« きららキャラット2013年10月号の感想 | トップページ | 名古屋の地下鉄&ゆとりーと&城北線に乗って来た »

2013年8月30日 (金)

ゆゆ式アニメBD4巻の感想

Imag2669

8月27日に発売予定だったアニメ公式ガイドブックが
延期となってしまったのは残念ですが、
延びた分だけより良いものが出来上がるのだろうと
ポジティヴに受け止めておきます。

●ジャケット

Imag2671

今回はあいちゃん、おかちー、ふみおちゃんの3人。

背中にあいちゃんのおっぱいが潰れるほど当たってる
おかちーが羨ましすぎます。代わって下さい。

あいちゃんの谷間に食い込んでるネクタイも絶妙です。

背表紙は毎年チョコを作ってくれるあいちゃんのセリフ。

あいちゃんのおっぱい型チョコを作って欲し

12話ではアイス買いに行くのめんどくさがっていたので
私生活では不精なのかなって思っていましたが、
こういったイベント事にはマメな性格のようですね。

裏表紙は表を奪われてしまったメインの3人。

ゆずこが破魔矢で唯ちゃんのお尻の穴を狙っていますが、
もし実行したらただじゃ済まないだろうなあ…

そんな2人を見ている縁ちゃんの
両手を合わせて黒タイツを穿いた内股のポーズが
女子力高すぎて魅入ってしまいます。

さすがいいとこのお嬢様ですね!

●ピクチャーレーベル

Imag2673

眼球レーベルはあいちゃん。

染めてる頬まで入っているので、
これまでにない色気を感じる仕様になってます。

ディスクの下にはアニメ本編では
唯ちゃんに消されてしまった縁ちゃんのお値段が。

Imag2675

こうして見ると確かにもうアレにしか思えませんね…

●特製ブックレット

・収録話(第7話、第8話)のあらすじ

7話は唯ちゃんの絶対領域がタマりませんねぇ。
8話は求められなくて泣いちゃう縁ちゃんが
ペットみたいで可愛いです。

・ためになる?ゆゆ式講座

小さい頃に犬や猫の視界は
モノクロに見えるって聞いていたのですが、
実際はRの感度が弱いから
ほぼモノクロな感じで見えるんでしょうね。

水の致死量は10リットルからと言いますが、
夏場だと一日数リットルぐらい飲むので
飲みすぎるのがちょっと怖くなりました。

・キャラクタープロフィール

今回はお母さんとあいちゃん。

二人を並べるとやっぱりお母さんの方が
いろんな部分でボリュームがありますね。

でも、あいちゃんの方が柔らかそうです

・ゆゆ式ファッションチェック

お母さんの服装ってこんなにバリエーションあったのか…

ゆゆ式は四季折々の話が楽しめますが、
それに伴ってファッションの変化も飛んでいるので
見た目にも飽きない仕様ですね。

・アニメーション制作スタッフインタビュー

7、8話で一番の見どころはおかちーだそうで。

それまでメインの3人とは
直接の絡みはありませんでしたが、
8話で2年生に進級してまた同じクラスになったり、
唯ちゃんにコンビニで助けてもらったことを
キッカケに急接近することになります。

ただ、お近づきの印にあいちゃんの
おっぱいを提示するのはどうなのかと思いますが…

もちろん揉めるなら揉みたいけど

また、ゆゆ式はトイレ描写が多いという話もあり、
確かにそう言われると学校や櫟井家で
トイレに行くシーン結構あるなぁと気付かされました。

どおりで頻尿の私がドハマリするわけだわ

それから細かいところでは
7話でお正月に縁ちゃんが唯ちゃんの部屋へ来た時に、
脱いだコートを手渡しているシーン。

原作では脱いでるところまでしか描かれてませんが、
さらりと唯ちゃんに渡すことによって
二人がもう完全に彼氏彼女ような関係にしか
見えなくなってニヤニヤしてしまいました。

こういったスタッフのこぼれ話を知ることで、
ゆゆ式は4、50周見る程度では
まだまだ全てを把握しきれないなって
改めて感じました。

●特典映像 にゃにゃ式#3

今回はだるまさんが転んにゃ→せーにゃ!の流れ。

う、う~ん………

キネマスタッフの仕事ぶりは
手放しで褒めまくっている私ですが、
このコーナーに関してだけは
ノーコメントとさせていただきたいです。

●オーディオコメンタリー

いつものメイン3人に加え、
ゲストで清水茉菜ちゃんが登場。

ふみちゃんの声ってほぼ地声だったのね…

鼻づまりしてるのかな?
って思ってしまうような特徴的な声で、
雑談になると誰が何をしゃべってるのか
わかりにくくなるコメンタリーでも、
一人だけ異彩を放っていました。

