« ゆゆ式の感想(きらら2013年7月号) | トップページ | ダークネス番外編の美柑ちゃん08~自業自得?~ »

2013年6月16日 (日)

好きなアニメ声優ベスト50(2013年上半期)

いつも1月と7月にやってる二次元キャラと同じく
定期的に年2回やろうと思っていたのですが、
いろいろとタイミングを逃しまくって
前回から1年も経ってしまいました。

この1年もいろんなアニメを見て
それまで好きだった人をさらに好きになったり、
あまり注目してなかった人を一気に好きになったりで
順位も大きく変わることに。

その一方でエロゲはほとんどプレイしなくなったので、
今回からアニメ声優という括りのランキングにしました。

 1位 大久保瑠美(81プロデュース)
      野々原ゆずこ、吉川ちなつ、火鉢
 2位 喜多村英梨(Ability Soul Pro)
      涼月奏、川嶋亜美、美樹さやか
 3位 → 大坪由佳(EARLY WING)
      歳納京子、三枝わかば、暮井玉緒
 4位 伊瀬茉莉也(アクロス エンタテインメント)
      峰理子、宇佐美マサムネ、赤木瀬菜
 5位 三上枝織(青二プロダクション)
      赤座あかり、エアリィ・アーデット、グタタン
 6位 → 津田美波(青二プロダクション)
      船見結衣、櫟井唯、岡橋初瀬
 7位 → 清水愛(東京俳優生活協同組合)
      沢渡みつき、月村すずか、涼水玉青
 8位 ☆ 石原夏織(スタイルキューブ)
      鶴眞心乃枝、清水谷竜華、小豆梓
 9位 ☆ 赤﨑千夏(81プロデュース)
      丹生谷森夏、春咲千和、折部やすな
10位 寿美菜子(ミュージックレイン)
      西由宇子、琴吹紬、徳川千
11位 堀江由衣(VIMS)
      シエスタ、福路美穂子、赤座あかね
12位 ☆ 木戸衣吹(ホリプロ)
      姫小路秋子、リア・ハグリィ
13位 田村ゆかり(アイムエンタープライズ)
      夏川真涼、塔原明日葉、高町なのは
14位 生天目仁美(賢プロダクション)
      伊藤伸恵、沙織・バジーナ、桂雪路
15位 → 川澄綾子(大沢事務所)
      リタ・エインズワース、吉田一美、安藤まほろ
16位 茅野愛衣(プロ・フィット)
      冬海愛衣、橘勇魚、相川千穂
17位 ☆ 佐倉綾音(アイムエンタープライズ)
      神凪雅、蕪羅亭魔梨威、一色あかね
18位 釘宮理恵(アイムエンタープライズ)
      神埼・H・アリア、三千院ナギ、シャナ
19位 加藤英美里(81プロデュース)
      八九寺真宵、著莪あやめ、大室櫻子
20位 福原香織(エイベックス・プランニング&デペロップメント)
      富樫樟葉、天江衣、百木るん
21位 ☆ 藤田咲(アーツビジョン)
      伊波まひる、杉浦綾乃
22位 井口裕香(大沢事務所)
      阿良々木月火、水野楓、近衛スバル
23位 ☆ 種田梨沙(大沢事務所)
      渡辺早季、日向縁、遊井カオル
24位 竹達彩奈(アセンブルハート)
      高坂桐乃、国立凜香、石動美緒
25位 阿澄佳奈(81プロデュース)
      砂戸静香、ニャル子、近堂水琴
26位 高橋美佳子(アイムエンタープライズ)
      星伽白雪、西沢歩、レベッカ・アンダーソン
27位 小野涼子(ピアレスガーベラ)
      瀬名愛理、渚一葉
28位 こやまきみこ(フリー)
      北野ソーラ、久川まあち、マリアンヌ
29位 豊崎愛生(ミュージックレイン)
      モモ・べリア・デビルーク、押水菜子、永瀬伊織
30位 矢作紗友里(アイムエンタープライズ)
      姫神コダマ、西連寺春菜、柊ノア
31位 名塚佳織(フリー)
      三郷雫、古手川唯、リネット・ビショップ
32位 三森すずこ(響)
      古谷向日葵、園田海未、シャーロック・シェリンフォード
33位 伊藤かな恵(青二プロダクション)
      芹沢文乃、松前緒花、ナナ・アスタ・デビルーク
34位 悠木碧(プロ・フィット)
      鹿目まどか、高鴨穏乃、ライバるん
35位 ☆ 内田真礼(アイムエンタープライズ)
      小鳥遊六花、黒騎れい、散華礼弥
36位 植田佳奈(アイムエンタープライズ)
      愛沢咲夜、八神はやて、宮永咲
37位 松岡由貴(ぷろだくしょんバオバブ)
      鶴屋さん、春日歩、エイミィ・リミエッタ
38位 ☆ 東山奈央(アーツビジョン)
      夏川真那、新子憧、佐々木千穂
39位 ☆ 日高里菜(大沢事務所)
      北白川あんこ、綾野珪子、草薙静花
40位 野中藍(青二プロダクション)
      佐倉杏子、藤和女々、邪神たま
41位 大原さやか(東京俳優生活協同組合)
      アリシア・フローレンス、小鳥遊祐理、砂戸智子
42位 早見沙織(アイムエンタープライズ)
      新垣あやせ、沖田紗羽、結野嵐子
43位 柚木涼香(81プロデュース)
      エルルゥ、籾岡里紗、シャマル
44位 日笠陽子(アイムエンタープライズ)
      秋山澪、エリカ・ブランデッリ、篠ノ之箒
45位 斎藤桃子(フリー)
      小鳥遊なずな、野山美歩、東横桃子
46位 ☆ 小倉唯(スタイルキューブ)
      筒隠月子、袴田ひなた、園城寺怜
47位 ☆ 松来未祐(81プロデュース)
      ミストルーン・アウスグリム、鷺ノ宮伊澄、クー子
48位 伊藤静(賢プロダクション)
      桂ヒナギク、姫島朱野、ヴィルヘルミナ・カルメル
49位 米澤円(81プロデュース)
      平沢憂
50位 小清水亜美(アクセルワン)
      原村和、シャーロット・E・イェーガー、水谷衣楠

