« きららキャラット2013年7月号の感想 | トップページ | ゆゆ式BD1巻オーディオコメンタリーの感想 »

2013年6月 1日 (土)

ゆゆ式アニメBD1巻の感想

ついに待ちに待ったゆゆ式のBD&DVDが発売されました。

Imag2180

これまでにもアニメの円盤は何作か購入してきましたが、
発売日をこれほど楽しみにしていた作品は他にないです。

早くメインキャスト(特にるみるみ)の
コメンタリーが聴きたくてしょうがない

そんな期待どおり、いやそれ以上の内容だった
BD1巻の感想を書きたいところなのですが…

1つの記事じゃまとめられんねぇ

ってことで、オーディオコメンタリーと
特典CDの撮り下ろしラジオは別で記事にして、
まずはそれ以外の内容について書いて行きます。

ゆゆ式BD1巻オーディオコメンタリーの感想
撮り下ろしラジオCD「ゆゆ式放送部」#1の感想

●ジャケット

Imag2196

唯ちゃんにゆずことゆかりちゃんが双方から寄り添って、
OPのタイトルが出る直前のシーンを思い起こします。

ゆずこがさりげなく腹チラしてるところがポイント高いです。

裏表紙では三人が空だか雲だかわからないですが、
とにかく上をボーっと眺めており、
何気ない日常を描いたゆゆ式らしさを感じました。

また、背表紙にはゆずこの上に
ねえ唯ちゃん、ほっぺにチューしていい?
というセリフが書かれており、ゆゆ式を全く知らない人でも
思わず手に取ってしまいたくなりそうな仕様でした。

●ピクチャーレーベル

Imag2182_2

本編のBDはゆずこの目ん玉ドアップ。

眼球にちゅっちゅしたくなるわあ

今後もこんな感じで唯ちゃん、ゆかりちゃんと
描かれていくのでしょうが、
4巻以降はお母さん先生になるのか、
それとも相川さんら3人組になるのか気になるところです。

一方で特典のCDはでっかく「ゆ」と書かれており、

すごく…ゆ○ゆりっぽいです…

ディスクを取り出すと本編のネタが仕込まれており、
スタッフの遊び心が感じられます。

Imag2183

 

●特典映像 にゃにゃ式 予告編「猫ににゃりました」

いきなりネコ耳としっぽが付いてるゆずこが登場。

このままペットとして飼いたい

さらにはゆかりちゃんも同じ状態で登場。

てことはもちろん唯ちゃんも…

けれども今回は尻尾と耳の部分を見せるだけで終了。

こんな世界観のショートアニメが
これから続きモノで描かれるっぽいです。

●特製ブックレット

まずは収録話(第1話と第2話)のあらすじに加え、
ゆゆ式講座で豆知識がまとめられていました。

また、いつもホワイトボードに書かれている
今日のまとめを掲載しているのもありがたいです。

次のページではキャラクター紹介。

今回はゆずこでしたが、プロフィールが
誕生日(3月24日)、血液型(A型)、
その他で姉が一人いるとしか書かれてないのには
やや物足りなさを感じましたが、
原作で毎回細かいプロフィールを小出ししてるので、
それらを全部列挙するわけにもいきませんよね。

あと、ファッションチェックのモデルが
ゆずこではなくお母さん先生だったのが謎でした。

最後は監督、キャラデザ、プロデューサーの
3人によるスタッフインタビューが。

1話、2話それぞれの見どころでは
スタッフならではの視点からオススメを挙げており、
特に1話で初めて部活をやるシーンでは
時間の経過によって部室の色が変わる
背景に気付かされて目からウロコでした。

また、三上先生の「この子たちはお芝居をしてないんです」
という一言によって、ゆずこ、唯、ゆかりの会話が
芝居がかってるように見せないという苦労もあるそうです。

3人とも細かいところまで気を使って
アニメを制作している様子が感じられ、
メインキャスト3人と同じぐらい
作品に情熱を込めている気持ちが
ひしひしと伝わってきました。

どおりで神アニメになるわけだ

●エンドカード

第1話はAチャンネルでお馴染みの黒田bb先生。

太ももと腹チラがとてもエロいです。

同じきらら系でおっぱいネタの多い作者なので
三上先生とは気が合いそうです。

第2話はジブリ映画などで原画を担当した吉田健一先生。

三人が振り向いた先には一体何があるのだろうか…

わたし気になります!

●メインキャスト直筆コメント付き第1話複製台本

Imag2187_2

早期予約キャンペーンとして、
4月30日までに初回限定盤を予約していたら
もれなく付いてくる特典です。

メインキャストの3人を始め、三上先生、かおり監督が
台本に直筆でメッセージやコメントを書き込んでいます。

メインキャストの3人はオーディオコメンタリーでも
だいたい似たような発言をしていますが、
ここでは自分が演じるキャラクターを描いた
イラスト(特にるみるみはやたら多い)が見られますし、
原作者のアニメに対するツッコミもかなり貴重です。

かおり監督は制作で特に苦労したところをツッコんでおり、
これを読みながら1話を見ると
今まで気付かなかった点や面白さをいっぱい発見できて、
2話以降の台本も凄く欲しくなってしまいました。

◎まとめ

これは布教用でもう1巻買うべきだな

それぐらい誰かにオススメしたくて
しょうがなくなるほど充実の特典内容でした。

もちろん別記事で紹介するラジオCDや
オーディオコメンタリーを含んでのことですが、
すでに1話、2話は何十周しているにも関わらず
BDでまた何度も見てしまうぐらい
スタッフやキャストの制作裏話で
ゆゆ式の良さを再確認することができました。

1巻の時以上に2巻の発売が待ち遠しくなりました。

|

« きららキャラット2013年7月号の感想 | トップページ | ゆゆ式BD1巻オーディオコメンタリーの感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きららキャラット2013年7月号の感想 | トップページ | ゆゆ式BD1巻オーディオコメンタリーの感想 »