« 東海三県の鉄道のりつぶしの旅(1日目) | トップページ | ダークネス番外編の美柑ちゃん09~安定の説教役~ »

2013年8月18日 (日)

東海三県の鉄道のりつぶしの旅(2日目)

1日目の続きです。

翌日(8月17日)は再び豊橋から出発して
岐阜方面へ向かいました。

Dscf3589

◎愛知環状鉄道(岡崎-高蔵寺)

Dscf3525

愛知万博の時と万博のほとぼりが冷めた
3年前に乗って以来、3度目の乗車となりますが、
過去2回とも高蔵寺-八草間だけだったので、
岡崎から乗るのはこれが初めてです。

岡崎から新豊田まではずっと街中を走り続け、
全て立体交差で複線の区間もあったりして
第3セクターに乗ってる気が全然しませんでした。

新豊田から先でようやく田園風景が見られましたが、
複線化の2面4線を見越して造られている四郷駅など
名鉄知多新線のような持て余しっぷりでした。

◎明知鉄道(恵那-明知)

Dscf3534

高蔵寺から中央本線で恵那まで行って
明知鉄道に乗り換え。

のっけから急カーブや勾配ばかりで
森や山あいの中を40キロ前後のスピードで
のんびり進んで行きました。

Dscf3555

乗務員の方が降車する高齢者の荷物を
ステップから降ろしてあげたりするなど
列車というよりはバスに近い感覚で
地域に密着してるところを感じました。

終点の明知は街そのものが日本大正村という
観光地になっており、大正時代の雰囲気そのままの
建物や街並みで情緒が溢れていました。

Dscf3547

Dscf3550

◎太多線(多治見-美濃太田)

Dscf3560

恵那から中央本線で多治見まで戻って太多線に乗車。

すでに停車していたキハ11は
2両編成の席がほぼ埋まっていました。

非電化の路線ではありますが、
中央本線と高山本線のパイプ役を担っており、
ほぼ街中ばかりでローカル色の薄い景色でした。

軌道もしっかり整備されており、
カーブでも安定した走行だったです。

美濃太田に着いたら昼飯どころを探しに
駅前通りをブラブラ。

駅から歩いて10分ぐらいのところまで進みましたが、
これより先は特に何もなさそうだと思って引き返し、
駅から3分ほどのところにあるカレー屋さんに入りました。

Imag2599

店内にメニュー表が無く、メニューは
スパイシーチキンカレー1点というこだわりようで、
まろやかな味のカレールーに加え、
肉が舌でとろけるほど柔らかいチキンが絶品でした。

◎長良川鉄道(美濃太田-北濃)

再び美濃太田駅に戻ったら長良川鉄道に乗車
…する前にホームでこんなものを発見。

Imag2602

のうりんってこのへんが舞台だったのね

原作は読んでませんが、メインヒロインが
C.V.ゆかりんのGA文庫アニメなので
来年冬の放送はかなり期待しています。

気を取り直して列車に乗ると
1両編成の座席はほぼいっぱい。

美濃太田を出てからしばらくは
わりと住宅の多い平野を進んで行き、
イメージしていた景色とは少し違いました。

美濃市を過ぎたあたりから
ようやく路線名どおり長良川がお目見えし、
ここから何度も川を渡るたびに
綺麗に澄んだ水の流れを楽しむことが出来ました。

Imag2611

 

関、美濃市、郡上八幡、美濃白鳥といった
主要駅で多くの乗降があり、
終点の北濃に着く頃には
乗客がたったの2人になっていました。

Dscf3665

Dscf3663

北濃駅には転車台が保存されていたのですが、
日影に位置するところで底に水が溜まっていたので
蚊がやたら多かったのが…

次にもし行くことがあれば虫よけスプレーは
必須だなって思いました。

(オマケ)郡上八幡ぶらり旅

Dscf3584

長良川鉄道では途中の郡上八幡で下車して
2時間ほど街を散策してきました。

郡上八幡駅で降りると跨線橋が木造で
かなりの年代物だったです。

Dscf3581

乗って来た列車の停車時間が20分ぐらいあったので、
乗務員さんが列車に水を撒く場面も。

Dscf3585

とても絵になる光景でした。

街の中心を流れる吉田川は水がとても綺麗で、
鮎釣りや泳ぎを楽しむ人たちで賑わっていました。

Dscf3602

Dscf3608

私もせっかくなので足だけ川に入ってみることに。

水が冷たくてとても気持ち良かったのですが、
流れがとても速くて小石がどんどん当たってくるのが
やたらと気になりました。

川沿いの道を歩きながら街の中心まで来たら
次は郡上八幡城を目指して山道を登って行きました。

Dscf3619

車道とは別に歩行者用のショートカットできる
コースもありましたが、急な階段がしんどくて
途中からは無難に車道をうねうね登って行くことに。

城の入口まで着いたら入場料を払って城内へ。

Dscf3623

郡上八幡城の歴史や資料などを
一通り見回したら、天守閣へ登頂。

山のてっぺんにあるだけあって眺めが絶景でした。

Dscf3639

Dscf3642

城内に入って来る風もとても気持ち良くて
ここまで上ってきた甲斐を感じました。

城を後にしたら来た道とは違うルートを
通りながら駅まで戻りました。

Dscf3649

Dscf3651

川や城でほとんど時間を使ってしまい、
グルメや食玩見物が出来なかったので、
また来る機会を設けたいです。

今回の旅を経て岐阜県のJRと私鉄、
愛知県のJR路線は全て完乗となりました。

愛知県も近鉄を除けば
残りは地下鉄と城北線だけなので、
この2つは近いうちに乗りつぶす予定です。

一方で三重県はこれまでほとんど手つかずで
今回の三岐鉄道が実質初めての
県内めぐりみたいなものだったので、
まだまだ残りはいっぱいあります。

特に近鉄がやたらと張り巡らされているので、
秋に東京へ引越す前に何とか乗りつぶせるよう
近鉄が発売している週末フリーパスを
上手く活用して全て乗り切ろうと思います。

|

« 東海三県の鉄道のりつぶしの旅(1日目) | トップページ | ダークネス番外編の美柑ちゃん09~安定の説教役~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東海三県の鉄道のりつぶしの旅(1日目) | トップページ | ダークネス番外編の美柑ちゃん09~安定の説教役~ »