« ゆゆ式よんげんめ!櫟井唯編の感想 | トップページ | 飯能の街全体が会場だったヤマノススメセカンドシーズンのイベント »

2015年4月10日 (金)

今月のゆゆ式(まんがタイムきらら2015年5月号)

先日のアニメジャパン2015で
今年もまんがタイムきららフェスタが
開催される事が決定して嬉しい反面、
どうせゆゆ式の出演は無いんだろうな…と嘆いていたら
案の定、本日ホームページに公開された作品一覧で
ゆゆ式は見当たりませんでした。

ま、それでも種田梨沙さん目当てで今年も行く気マンマンですけど(小声)

◎扉絵

にげんめの着せ替えジャケットの私服を着ているゆずこ。

唯ちゃんと縁ちゃんに先んじて歩いてて
急に立ち止まって振り向いた
というシチュエーションが浮かんできました。

ゆずこの振り向きざまの笑顔と
チェック柄のシャツが少々めくれている様子から
春の爽やかな空気を感じるのがとても良い感じです。

◎本編

いつものように唯ちゃんの部屋で3人でいる中、
2階立てバスに乗ってみたいという願望を打ち出すゆずこ。

そこで唯ちゃんが「下に?」と聞いたところで
ゆずこがすかさずツッコミを入れるという珍しい流れに。

せっかく2階立てバスに乗るんだったら
そりゃ上の席のがいいに決まってますよね。

私も2階立ての列車に乗車する時は
必ず上を選んで高みの見物を決め込んで
無意味な優越感に浸りますし。

2階立てバスに乗る願いさえ叶えば
あとはあるがままに生きればそれでいいと
妙に悟りの境地を開いたかのようなゆずこ。

そこから草を食むというフレーズを出して
草っぽい野菜の話題となるのですが、
唯ちゃんは全然草っぽくもないトマトを挙げてきます。

それに対してゆずこがいいトコついたと誉めるのですが、
何を基準にちょうどいいと思ったのかが
ちょっと理解できませんでした。

その後、ゆずこがふと人差し指を曲げながら手を差し出すと、
唯ちゃんがわざわざそれに釣られに行きます。

ゆずこの構って欲しいオーラを感じ取っているのか、
それともスルーできない性分なのか、
いずれにせよ毎度のように引っ掛かってしまう
唯ちゃんの優しさとゆずこの幸せそうな爆笑姿が
背景トーンのようにキラキラ輝いて見えました。

それから3人で外出して
本屋さんに行ったところは華麗にスルーして
再び唯ちゃんの部屋に戻ってきてから
唯ちゃんが買った本の話題に。

ゆずこと縁ちゃんによる
唯ちゃんが濡れ場のシーンを読んで
唯ちゃんもアレも濡れちゃうという発想が
久しぶりに下ネタ全開で噴き出しました。

◎読者掲示板

無表情ながらもふみおの照れた感情が
読み取れるイラストが良いです。

あと、雨の日になると千穂の事を思い出す
という発想はすごくよくわかります。

最後のイラストは闇を感じつつも
意味不明な単語で話が弾む
ゆゆ式らしさがよく出ています。

来月は久しぶりの表紙&巻頭カラーで
本来であればGWが明けても待ち遠しい日々が続くのが
何よりだと言いたいところなのですが、
今月もしかしたら進級するんじゃないかという不安が
プライベートな時間で終始した事によって
次回まで持ち越しになってしまったので、
GW明けから例年以上に憂鬱な日々が続くこととなりそうです。

|

« ゆゆ式よんげんめ!櫟井唯編の感想 | トップページ | 飯能の街全体が会場だったヤマノススメセカンドシーズンのイベント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゆゆ式よんげんめ!櫟井唯編の感想 | トップページ | 飯能の街全体が会場だったヤマノススメセカンドシーズンのイベント »