« ナゴドで中日対巨人の試合を観てきた | トップページ | ゆゆ式のキャラソンがぎっしり詰まった『いちげんめ!』の感想 »

2013年7月16日 (火)

前期(2013年4~6月)見てたアニメの感想

7月も半ばを過ぎて最速から数日遅れの愛知でも
夏アニメがほぼ出揃ってきました。

今期はなかなか面白い作品が多く
視聴本数もそれなりに多くなりそうなので、
早速語りたいところではありますが、
まずその前に春アニメの感想を書いておきます。

・俺の妹がこんなに可愛いわけがない
・這いよれ!ニャル子さんW
・はらたく魔王さま!
・ハヤテのごとく!Cuties
・変態王子と笑わない猫。
・やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。
・ゆゆ式

■俺の妹がこんなに可愛いわけがない

う~んこのシナリオ構成最悪や

なまじ原作を読んでいる分、
未読の作品に比べて粗が見えてしまうのもありますが、
それにしても期待値から程遠いデキで、
最終話を見終えてのガッカリ度は今期ワーストでした。

特に原作10巻で京介が一人暮らしをする話では
あやせたんがストーカー被害に遭うところが
ことごとくカットされており、
あやせたんが京介に告白するシーンの感動が
だいぶ薄まっているように見えました。

最終話も11巻を掻い摘んだような話で、
まだもっと伝えたい事はあるけど、
とりあえず1クール以内に終わらせました感が強く、
だったらテレビ放送13話+ネット配信3話とか
中途半端なことをせずに

最初から2クールで作ってくれよ

何でもかんでも原作準拠でそのまま作れば
いいってもんじゃないとは思いますが、
少なくとも根幹のストーリーは
原作の話をきちんと再現して欲しかったです。

■這いよれ!ニャル子さんW

昨年放送された1期は俺得声優ボイスやパロネタの応酬で
何度も繰り返し見るほどとても楽しめたのですが、
2期になって話がマンネリ化したせいもあり、
ほとんど流し見で終わってしまいました。

やっぱこの手のギャグアニメは1クールでお腹いっぱいですね。

■ハヤテのごとく!Cuties

4 話 が 神 回 す ぎ る ! !

もうその一言に尽きます。

咲夜回以外でも原作ファンにとっては
わりと満足度の高いデキだったように思います。

最後の2話を除いては…

■やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

3話で戸塚彩加きゅんが登場した時は

よっしゃ視聴意欲湧いてきたああああああ!!!

となって、それまでの流し見は改善されたのですが、
それ以降もサービスカットはちょこちょこあったものの
期待していたほど彩加きゅんの出番は無く、
女性ヒロイン達に彩加きゅんほどの魅力も無かったので、
だんだんとまた流し見傾向に逆戻りしてしまいました。

それでも主人公のネガティヴ思考には
共感できるところが多々ありましたし、
クラス内における派閥とかカースト制など
生々しいけどでもそれがいいってところもあったので、
もう一度しっかり見直せば再評価できる作品だと思います。

■変態王子と笑わない猫。

戦 犯 ツ イ ン テ ー ル ピ ン ク 

序盤はC.V.石原夏織ちゃんの小豆梓ちゃんで
今期覇権クラスにハマっていたのですが、
小豆ちゃんの出番が減少するとともにモチベが低下。

そしてピンクの登場以降は
猫神の呪いで展開がメチャクチャになって
話に全然付いて行けなくなりました。

これまで発売されるたびに買っていたコミカライズ版も
今後購読し続けるべきか非常に悩みます。

■はたらく魔王さま!

最初はタイトルからしてSFっぽいので
好みじゃないかもと思ってスルーしていたのですが、
ちーちゃんのおっぱいがスゴいとの噂を聞いて
3話から見てみることにしました。

そしたら当初のイメージとは裏腹に
キャラクターの設定はSFでありながらも、
舞台背景はコテコテの庶民派で、
日常系アニメが好きな私でも
すんなり世界観に溶け込めました。

■ゆゆ式

人生最高の神アニメここに降臨

もうすでにいくつかの記事で書いてあるので、
あまり多くは語りませんが、
最終話までノーイベントグッドライフな
究極の日常系アニメと呼ぶにふさわしい
何もないけど毎日が楽しい3人の姿を見て
こちらも楽しい気分にさせてもらいました。

かおり監督を始めアニメ制作スタッフ一同、
ならびにメインキャスト3人や声優さん達には
心よりお礼を申し上げたいです。

ゆゆ式を神アニメに仕立て上げていただいて

本当にありがとうございました!!

◎まとめ

ゆゆ式がベルモントSのセクレタリアトぐらい
他のアニメを圧倒する面白さで、
原作や円盤の購入はもちろん
録画視聴も毎日欠かさず見るほどハマり、
今や生活の一部になっているぐらいです。

神アニメに出会うのはとても幸せなことですが、
今期はそれと引き換えに同時期に放送されている
他のアニメが犠牲になるという典型的なパターンでした。

ゆゆ式ばっか見てるせいで消化が捗らなかったり、
ゆゆ式に比べると面白みが…だったりで、
感想を書こうにも酷評ばかりになってしまいました。

また、ゆゆ式にハマったことにより、
日常系アニメに陶酔する傾向がさらに強まったので、
今後はSFやファンタジーなどのストーリー系アニメを
最初から敬遠することになりそうです。

|

« ナゴドで中日対巨人の試合を観てきた | トップページ | ゆゆ式のキャラソンがぎっしり詰まった『いちげんめ!』の感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ナゴドで中日対巨人の試合を観てきた | トップページ | ゆゆ式のキャラソンがぎっしり詰まった『いちげんめ!』の感想 »