« 青春18きっぷ紀伊半島一周の旅(1日目) | トップページ | ゆゆ式の感想(きらら2013年10月号) »

2013年9月 8日 (日)

青春18きっぷ紀伊半島一周の旅(2日目)

※1日目の続き

Dscf3911

前日の夜は美柑感想を書いたら早めに就寝。

この日は5時10分に起きて
和歌山を6時すぎに出る紀伊田辺行きに乗って
紀伊半島一周を目指して出発しました。

◎紀勢本線(和歌山-多気)

・和歌山-紀伊田辺

Dscf3913_2

和歌山を出てからしばらくは
住宅地と工業地帯を通っていきましたが、
海南を過ぎたあたりから海が見えるようになり、
前日とは打って変わって晴天になったことで、
太平洋がとても綺麗に見えました。

ただ、海に近づいたり遠ざかったりを繰り返し、
トンネルも短いのがちょこちょこあったりして、
あまりじっくり眺める事はできませんでした。

・紀伊田辺-串本

紀伊田辺で新宮行きに乗り換え。

3時間近くも乗るのにロングシートなのか(困惑)

オマケに学生達が多くてしばらく立ちっぱに。

それでも数駅ほどで降りてくれて
好きなところに座れるようになったので
海を見やすい位置に陣取りました。

このあたりも海をじっくり眺め続けることは
できませんでしたが、見老津あたりの
海に岩がゴロゴロ浮かんでいるような景色は絶景でした。

串本では12分の停車時間があったのでちょっと下車。

Dscf3926

Dscf3923

Dscf3924

ここが本州最南端の駅であることを初めて知りました。

 

・串本-新宮

Dscf3937

串本からは紀伊半島の東側を通ることになり、
それに伴って天候も晴れから曇りになって
海も少し霞んでしまいました。

新宮に着いたらJR東海に乗り換え…る前に、
10分ぐらい時間があったので、駅舎を撮影。

Dscf3941

Dscf3942

広場にあるソテツがやたら存在感がありました。

また、駅の中にはJリーグのフラッグが
いっぱい飾られていました。

・新宮-紀伊長島

Dscf3943

新宮から熊野までは海岸線を走り続け、
熊野から先は駅以外はほとんどトンネルの区間に。

各駅ごとに漁港があり、
小さな山々に囲まれた入江の景色が
とても良かったです。

Dscf3947

尾鷲からは海から少し離れて
山間のところを走ったりもしましたが、
三野瀬でまた海に近づいて
綺麗な海水浴場を見ることが出来ました。

・紀伊長島-多気

Dscf3955

Dscf3952

紀伊長島で10分ぐらい停車時間があったので下車。

昼時に来るところなのであらかじめ地図で
周辺に何かないか確認しておいて
コンビニが無いことぐらいは把握していたのですが、
商店すら何一つ無かったです。

紀伊長島を出るとこれまでとは打って変わって
山間部をひた走り、遠くの盆地を見下ろせたり
横を流れる川を何度も渡ったりしていきました。

Dscf3959

Dscf3960

終点の多気は周りが田んぼだらけで、
虫の鳴き声しか聴こえないのどかな場所でした。

Dscf3966

Dscf3964

◎参宮線(多気-鳥羽)

Dscf3968

多気から参宮線に乗車。

キハ11の1両編成で乗客もほど良く乗っており、
みんな伊勢市で降りるのかな?と思っていたら
田丸でサラリーマンの人たちが一気に下車。

その後、伊勢市でもほとんど降りていきましたが、
その分乗ってくる人も結構いて、
沿線で競合している近鉄に客を取られっぱなし
というわけではなさそうでした。

多気からはずっと平野を走り続け、
アップダウンはほとんどなく直線区間も多いので、
非常に乗り心地のよさを感じました。

Dscf3970

鳥羽の手前では伊勢湾の入江も眺めることが出来て、
景色に退屈しない路線だったです。

Dscf3978

Dscf3974

◎紀勢本線(多気-松阪)

Dscf3996

鳥羽から伊勢市で一旦下車した後に
快速みえで再び紀勢本線へ。

多気から松坂まで行ったところで
前日から乗りつぶしていた紀勢本線も
これで全線完乗となりました。

◎伊勢鉄道(津-河原田)

Dscf4003

津で快速みえから降りて伊勢鉄道に乗り換え。

わかってはいるものの津の駅名標を見ると
何か物足りなさを感じてしまいました。

Dscf4002

津を出てから紀勢本線と分かれると、
隣に廃線跡っぽい敷地があるけど何これ?
と思っていたら、それがずっと続いており、
複線化のために確保した用地であることに気付きました。

複線となる中瀬古まで続いており、
トンネルも広く造っているので、
いつでも全線複線化が可能のようです。

Dscf4006_3

ずっと田んぼに囲まれたところを走っていますが、
その向こうに住宅街があり、
夕方の帰宅時間帯ということもあって
どの駅も降りる人がそれなりに居ました。

また、快速や特急が通過する路線なので、
軌道も綺麗に整備されていました。

オマケ:伊勢神宮(外宮)参拝

Dscf3981

参宮線で鳥羽で行った帰りに伊勢市で下車して
伊勢神宮(外宮)に行ってみました。

駅の正面からまっすぐ伸びた通りが参道で、
歩いて5分ぐらいで入口に到着。

Dscf3982

Dscf3983

Dscf3987

入口から5分歩いたところに正宮がありました。

Dscf3991

Dscf3988

Dscf3989

境内には高木が多く、
西に傾いた太陽からの木漏れ日が
まさにパワースポットといった感じの
雰囲気を演出していました。

参拝後は伊勢うどんを食べようと思ったのですが、
どこの店も軒並み休業日だったので、
仕方なく赤福をお昼ごはん代わりに食べました。

Dscf3994

赤福はこれぐらいの量がちょうどいいですわ

さらに歩いた先に揚げ物屋さんがあったので
チーズ揚げも食べてみることに。

Dscf3995

2、3口まではとても美味しく感じられましたが、
1人で食べるには少々量が多かったです…。

◎まとめ

もう悪天候は勘弁してください

4月の北陸は爆弾低気圧、今回は大雨による運休で、
JR西日本をめぐる旅は連続して
計画の変更を余儀なくされました。

それでも2日目は予報に反して晴れてくれたので、
今回一番の目的であった
紀伊半島を一周できたのは良かったです。

関西本線はまた近いうちに機会を作って
完乗しに行こうと思います。

また、紀勢本線、名松線、参宮線に乗ったことで、
バス代行となっている区間を除けば
JR東海は全線乗り切ったことになりました。

東日本や西日本に比べてエリアが狭いので
楽勝だろうと思っていましたが、
北は長野の辰野、南は和歌山の新宮と
南北に広くて達成に時間がかかってしまいました。

残る家城-伊勢奥津間も復旧したら
早いうちに乗りに行きたいです。

|

« 青春18きっぷ紀伊半島一周の旅(1日目) | トップページ | ゆゆ式の感想(きらら2013年10月号) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 青春18きっぷ紀伊半島一周の旅(1日目) | トップページ | ゆゆ式の感想(きらら2013年10月号) »