« 今月のゆゆ式(きらら2014年6月号) | トップページ | ゆゆ式アニメ54話実況まとめ »

2014年5月13日 (火)

気温も風も試合内容も寒かった今年最初のマリン観戦

Imag5015

先週の金曜日はQVCマリンスタジアムで行われた
ロッテ対楽天戦をホークスファンの妹と観に行きました。

予告先発は成瀬と則本だったので、
ロースコアに持ち込めば
マリーンズに有利だと思っていたのですが…

スタジアムの到着は17時ごろ。
まだ日は出ていたのですが、
雨上がりの風が強くて肌寒さを感じました。

チケットを引き換えてショップで
Tシャツを購入して球場内に入って席に座ると
さらに体感温度が低くなり、
ブランケットが欲しくなってしまいました。

今回はファンクラブに入会したらもらえる
チケットが1枚あったので、
内野自由席での観戦にしたのですが、
こんなことなら外野にするべきだったという後悔も…

ほどなくしてマリーンズの守備練習がスタート。

けれども内野手の中にクルーズの姿がなく、
大地がショートでセカンドには根元と三木という配置。

そしてこれがこの日の試合を左右することに…

守備練習やスタメン発表が終わって試合開始までの間、
センターのビジョンに観客席が映っており
暇潰しに眺めていたのですが、
何か自分が座ってる席の斜め前あたりにいる人達が
映ってるなぁとか暢気に思っていたら、
次の瞬間カメラが自分と妹に向けられてしまいました。

妹はピースサインで応じていましたが、
自分は見るに耐えられなくなって
途中で顔を反らしてしまいました。

カメラに映るのがこうも恥ずかしいものだとはな…
   

18時15分に試合開始。
立ち上がりの成瀬はいきなり岡島に技ありのヒットを許し、
藤田にバントも決められて早くもピンチを迎えますが、
銀次はポップフライに。

しかし打球が上がりきったところを見て、

あれ、これ誰が捕るんだ?

そう思っていたら、案の定センターとセカンドの
ちょうど真ん中あたりにボールが落ちてきて根元が落球し、
ピンチが広がってしまいます。

続くAJにあっさり犠牲フライを打たれて
先制を許してしまいますが、
AJにはホームランを打たれそうな予感しかなかったので
出来れば敬遠して欲しかったです。

その後、来日したてのボウカーはきっちり三振に取って、
エラーさえなければまずまずいい感じの立ち上がりだった成瀬。

一方の則本は初回から制球に苦しみ、
井口さんのタイムリーで同点にされた後、
さらに満塁のピンチを作ります。

ここでバッターは大松だったのですが、
どうやら満塁男大松とは別の人らしく
ショボい内野ゴロで同点止まりでした。

則本はその後も制球が安定せず、
2回で50球を超えるピッチング。

成瀬も毎回ランナーを出しながら
何とか凌いでるあまりよろしくない内容なので、
則本がリズムに乗れてないうちに
早く勝ち越してくれないだろうかと思っていた矢先、
3回表に平凡なセカンドゴロを
緩慢な早急でセーフにしてしまう根元の伝統芸が炸裂。

直後にAJが悪い予感どおりにホームランを打ってくれて、
この日の勝利がほぼ絶望的になりました。

その後はサブローさんのソロで1点は返したものの
とにかく打線が繋がらず、
いい当たりを打っても野手の正面だったり、
ヒットコースに飛んでも藤田プロが阻止したりと、
セカンドの違いをまざまざと見せつけられてしまいました。

成瀬は6回あたりから
ようやくリズムが出てきて7回まで投げきり、
8回からはこの日が今季初登板となる内くんが登場。

スタンドからはこの日一番の拍手が沸き起こり、
多くのファンが復帰を待ち望んでいたことが確認できました。

ただ、先頭の松井に長打を許してしまい1失点だったので、
これから徐々に状態を上げていってもらいたいです。

結局、試合は2対5で終わり
マリンの内野観戦4度目にして
初めての黒星となってしまいました。

観戦中は気温と風で何度も寒い寒いを連呼する中で
試合もお寒い内容となってしまい、
帰ったらすぐに温かいお湯に入りたくなりました。

現状では先発の駒は揃っていても打線が応えてくれず
勿体ない負け方が目立つマリーンズですが、
打線冴え機能すれば勝ちも増えてくれるとは思いますので、
特に浦和で好調な選手を積極的に上げて、
1軍2軍も交えてなるべく好調な選手を使えるよう
うまく入れ替えて欲しいところです。

ちなみに次の野球観戦は来月の神宮を予定しています。

|

« 今月のゆゆ式(きらら2014年6月号) | トップページ | ゆゆ式アニメ54話実況まとめ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今月のゆゆ式(きらら2014年6月号) | トップページ | ゆゆ式アニメ54話実況まとめ »