« 今月の相川千穂ちゃん 08 ~表紙!扉絵!なお本編~ | トップページ | 冬コミ(CM91)の配布物のお知らせ »

2016年12月24日 (土)

相川千穂ちゃんの瞳が卵から座薬になるまでの歴史

この記事は『ゆゆ式 Advent Calendar 2016』
24日目のエントリーです。

昨年の千穂汁調査に続きまして、
相川千穂ちゃんの汗かき率と汗出し数
今年は千穂特有の形状となっている
卵~座薬型の瞳について調べてみました。

千穂の瞳が初めて卵型で描かれていると
おぼしき一コマは2巻83ページなのですが

Yuyushiki02083b

この時は楕円が少し変化している程度で、
本格的に卵型が確立されたのは
単行本3巻以降となりますので、
3巻から現在発売されている8巻までの範囲で
縦横比を基準にその変遷を追っていく事にします。

なお、縦横比は顔の角度で大きく左右されるため、
千穂の顔が正面~斜め前で描かれている
コマのみを対象としています。

■3巻29ページ左4コマ目 1:2.8

Yuyushiki03029b4

記念すべき初卵はわりと細長いです。

■3巻44ページ右4コマ目 1:1.9

Yuyushiki03044a4

2年生になってから楕円が無くなり、
困惑すれば卵型という方程式が確立されます。

■3巻54ページ左4コマ目 1:2.5

Yuyushiki03054b4

44ページとほぼ同じ構図ながらも
縦横比は少し大きめになっており、
まだ不安定な時期と言えます。

■3巻67ページ右1コマ目 1:2.0

Yuyushiki03067b1

卵型の瞳+頬に千穂汁がセットになりつつあります。

■3巻79ページ右4コマ目 1:2.1

Yuyushiki03079a4

マ゛マ゛ァァァァァァーーー!!!

■3巻91ページ右4コマ目 1:1.7

Yuyushiki03091a4

千穂史上最も縦横比の小さい美味しそうな形です。

■3巻92ページ左4コマ目 1:2.1

Yuyushiki03092b4

困惑だけでなく呆けた顔でも卵型に。

■4巻48ページ左2コマ目 1:2.0

Yuyushiki04048b2

卵+「え?」もセットになることが多いです。

■4巻48ページ左4コマ目 1:1.9

Yuyushiki04048b4

千穂だけでなく唯と縁も定番の瞳です。

■4巻79ページ左3コマ目 1:1.9

Yuyushiki04079b3

卵安定期はここまでとなります。

■4巻80ページ右4コマ目 1:2.5

Yuyushiki04080a4

1つ前のページまでは1:2前後が続いていましたが、
ここから縦横比が大きくなり始めます。

■4巻99ページ右4コマ目 1:2.4

Yuyushiki04099a4

縦横比は大きくなりつつありますが、
まだまだ卵に近い形です。

■4巻99ページ左1コマ目 1:3.1

Yuyushiki04099b1

1:3を超えていよいよ座薬の域に突入してきます。

■4巻109ページ下4コマ目 1:2.7

Yuyushiki04109b4_2

縦横比こそ1:3以下ですが、
底辺が円弧から直線に近い形状となり、
座薬っぽさが増してきます。

■5巻56ページ右2コマ目 1:2.9

Yuyushiki05056a2

角度の恩恵もありますが、左目は完全に座薬です。

■5巻95ページ右3コマ目 1:3.1

Yuyushiki05095a3

いよいよ両目とも座薬らしくなってまいりました。

■5巻115ページ右3コマ目 1:3.9

Yuyushiki05115a3

千穂史上最も縦横比の大きな美しい座薬です。

■5巻115ページ右4コマ目 1:3.2

Yuyushiki05115a4

座薬期になると千穂汁を「垂らす」ではなく
飛ばす傾向が強くなっています。

■6巻61ページ左4コマ目 1:3.1

Yuyushiki06061b4

被害者なのに茅野…蚊帳の外になっていますね。

■6巻64ページ左1コマ目 1:2.9

Yuyushiki06064b1

ふみおかのところへやってきた瞬間に
卵~座薬になるパターン多いですね。

■7巻5ページ4コマ目 1:2.7

Yuyushiki07005_4

先端が鋭くてスンナリに入りそうです。

■7巻5ページ5コマ目 1:2.8

Yuyushiki07005_5

柔らかそうなおっぱいとは対照的な鋭さです。

■7巻8ページ1コマ目 1:3.7

Yuyushiki07008_1

部室に来るとより鋭くなりやすいのかも?

