« 今月の相川千穂ちゃん 07 ~脅威の座薬率~ | トップページ | 相川千穂ちゃんの瞳が卵から座薬になるまでの歴史 »

2016年12月 9日 (金)

今月の相川千穂ちゃん 08 ~表紙!扉絵!なお本編~

10月の終わり頃、三上先生がTwitterで
『かやのみを流しながら相川を描くぞw』
とつぶやかれていました。

本編に登場させるだけなら
わざわざつぶやかないでしょうし、

これはきっと12月あたりに
カラーの扉絵が来るに違いない!

とその時は思っていたのですが、
先月号で次号はゆゆ式が表紙という告知を見て

きららの表紙に千穂くるうううう!!!!

という確信が得られたので、
今日は胸を弾ませながら
早朝から開いている本屋さんに向かいました。

Kirara1701_01

はぁん♥千穂かわゆぅぅぅん♥♥♥

せっかくのサンタ服が赤ではなく緑なのが
少しばかり残念だったりはするのですが、
きららの表紙でデカデカと千穂を拝むことが
出来る喜びの方が大きく勝りました。

ゆずこに合わせたポーズを取ってはいますが、
ゆずこよりも握力弱めな感じで
指を曲げているところが
可愛さポイントが高くて良いですし、
歯をニカっと見せているゆずこに対して
唇をしっかり結んでいるところも
千穂の控えめな性格が現れていて心が和みます。

あと最下層で見切れてはいますが、

むっちりとした太ももがたまんねえっす…

それから背景で見えにくくなっていますが、
昨今のカラーでは必ずと言っていいほど描かれている
三連千穂汁もしっかり添えられていますね。

表紙をじっくりと堪能してから中身をめくると
巻頭カラーの扉絵でも千穂が登場!

Kirara1701_02

おかちーそのポジション代わってくれ!!
(114514回目)

千穂の髪は性格やおっぱいと同様に
とても柔らかくて触り心地が良さそうですし、
頭を撫でているだけで幸せ成分が注入されて
あっという間に満タンになりそうです。

表紙、扉絵とかつてないほど
充実しすぎた千穂の扱いを受け止めて
いよいよ本編を読み進めて行ったのですが…

Kirara1701_03

Kirara1701_04

えっ…これで終わり!?????

まさかのたった2コマのみの出番、
それもゆゆゆ3人が喋っている中で
背景として描かれているだけで、
千穂のセリフは一言もありませんでした。

いつもであれば千穂が1コマでも登場すれば
小躍りするところなのですが、
今回ばかりは表紙、扉絵ときての
この扱いぶりだったので
拍子抜けしてしまいました。

ただ、このような僅かな登場の中でも
お弁当の中身をわざわざおかちーに
見せびらかしているところからして、
母親ではなく自分で作ったのではないか
という雰囲気がうかがえますし、
おかちーにおかずを一品「あーん」しつつ
千穂汁を飛ばしているところが
もうたまらなく可愛いです!!

はぁ…千穂の手作り弁当が食べたすぎるわぁ…

©画像:三上小又/芳文社

|

« 今月の相川千穂ちゃん 07 ~脅威の座薬率~ | トップページ | 相川千穂ちゃんの瞳が卵から座薬になるまでの歴史 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今月の相川千穂ちゃん 07 ~脅威の座薬率~ | トップページ | 相川千穂ちゃんの瞳が卵から座薬になるまでの歴史 »