« 冬コミ(CM89)の配布物のお知らせ | トップページ | Twitterを辞めた諸々の理由 »

2015年12月31日 (木)

冬コミ(CM89)に参加してきました

Imag9181

今回は28日が仕事納めで前日設営に参加できず、
30日からは実家の福岡へ帰省するため
1日目のみの参加となりました。

前日の夜にサークルと帰省の準備に加え
三上小又先生宛てのファンレターを書いていたら
3時までかかってしまったため、
朝はいつもより遅めの8時40分ごろの到着でした。

スペースに着いたら見本誌チェックなど
スタッフに提出するものはあらかじめ用意がしていたので
そこまではスムーズにできたのですが、
9時を過ぎるとサークルの準備を終えた知り合いが
次々とやってきて話し込んだりしてしまったので、
準備が完了したのは開場10分前ぐらいでした。

Imag9167

やっぱり8時までには入っておかないとダメですね。

開場時間になると10分ばかり席を外して
ゆゆ式島の新刊を全て回収。

それから向かいの島がごちうさだったので、
表紙から中身が気になっていたサークルを
いくつか回ってみました。

開場直後は人も疎らでしたが、
11時を過ぎると島中にも人が流れてきて
ウチのスペースにも来てくれる方が増えてきました。

そのタイミングで三上先生の湯呑みを頼んでいた
やぎっちくんが戻ってきたので、
すぐに売り子を交代して
今度は私が三上先生のスペースへ。

隣のホールまでの移動中は
これから神に会うのかと思って動悸が激しくなりました。

三上先生のスペースに到着すると
すでに完売した後でしたが何人かの人だかりがあり、
以前きららのアニメ現場レポートで
似顔絵が描かれていたこともあったので、
スペースにいる2人のうち
どちらが三上先生なのかすぐにわかりました。

挨拶をしてファンレターとゆゆ式のススメ、
ゆゆ式をいろいろ考える本を渡すと
「あ、この表紙見たことあります」と言っていただいて、
やっぱりゆゆ式の二次創作物も
ある程度チェックはされてるんだなって思いました。

最後は許可をいただいてから
スペースの写真を撮らせていただきました。

Imag9170

三上先生のスペースから戻ると早速湯呑みを開封し、
すでに完売していてお目にかかれなかった人も
いるだろうと思ったので、
スペースで飾る事にしました。

Imag9175

ゆゆ式の前に作った四コマ漫画の同人誌が
杏さや本だったので、
何だか不思議な縁を感じました。

汗を出しているまどかが千穂っぽいのも
すごく可愛い湯呑みです。

13時を過ぎた頃にNBCユニバーサルが
企業ブースで販売している
ゆゆ式Tシャツを頼んでいた
くろしあんさんがようやく戻ってきました。

Tシャツのど真ん中でいつものように汗を出す
可愛い可愛い千穂をちゅっちゅしたくなる衝動を
グっとこらえながらすぐに着用しました。

午後からは人の流れも落ち着いてきたのですが、
スペースにちょいちょい人がやってきては
手に取ると買っていただくという方が多かったので、
新刊もじわじわと減ってきて15時には完売となりました。

Imag9179

これまで去年の夏コミと今年の夏コミで
新刊が完売した経験はありましたが、
いずれも完売するタイミングでスペースを離れていたので、
今回は立ち会うことができて良かったです。

15時を過ぎると少しずつ片付けモードになって、
閉会時間の16時にスペースを撤収。

しかしながらもう一つやることが残っていました。

それは前回の夏コミに引き続いて行った
ゆゆ式BD-BOXのアンケートを
NBCユニバーサルのブースに持っていく事です。

Imag9191

やはり前回に比べると真ん中や右に入れる人の
割合が高くなりました。

真ん中や右へ投じた人には理由を聞いてみたのですが、
価格、金銭的な事情、単巻を持っているから
というのがほとんどでした。

NBCユニバーサルのブースに行くと
16時を過ぎていたので客はほとんどおらず、
ブース内に小倉プロデューサーの姿が見えたので、
レジの人に頼んで呼んでいただきました。

まずはアンケートの結果を渡し、
それからゆゆ式のススメと
ゆゆ式をいろいろ考える本もお渡しすると
早速中身を見ていただいて
これはかおり監督にも見せると言われたので、
何だか畏れ多いことをしてしまったなと思いました。

公式サイドに二次創作物を持っていくのには
多少ためらいもありましたが、
小倉プロデューサーいわく制作スタッフも
いろんな人の感想が知りたいとの事だったので、
その希望に合致するような2冊を持って行って
良かったと思えました。

また、この日のNBCユニバーサルブースの販売は
ほとんどがごちうさグッズだったにもかかわらず、
上着の下にこっそりゆゆ式Tシャツを着込んでおられたので、
小倉プロデューサーがいる限り
ゆゆ式はアニメ方面のコンテンツも
ずっと続いて行くだろういう希望が持てました。

そんなわけでこの日は
ゆゆ式の生みの親である三上小又先生、
アニメゆゆ式の生みの親である小倉プロデューサーに
会って直接お礼を言うことができましたし、
それぞれのところから湯呑みやTシャツもゲットできて、
さらには新刊も完売するという良いことずくめで、
迷うことなく今年最高の一日と呼べる日になりました。

新刊のあとがきにも書いてあるとおり、
今後のサークル参加は未定となっておりますが、
できれば夏コミもサークル参加できるよう
申込の〆切までに検討しようと思います。

|

« 冬コミ(CM89)の配布物のお知らせ | トップページ | Twitterを辞めた諸々の理由 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬コミ(CM89)の配布物のお知らせ | トップページ | Twitterを辞めた諸々の理由 »