« ゆゆ式の感想(きらら2013年9月号) | トップページ | 今期見てるアニメ(2013年7~9月) »

2013年8月13日 (火)

汗だく不可避の夏コミ(CM84)に行ってきた

今日は東京ビッグサイトで開催された
コミックマーケット84(3日目)に一般参加してきました。

Imag2535

前日まで仕事だったので、今回は3日目のみの参戦です。

会場に到着したのは9時ごろ。

最近は一般参加の時だと午後入りばかりだったので、
開場前の入場待機列に並ぶのは4、5年ぶりです。

ちなみに今回久しぶりに早めに来た理由は、

企業スペースでゆゆ式グッズを入手するためです。

ただ、初日2日目で目当ての物は
ほとんど完売したとの情報を知り得てしまい、
意気込みはかなり低下していましたが…

そんなわけで西側の待機列の最後尾に並ぶと、
日向でしかも風通しがあまり良くない場所だったので、
ほどなくして汗がじんわり出てきて
10分もしないうちにダラダラ流れ始めてきました。

頭にかぶっていたタオルで拭いても拭いても止まらなくて、
日焼け止めクリームを塗った意味が無かったです。

ぼっち参戦なので退屈しのぎに持ってきた
ロウきゅーぶ9巻を読みながら待機してると、
9時20分ごろから徐々に列が動き出して
風通しの良い場所に来れました。

ただ、それでも汗は止まることがなく、
会場入りできるまでの1時間ちょいで
サウナに20分入っていたぐらいの量が出て、
相川千穂ちゃんのネクタイように服がびちゃびちゃに…

10時になると会場の外でも拍手が沸き起こり、
10分ぐらい経つと私の居た列も動き出し、
10時15分ごろには逆三角形の下を通過できて
わりとすんなり企業スペースのある西館の4階へ行けました。

が、しかし…

辿り着いた先には企業スペースへ入るための
待機列が形成されており、再び待たされる事に。

それでも15分ほどしたら入場することが出来て、
会場内の涼しい空気がとても心地良かったです。

まずはゆゆ式のスタッフ本がまだ残ってるという
ロンドローブのブースへ行こうとしたのですが、
先にキネマシトラスのブースを見つけたので
覗いてみると、列が全く形成されてなかったので
そのまま入ってみることに。

Imag2541

めぼしい物はほとんど完売していたので、
残っている中からフード付きバスタオルと
マフラータオル(ゆずこ)を買って、
メインの3人が描かれている複製色紙をゲット。

それから10月に開催されるファンイベントのために
ペンライト(ゆずこ、唯、縁)も購入しました。

ただ、これだけ買ったのに紙袋どころか
ビニール袋にすら入れてもらえず、
手で抱えて持たなければならないのが残念すぎました。

あと、その時の売り子の対応もまた…

続いてすぐさまロンドローブへ向かおうとしたのですが、
ブースNo.を533と勘違いして(正しくは553)
少々迷子になってしまいました。

数分ロスしたのちに発見すると
こちらは会場の外まで列が形成されていましたが、
それでも最後尾をすぐ見つけられるほどの長さで、
10分ぐらい並んでいたら再び会場内へ。

すると、はす向かいにあるキネマのブースで
垂れ流しているゆゆ式1話を見ることが出来たので
待っていても全然退屈せずに済みました。

ただ、会場内に入ってからは列の動きが悪く、
さらに20分ぐらい待たされてようやくレジへ。

目当てのスタッフ本とグラフィグは入手できましたが、
四コマTシャツは売り切れてたのが痛かったです。

もう(ファンイベント当日に着て行く服が)ないじゃん…

ここでひとまず企業の目的は終了。

思ってたより早く済んで時間も有り余っていたので、
企業スペースの中を一通り回ってみて
一迅社ブースの巨大なあかりちゃんを拝んだり、
きららブースでは作家陣の合同誌みたいな本を買いました。

Imag2536

こうして企業でかつてないほどの出費をしたら、
東館を目指して移動開始。

今回は男性向が2日目となり、
また今日が月曜日ということもあって、
西から東への移動もかなりスムーズでした。

東館に到着したら真っ先になのは島へ向かい、
ぶれいくたいむのあずまやひろなるさんにご挨拶。

前回会ったのが3月だったのに、
半年足らずの間で新刊を5冊も出していて、
相変わらず発刊ペース速いなあと思いました。

ただ、ここへ立ち寄ったら他に挨拶するところもなく、
またジャンル的にも目当てのものが無かったため、
いつも一般参加では午後入りな自分が、
まさかの午前中会場離脱となりました。

ビッグサイトを後にしてからは
秋葉に寄って昼飯を食べて、
余りまくった時間でいろんな店を回って
数少ない美柑グッズをゲットしたり
ゆゆ式のポスターを発掘したりしてたら、
財布の中身が英世さん一枚だけに…

遠征するとついつい財布の紐が
緩んでしまう癖をどうにかしたいです。

◎まとめ

企業ってホント初日が勝負なんだな…

初日にきららブースのゆゆ式腹巻セットが、
2日目にキネマブースのめぼしいゆゆ式グッズが
完売したと知った時は、

もうコミケ行くの止めようかな

と思ってしまうほど愕然としてしまい、
仕事で3日目しか参加できない日程を
嘆きたくなりました。

ま、いつものように金曜からの開催だったら
3日目すら参加できなかったので、
恨むのはむしろ土日出勤の仕事の方ですが。

けど、コミケは3日間開催なんだから、
目玉のグッズを初日で完売させてしまうのは
どうにかならないのかなーとは思ったり。

まだ2日目までだったら予定を合わせられない
参加者サイドが意気込みが足りない点を
反省するべきだって思いますが、
初日で欲しい物が手に入らなくなることを
知るのはあんまりだと思いました。

はぁ…お腹こわしやすい体質なので
腹巻めっちゃ欲しかった…

また、企業でそういった状況が起こりうるため、
近年のコミケは毎回のように初日が最高の入場数となり、
特に今回は混雑に猛暑も重なったため
かなりの人数が体調不良となり、
救護室の対応や救急搬送が追いつかないという
ニュースも目にしました。

参加者の体調管理にも当然問題はありますが、
売る側も目玉商品の販売を3日間に分散させるなど
初日の混雑を避ける販売方法を取って欲しいです。

てか、せめて通販やって(本音)

それからこれはコミケそのものについてですが、
地球温暖化の影響で夏の暑さが年々厳しくなっている上に
一般参加者の数も増加の一途なので、
そろそろ真夏の開催を避けることを
考えた方がいいような気がしました。

もういっそ春秋開催でいいんじゃないですかね。

今回はゆゆ式という人生観を揺るがす作品に流されて
企業スペース偏重の参加になってしまいましたが、
今度の冬コミでは基本に立ち返って
いろんな同人のジャンルと向き合うことで、
来年から同人活動を再開できる意欲を高めようと思います。

Imag2553

|

« ゆゆ式の感想(きらら2013年9月号) | トップページ | 今期見てるアニメ(2013年7~9月) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゆゆ式の感想(きらら2013年9月号) | トップページ | 今期見てるアニメ(2013年7~9月) »