それからメインの3人ともそれぞれが演じる
キャラクターに似ているところがあって
面白いなぁと思っていましたが、

茉菜ちゃんは群を抜いて
ふみちゃんソックリですわ

しゃべり方がすごいマイペースな感じで、
犬が大好きだったりしますし、
気が合う人には鬼絡みするらしく、
何より言葉の節々から漂っているドSオーラで
ふみちゃんの魂が乗り移ってるんじゃないか
とさえ思ってしまいました。

キャラソンの歌声もとても良かったですし、
これからガンガン売れて欲しいなぁ…
と、願わずにはいられませんでした。

●特典CD ゆゆ式放送部#4

・本日のテーマでトーク

まずは7話のアバンでゆずこが言った
「破魔矢」というセリフについて。

あのふざけた可愛らしい言い方は
るみるみがこうしてみようと自分で考えたらしく、
アフレコでも一発OKがもらえたようです。

やっぱるみるみって凄いわ

また、ここでも8話でおかちーが唯ちゃんに
おっぱいモミモミ許可を出すシーンの話題に。

あいちゃんのおっぱいは何カップなんだろう?
という話に及んだ時にはるみるみがすかさず
「…G!」と答えていましたが、さすがにそこまでは…

でもいずれはそのぐらいまで成長しそうではありますな。

・まとめ選手権

最初のお題は唯ちゃんのキャラを
怖い話風に紹介するという謎のフリ。

怖く言うことを優先したせいか
唯ちゃんの紹介があまり出来てなかった気もしますが、
種ちゃんの「……素敵ツインテールだったんですよ!!!」
という稲川淳二風な言い方には思わずツボってしまいました。

続いては「ゆ」「ゆ」「し」「き」で
東京の良いところをあいうえお作文にするというお題。

種ちゃんとるみるみは最後の「き」で
「綺麗」「綺麗になって欲しいな」という
断定と願望で見解が分かれることになりましたが、
その一方で美波ちゃんは四文字キッチリ使いこなして
かなり綺麗に東京の良さをまとめたので、
秋から東京暮らしに戻る予定の私も
すごく勇気と希望をもらいました。

・せーのっ!で合わせまSHOW

3人のうち2人が揃った時だけしか
ポイントを獲得できないので、
なかなか揃わないコーナーなのに、
最初のお題「あ、から始まる甘いもの」で
「あんず飴」と答えてしまうるみるみ。

美波ちゃんが「飴」って答えていたので、
普通にしておけば正解だったのに…

でも、頭の回転が速いしっかり者ながらも、
時々こうして天然ボケをやらかすところが
たまらなく可愛すぎます。

この後「ソフトの後に続く言葉」で
美波ちゃんと種ちゃんが
「クリーム」で揃ってポイントを獲得。

前回あいちゃんのモノマネで出し抜いた
るみるみは差を詰められてしまい、
総合ポイントはほぼ横並びになりました。

◎まとめ

あー4巻も良かったぁ~

これまでは円盤を買いたくなるほど
好きになった作品でも、
いざ円盤を買っても見るのは2、3回だけとか
下手すりゃ1回見て終わりなんてのも
ザラにあったのですが、
ゆゆ式のBDは何度見ても楽しめる仕様なので、
買って損をしたという気分に全くならないどころか

あと2、3枚買って布教しなきゃ

という使命感に駆られてしまいます。

それと今回はコメンタリーで清水茉菜ちゃんが
いい味出していて脳内株が急上昇しました。

当初、ゆゆ式のファンイベントは
メインの3人が見られれば
それで十分かなって思っていましたが、
せっかくならあいちゃん達3人のキャストも
見てみたいって気持ちがより強くなりました。

|

« きららキャラット2013年10月号の感想 | トップページ | 名古屋の地下鉄&ゆとりーと&城北線に乗って来た »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きららキャラット2013年10月号の感想 | トップページ | 名古屋の地下鉄&ゆとりーと&城北線に乗って来た »