« 前期(2013年4~6月)見てたアニメの感想 | トップページ | ゆゆ式のアニメで使われた原作の話を調べてみた »

2013年7月18日 (木)

ゆゆ式のキャラソンがぎっしり詰まった『いちげんめ!』の感想

7月に入っても脳内ゆゆ式ブームは冷めるどころか、
いまだに夏アニメと並行して毎日見続けています。

特に夏真っ盛りな3話と12話の周回が捗ります。

そんな中、昨日はゆゆ式のキャラクターソング・アルバム
『いちげんめ!』の発売という事で、
限定版と通常版の2種類を購入してきました。

Imag2443_4

限定版の特典はノンクレジット映像などが入ったDVDと
メインキャスト3人やアニメの場面を切り取った生写真で、
通常版にはラバーストラップとマウスパッドが付いてました。

また、これらとは別にそれぞれB2ポスターも付いてくるという
大盤振る舞いで、CDを聴く前から満足するほどでした。

アルバムの収録内容は7人のキャラクターソングのほか、
ゆずこ達、あいちゃん達3人組のイメージソングなど
全20曲が入っており、こちらも凄まじい充実っぷりでした。

では、1曲ごとの感想を簡単に書いていきます。

1.せーのっ!(TVアニメOP主題歌)

言わずと知れたTVアニメのOPテーマ。

3人の明るく楽しい雰囲気が伝わる曲調でありながらも
長いようで短い高校生活の儚さ、切なさが伝わってきて
つい涙腺が緩んでしまいます。

2.ミラクルファンシー(ゆずこ、唯、縁)

せーのっ!から儚さと切なさを抜いて
とにかくポップで明るい曲になっています。

高校生活が終わってもずっと一緒な
3人の様子が思い浮かんできます。

3.トキドキまにまに(千穂、佳、ふみ)

ミラクルファンシーとは対照的に
こちらは切なさMAXな曲調に仕上がっており、
夕暮れ時に3人が並んで歩く姿が思い浮かびました。

4.これは由々しき事態です!(野々原ゆずこ)

普段はアホだけど根は真面目なゆずこの
二面性を表すかのようにサビとそれ以外の部分の
ギャップが激しい歌になってます。

5.ゆるぶらっといこう(日向縁)

実にゆかりちゃんらしい癒される歌詞とメロディで、
種ちゃんの透明感ある歌声が絶妙にマッチしてます。

6.friends(櫟井唯)

サビのリズムが90年代の歌っぽくて
その頃から歌謡曲の歴史がストップしている
自分にとっては聴きやすい曲調でした。

美波ちゃんの歌唱力についてはノーコメントで(オイ

7.見上げてみれば(相川千穂)

ゆかりちゃんのと同じぐらいメロディと歌声で癒されますし、
唯ちゃんに対するまっすぐな想いが伝わってきます。

8.おやすみの街(岡野佳)

普段のおかちーとは違ったカッコ良さが
前面に出てる曲調ですが、
歌詞が本当の気持ちだったとしたら

おかちーどんだけツンデレやねん!

とツッコミたくなりました。

9.私はそう感じた(長谷川ふみ)

普段のふみちゃんからは想像できない
明るいポップな曲調ですが、
清水茉菜ちゃんの歌唱力が安定しており
とても聴き心地の良い歌です。

10.そよかぜモノローグ(松本頼子)

ゆかりちゃん、あいちゃんに続く癒し系ソング第3弾。

お母さん先生がみんなを優しく温かく見守りながらも
自分もあの頃に戻ってみたいな…という羨望が
少し混じっているようなやや切なさも感じる歌でした。

11.セツナイロ(ゆずこ、唯、縁)

タイトルどおり切なさ全開の歌です。

この歌を聴きながら原作を読んだら
3人が楽しく笑っている描写でも泣けます。

夏の夕暮れ時に聴いたら涙腺大崩壊です。

12.そういうくらいの。(岡野佳)

『おやすみの街』とは打って変わって、
曲調も歌声も可愛らしい感じに仕上がっています。

特にサビのテンポが弾むような感じなのがいいです。

13.私達の絆(長谷川ふみ)

なんやこの名曲…

ふみちゃんのキャラソンは3つありますが、
これが一番ふみちゃんらしい歌声で、
ふみちゃんの秘められた内面が
一番伝わってくるわ~って思いました。

14.君の名前はギリの人(岡野佳)

非常にアップテンポな曲調で、
男勝りですぐキレるおかちーらしい歌です。

おかちーのキャラソンの中ではこれが一番好きです。

15.Lady go!!(長谷川ふみ)

とても女子高生っぽさが溢れた歌で、
ふみちゃんのキャラソン感はほぼ皆無です。

しかし清水茉菜ちゃん歌うめえな…

16.Affection(TVアニメED主題歌)

お馴染みのEDテーマ。

このアルバムを買ってAnother Infinityが
一体何者なのかようやく理解することが出来ました。

アニソンの歌い手にしてはずいぶん経歴が異色ですね。

17.せーのっ!(DJ UTO Remix)

EXIT TUNESの代表取締役社長自らが手がけたRemix。

ボカロっぽい曲でカッコ良く仕上がっており、
最後のせーのっ!連呼は思わず釣られてしまいました。

18.ミラクルファンシー(Ryu☆ Remix)

音楽ゲームを手掛けているRyu☆氏のRemixということで、
メロディもファミコン臭が漂っており、
オリジナルよりもコミカルさが増しています。

19.いーあるふぁんくらぶ(千穂、佳)

ボカロ曲はほとんど知らないので
この歌の元ネタもわからなかったのですが、
EXIT TUNESのCMで前々から気になってはいました。

で、今回を機にオリジナルも聴いてみましたが、
いいですね。歌詞は若干意味不明だけどリズムが。

歌い手をこの2人にしたのは
どちらも愛を伝えたい人が居るからなのかな…?

20.なんつって、つっちゃった(ゆずこ、唯、縁)

2話のアバンをそのままボーナストラックに。
でもやっぱりこれは映像付きの方が狂気が増しますわ。

◎まとめ

まさかハズレが一つも無いとはな…

ゆゆ式はOP、EDとも素晴らしいので
キャラソンの出来もかなり期待していました。

でも、こんだけ楽曲があればいくつかは
微妙なのがあってもしょうがないよね…
って思っていたのですが、どれも良い曲ばかりで

EXIT TUNESさん神すぎィ!

しかもこれで2,000円(通常版)は安すぎる!!

せーのっ!のCDを買った時にも思いましたが、
こんだけいい曲ばかりを詰め込んで
特典のグッズを付けた上で低価格販売とか、
これまでボカロに興味が無かった私でも
会社そのものが好きになっちゃいますよ。

今回をキッカケにゆゆ式以外のCDにも手を出したくなりました。
(でもこう思わせて購買層を拡げる戦略なのかも…?)

また、このキャラソンアルバムによって

清水茉菜ちゃんは歌唱力で推せる(確信)

これまで声優としての経歴はほとんどありませんが、
これをキッカケに誰かお偉いさんの耳に留まって
声優や歌のお仕事が増えてくれないかなあと思いました。

『にげんめ!』の発売も楽しみにしています!

|

« 前期(2013年4~6月)見てたアニメの感想 | トップページ | ゆゆ式のアニメで使われた原作の話を調べてみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 前期(2013年4~6月)見てたアニメの感想 | トップページ | ゆゆ式のアニメで使われた原作の話を調べてみた »