1位はこの1年で評価が上がりっぱなしのるみるみ。

昨年11月のゆるゆりんぴっくでは
メンバーの中で一番明るく楽しく振る舞っていて
そこで好感度がグーンと跳ね上がりました。

そして何といっても今期のゆゆ式では
野々原ゆずこ役として多彩な演技力を披露し、
毎回原作以上に楽しませてもらっています。

ゆゆ式で声優としてさらに評価されて、
主役級の仕事がどんどん舞い込んで欲しいものです。

2位はここ2年ずっとトップだった座を
明け渡す格好となってしまったキタエリ。

最近キタエリアニメ(主題歌やヒロイン)が
不足してて上がる要因が無かったせいで、
るみるみの上昇度に屈してしまった感じです。

それでも今週末には単独ライブに行く予定なので、
これをキッカケに再び熱が上昇して
トップに返り咲く可能性は大いにあります。

3位は前回と変わらずゆかちん。

ただ、七森中☆ごらく部の中では
一推しから2番手に下がってしまったため、
だいぶ熱が下がってしまった感じではあります。

特に前期アニメで最も期待していたビビオペが
俺修羅によって心を持って行かれて
円盤を購入する意欲が無くなり、
イベントに参加する気力さえも失ってしまいました。

今期も這いよるアニメに登場してはいますが、
ゆゆ式で脳みそがほとんど埋まってて
どうにも挽回できない状態です。

それでも2月の七森中ふぇすでは
ラストでいつもの号泣する姿が見られて
心はまだまだゆるゆりなんだなって思えたので、
7月のごらく部単独ライブで持ち直す可能性も…?

4位は七森中☆ごらく部の2人に抜かれた伊瀬ちゃん。

ここ最近、峰理子やシリア大塚のような
小悪魔ボイスのキャラクターに出会えてないのが残念です。

はがない(遊佐葵)や俺妹(赤木瀬奈)とかは
キャラクターの性格が好みからハズレているのが…

まあ、それでも伊瀬ちゃんの声を聴くだけで
結局はブヒってしまいますがね!

