« 2016年2月の出来事まとめ | トップページ | AnimeJapanのゆゆ式ステージに行ってきた »

2016年3月24日 (木)

2016年ペナントレース順位予想

明日からいよいよ2016年のプロ野球シーズンが開幕です。

昨年のパリーグはホークスが順当に圧勝し、
ロッテが意外と頑張ってくれたおかげで、
4位と5位以外ほぼ完璧な予想になったので、
今年は少し自信を持って予想してみます。

まずはパリーグから。

1位 福岡ソフトバンクホークス

特に言うことないでしょってぐらい
戦力が充実しすぎていますし、
優勝を逃すところを想像する方が難しいです。

主砲のデホは抜けましたが、
ムードメーカーの松田が残留したのは大きいですし、
打線が多少迫力が落ちたとしても
2チーム分ぐらいはいる豊富な先発陣で
最後まで安定した戦いぶりを見せてくれるでしょう。

2位 千葉ロッテマリーンズ

本音を言えば今年も3位か4位を
ウロウロするぐらいかなと思っているのですが、
贔屓チームということを含めてこの順位で。

今江、クルーズが抜けて内野手の層が
いつにも増してペラッペラになりましたが、
平沢の入団が刺激になったのか
大地がオープン戦で打撃好調でしたし、
今季はデスパイネが開幕からいるのも心強いです。

それに何より例年に比べて先発の駒が揃っており、
中継ぎも内が開幕を迎えられるほど
分厚い布陣を形成できてるのが大きいです。

とはいえどこかでケガ人が続出して
シーズン通しては持ちそうな気がしないので、
せめて交流戦ぐらいまでは
ホークスを脅かす存在になって欲しいです。

3位 大阪オリックスバファローズ

昨シーズンは大補強の甲斐もなくケガ人続出で
開幕から低迷したままで終わってしまいましたが、
今年は金子が開幕からフル回転しそうですし、
ドラ1の吉田のスイングもスケールが大きくて楽しみです。

あとは昨シーズンに補強した戦力が生きれば、
ホークスに対抗できる筆頭の戦力だと思います。

4位 北海道日本ハムファイターズ

近年は若手中心の編成で
将来が楽しみなチームではありますが、
それもまだ途上といった感じですので
今年は一旦コケそうだなって気がします。

大谷は今年も打者として2割そこそこだったら
そろそろ投手に専念して欲しいです。

5位 埼玉西武ライオンズ

打線の破壊力に限って言えば
ホークスを凌ぐほどの戦力ではありますが、
レギュラーとそれ以外の層が薄く、
投手陣も先発、中継ぎと駒不足の感が否めないので、
ひとたび打線が低迷し始めると
昨夏のような大連敗を喫してしまう
可能性は大いにありそうです。

6位 東北楽天イーグルス

監督が代わっても
戦力的に見劣るところは相変わらずですし、
頑張っても4位までかなって気がします。

おまけのセ・リーグ予想。

1位 阪神タイガース

2位 広島東洋カープ

3位 東京ヤクルトスワローズ

4位 横浜DeNAベイスターズ

5位 中日ドラゴンズ

6位 読売ジャイアンツ

今シーズンもあまりよろしくない意味で
混戦になりそうな予感しかありませんが、
1位の可能性が最も高いのは
金本監督のもとでこれまでとは一味違う
チームの雰囲気になっている阪神だと思います。

2位はマエケンが抜けてもなお他のチームよりは
先発が揃っていて戦う計算ができるカープ、
3位はバーネットが抜けた分やや落ちそうなヤクルト、
4位は少しずつ勝てるチームになっているDeNAで
このあたりが最後までCS争いを繰り広げるかなと。

5位の中日はベテランが引退してもなお
若手が台頭する気配が感じられないので
今年も苦戦は必至でしょう。

巨人は今年も打線に迫力を全く感じないですし、
賭博問題で4投手を解雇したことで
精神面だけでなく戦力的にも
シーズンを戦えるのか心配なレベルです。

今年のプロ野球界は
キャンプインのタイミングからずっと
気分の下がるニュースばかりだったので、
明日からは選手たちのプロらしいプレーで
嫌な雰囲気を吹き飛ばしていただきたいです。

|

« 2016年2月の出来事まとめ | トップページ | AnimeJapanのゆゆ式ステージに行ってきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2016年2月の出来事まとめ | トップページ | AnimeJapanのゆゆ式ステージに行ってきた »