■7巻8ページ4コマ目 1:3.2

Yuyushiki07008_4

座薬+三連汁がセットになりつつあります。

■7巻35ページ左4コマ目 1:3.4

Yuyushiki07035b4

いきなり座薬を入れられたらかわいそうですよね。

■7巻36ページ右3コマ目 1:3.4

Yuyushiki07036a3

委員長オーラゼロの顔です。

■7巻37ページ左1コマ目 1:3.2

Yuyushiki07037b1

常に1:3以上をキープするようになり
このあたりが一番の座薬安定期と言えます。

■7巻83ページ左2コマ目 1:3.3

Yuyushiki07083b2

相川千穂の日常売ってください(懇願)

■8巻30ページ右4コマ目 1:2.5

Yuyushiki08030a4

8巻になると底辺が再び円弧状となるため、
縦横比が小さいと卵型に近くなります。

■8巻63ページ右4コマ目 1:3.0

Yuyushiki08063a4

セリフどおり縦横比もキッチリ3くらいです。

■8巻68ページ左1コマ目 1:3.2

Yuyushiki08068b1

座薬とか三連汁とか関係なく
ただただ千穂が可愛すぎる一コマです。

■8巻77ページ右4コマ目 1:3.0

Yuyushiki08077a4

一人だけ真に受けてるところホント好き。

■8巻77ページ左1コマ目 1:2.7

Yuyushiki08077b3

卵と座薬の中間みたいな形状で
宇宙人っぽく見えてしまいます。

■8巻77ページ左4コマ目 1:2.4

Yuyushiki08077b4

卵とも座薬ともつかないジャポニカ米のような形状です。

以上の変遷をまとめたグラフがこのようになります。

Egg_zayaku_3

縦軸が縦横比、横軸が単行本のページ箇所で、
水色の線が単行本の平均縦横比です。

卵と座薬の境界を1:2.5とすると、
3巻~4巻の中盤までが卵期で、
5巻以降は座薬期となっているのですが、
8巻では縦横比が平均で3を切っており、
今は卵と座薬の混在期と言えるのかもしれません。

ちなみにTVアニメシリーズでは
2年生に進級した8話以降で
卵~座薬型が見られるようになっています。

Yuyu08_1185

Yuyu09_2855

Yuyu09_38

Yuyu11_44

1~3枚目は8~9話の単行本3巻から抜き出された話なので
卵型で描かれておりますが、
4枚目の11話は単行本5巻から抜き出されている話のため、
かなり座薬に近い形状となっています。

来年2月に発売されるOVAの新作エピソードでは
千穂が登場することも確定していますし、
久しぶりのアニメ化で千穂の瞳がどんな形状で描かれるのか…
というのもすごく楽しみにしています。

さて、明日はいよいよ12月25日です。

担当されるくろしあんさん(@kurosib)には
ゆゆ式 Advent Calendar 2016の大トリと
クリスマス当日にふさわしい
ド派手なゆずこに関する記事を
ぶちまけてくれることを期待しています(ニッコリ

©画像:三上小又・芳文社/ゆゆ式情報処理部

|

« 今月の相川千穂ちゃん 08 ~表紙!扉絵!なお本編~ | トップページ | 冬コミ(CM91)の配布物のお知らせ »

コメント


投稿: | 2017年8月25日 (金) 02時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今月の相川千穂ちゃん 08 ~表紙!扉絵!なお本編~ | トップページ | 冬コミ(CM91)の配布物のお知らせ »