、
見るだけでなく聴くだけでも存分に楽しめる
素晴らしい出来のアニメです。

◎まとめ

原作は1巻の高校入学から
3巻の途中で2年生に進級していますが、
それ以降は季節が巡っても進級する様子は見られず、
作者も一番キャッキャウフフできる2年生が
ゆゆ式の作風に合ってると言ってるので、
しばらくは受験や卒業を気にすることなく
まったりとした日常描写を続けてくれそうです。

でも修学旅行の話は見てみたいかな。

一方でアニメもこのまま安定感抜群な
原作準拠の話を続けてもらいたいところですが、
かといって最終話までずっと日常風景を描き続ける
ってわけにもいかないでしょうから、
クライマックスに向けて
どうオリジナル要素を盛り込むかで
評価が大きく変動することになりそうです。

個人的な願望を言うならば、
唯とゆかりが仲良くなるエピソードを
原作やアニメ5話でやっているので、
唯&ゆかりとゆずこが仲良くなる
キッカケになった昔話をやって3人の絆を
再確認し合うみたいな終わり方だったら

ゆるゆりを余裕で越えるな

現時点でもゆるゆりに勝るとも劣らないぐらい
ハマってて生きがいの1つになりつつあるので、
アニメ2期が実現するよう円盤を買って
きらら本誌も毎月読んで感想書いて、
出来る限り応援し続けて行くつもりです。

あ、そういや今日きららの発売日だった…

|

« To LOVEるダークネス第31話の感想~沙姫様の恋を応援し隊~ | トップページ | ゆゆ式の感想(きらら2013年6月号) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« To LOVEるダークネス第31話の感想~沙姫様の恋を応援し隊~ | トップページ | ゆゆ式の感想(きらら2013年6月号) »