5位は前回(20位)から一気に上昇したみかしー。

ただ、1年前は七森中☆ごらく部の中で
みかしーだけ順位が低すぎたというか…

あれから這いよるアニメのオリキャラとして登場した
グタタンでみかしーボイスに目覚め、
七森中うたがっせんでお団子に魅せられ、
七森中☆ごらく部の中では
最も生で見る回数が多くなりました。

あとは赤座あかりちゃん以外で
糞ハマり出来るキャラクターに出会えれば
さらに上昇するんですけどねえ…

6位と7位は前回と変わらず。

美波ちゃんはごらく部の中では4番目となってしまいましたが、
全体では6位と相当好きな部類であるのに変わりはないですし、
ゆゆ式次第で巻き返す余地は多分にあります。

清水愛さんは最近アニメでこそ見かける機会が減りましたが、
Twitterで好感の持てるツイートをたびたび見かけるのが良いです。
またあの甘い声で小悪魔キャラを演じて欲しいです。

8位と9位は前回の圏外から急上昇した2人。

石原夏織ちゃんは中妹のムッツリスケベ委員長、
鶴眞心乃枝ちゃん役で一気に好きになりました。

ゆいかおりの「じゃない方」扱いされていますが、
私は声優としても歌手としても夏織ちゃんの方を応援します。

赤﨑千夏はキルミーではあまり注目しませんでしたが、
中二病の丹生谷森夏ちゃんから「おっ?」と思い始め、
俺修羅のチワワで「ああ、この声は中毒性ありますわ…」
と、深みにハマるようになりました。

また、丹生谷森夏ちゃんのキャラソンでは
彼女の二面性を見事に引き出しており、
今後さらに飛躍する可能性を大いに感じました。

10位は前回から5つ下がってしまった団地妻。
最近これといったキャラクターを
演じてないからね、しょうがないね。
でもスフィアの中ではダントツで一番好きです。

その他では12位の木戸衣吹ちゃん、
17位の佐倉綾音ちゃんが上位に入ってきました。

木戸衣吹ちゃんはあれがデビュー作とは思えないぐらい
おにあいの姫小路秋子ちゃんの演技が素晴らしかったです。
まだ15歳ですし将来が楽しみすぎる逸材です。

佐倉綾音ちゃんは昨夏のアニメからブレイク。
本人は結構なおっぱいをお持ちなのに、
演じるキャラクターは蒙古斑がお似合いな
幼児体型ばかりというギャップがタマンナイです。

また、あやねると同じく夢喰いm…ウッ、頭がっ!
16位のかやのんは前回とりあえずベスト50に入るかな?
って感じでとりあえず49位としていましたが、
俺修羅の愛衣ちゃん大勝利で一気に目が覚めました。

基本は冬海愛衣ちゃんみたいな声ですが、
たまに「えっ、これかやのんなの!?」ってキャラクターを
違和感なく演じるところが素晴らしいです。

このように自分好みのキャラクターを演じたのがキッカケで
その声優さんを一気に好きになる事が多い中で、
東山奈央ちゃんや日高里菜ちゃんみたいに
演じるキャラクターの傾向がわかりやすいタイプは、
それによって中の人のイメージも固まってきて
徐々に好きになっていくというパターンもあったりします。

あとはごらく部の上位独占が象徴してるように
生で見て評価が上がるってのもあります。
19位のえみりんや21位の咲ちゃんとかまさにそんな感じです。

声豚になったとはいえまだまだ声優さんの情報は
本人発信のモノよりもアニメから得ることが多いので、
今後の順位もアニメが大きく左右するのは間違いないでしょう。

来期は恋愛ラボで沼倉くんの評価が爆上がりしそうです。

|

« ゆゆ式の感想(きらら2013年7月号) | トップページ | ダークネス番外編の美柑ちゃん08~自業自得?~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゆゆ式の感想(きらら2013年7月号) | トップページ | ダークネス番外編の美柑ちゃん08~自業自得?~ »