« ゆゆ式単行本7巻の感想 | トップページ | Operation705&夏コミにサークル参加します »

2015年6月13日 (土)

今月のゆゆ式(まんがタイムきらら2015年7月号)

今月号の表紙は棺担ぎのクロだったのですが、
先月号のキャラットがGAで、
きゆづきさとこ先生がどちらも背景を
緑の草原で合わせてきていたので、

これ本当にきらら本誌でキャラットじゃないよな?

と、念入りに確認してからじゃないと
レジへ持っていくことが出来ませんでした。

◎扉絵

こちらを振り向きながら苺を頬張る縁ちゃん。

流れる髪から見える首筋に色づいた下唇、
小指だけ立てて苺をつまんでいる手先、
上目遣いの目線で真っ赤な果実を咥えているなど
あらゆるフェチズムが散りばめられており、

すごく…エッチです…

◎本編

ゆずこの「ねっとりした寺島さん」
という謎の発言からスタート。

ネットリテラシーの切るところを一文字ズラすだけで
意味合いが全く変わってくるところが面白いですし、
この単語のチョイスも絶妙だと思いました。

続いて「パン作った」を
「パンツ食った」に変換したことで、
パンは何枚切り派かという話題に。

食パンはゆずこは8枚切り、
唯ちゃんは6枚切り派のようです。

私も以前は6枚切り派でしたが、
一度に2枚食べられなくなってからは
4枚切りを買うようにしました。

ここで縁ちゃんが何枚切りなのか言わなかったのは
日向家では自家製のパンか
あるいはホテルブレッドのような
セルフで切り分けるものを食べているので
あえて申告しなかったのではないかと思いました。

その翌日、唯ちゃんと縁ちゃんが
先に教室で2人揃っているところに
ゆずこが登校してきます。

ゆずこが「おはよー」を2回繰り返して、
唯ちゃんと縁ちゃんにそれぞれ挨拶をしていますが、
縁ちゃんはきちんと「おはよーっ」って返しているのに対し、
唯ちゃんは「んっ」としか返事をしていないのは
ちょっといただけないです。

どれだけ仲が良かろうとも、
挨拶はきちんと挨拶で返すべきでしょう。

そんな唯ちゃんの返事はいつものことなんでしょうから、
ゆずこは全く気にすることもなく
今朝バナナを食べたことを明かします。

しかしバナナを3分割できる食べ物と
言ってしまう感覚がかなり謎です。

バナナの皮なら剥く時にだいたい3つに分かれますけど、
バナナの実は生まれてこの方、
3分割にした記憶がありません。

唯ちゃんがもっと他に特徴があるだろうとツッコみますが、
3分割できることを否定しているわけではないので、
ゆずこだけでなく3人とっても
常識的なことなのかと不思議に思いました。

そんなバナナの流れからこの日の部活テーマは果物に。

テーマが決まる直前の流れでゆずこが出した
「コップにみそ汁」というフレーズは
確かに食欲が失せるなって思います。

果物は算数でよく使われるという話から、
ゆずこは白い服の女性がザクロを食べるたら
服が赤く染まりましたという文章を作ります。

ここで唯ちゃんがエロくするなと言いますが、
エロいというよりはむしろホラーな気がします。

唯ちゃんの思考がスケベな証拠ですね。

それから最も糖度が高い果物はぶどうらしいのですが、
そこですかさず「ぶどうだけに?」と聞く縁ちゃん。

なぜそんな言葉がポロっと出てしまったのかは
恐らく何も考えていなかったからだと思うのですが、
ゆずこが必死になってぶどう→武道→闘う→闘度が高い
としてまとめ上げてみせます。

頭の回転が速いゆずこの手にかかれば
大抵のフレーズは何とかなりそうですね。

しかし、これを自画自賛して
自らのハードルを上げてしまったため、
まとめも上手くまとめようとするものの
ホワイトボードに何も書けず。

こういうプレッシャーに弱いところもまた
ゆずこの可愛らしいところではあります。

◎読者掲示板

前回の話に出てきたロボットのイラスト。
どういう仕組みで動くのか謎です。

また、7巻発売の宣伝イラストは
もっと大きくわかりやすく書いてもいいような気もしますが、
このさりげなさがゆゆ式らしい1枚と言えます。

|

« ゆゆ式単行本7巻の感想 | トップページ | Operation705&夏コミにサークル参加します »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゆゆ式単行本7巻の感想 | トップページ | Operation705&夏コミにサークル参加します »